ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリズム論 人生 人生-考え方

日本人の『豊かさ』の基準はバブル時代!21世紀は個人個人が自分自身の『豊かさ』の基準を持つ時代!

まもなく、日付けが代わり、僕の先月の給料が振り込まれます。

と、同時に、ブログ収入のひとつであるAmazonアソシエイトも振り込まれます。

 

けど、まぁ、

「ふ~ん。」

って感じです。

 

いや、まぁ、おカネは無いよりはあったほうがいいよ、もちろん。

 

でも、

僕の生活は特に変化しませんw

 

給料日だからって、服なんて買わない。

ていうか、下着以外の服なんて1年に1回買うかどうか。

下着は100円ショップで買う『消耗品』だと割り切ってます。

プライベートでのズボンは2006年に買ったチノパン1本のみですw

公私両用の靴は半年に一度、Amazonで▼これを買うだけ。靴屋に行く時間は断捨離!

ミニマリストの靴は1足だけ!それをウェットテッシュで丁寧に磨く!! - A1理論はミニマリスト

 

そして、

給料日だからって、美味い物を食べようとは思わない。

なぜなら、僕は、

「『日本食』の時点で『美味しさ』のレベルはカンストしていて、その中での違いは誤差の範囲!」

だと考える、元貧乏バックパッカーですw

 

そもそも

▼玉子が食べれるだけで『幸せ』

だと思うし。

「玉子が食べられる」だけで十分『幸せ』だ。 - A1理論はミニマリスト

 

給料が入っても、僕の生活は、衣・食・住、なーーーんにも変わりませんw

 

少しまえに、仕事の仲間とブラっと家電量販店に行った時、その仕事仲間が、

「今月の給料で、なにを買おうかな~」

みたいなことを言っていた時、

「あ、世間の人って、そんなにモノを買うんだ!!」

って思ったw

(ちなみに僕が家電量販店で買うモノは切れた電球の替えくらいだw)

 

これは、僕が初めてmixiして、他人のmixi日記を読んだ時と同じ感想で、

「世の中の人は、こんなにモノを買うんだ!!」

って、衝撃を受けましたw

(それまで、僕の周りにいた人は、ケチな関西人とか、貧乏寮生とか、バックパッカーとか、「意地でもカネなんか使うか!!」みたいな人種ばっかりだったのでw) 

 

 

そして、30代前半までの僕は、「学費の借金」と「親の借金」という『双子の赤字』を返済することしか頭になかった。

 

そこそこの大学にたいして勉強せずに入ったり、学生ながら政治家の事務所で働いたり、アジア大陸を飛行機を使わず陸路だけで横断したり、そんな、同年代の友達が「すげぇ!」っていうようなことは、ぶっちゃけ、僕にとってはぜんぜんすごくなかった。

ぶっちゃけ、楽勝だった。

 

けど、派遣社員やりながら『双子の赤字』を返済することは、

「さすがにちょっと、無理じゃないか。。。」

って、僕は思ってた。

絶対に、途中で『詰む』と思っていた。

 

ちょうどその時期にまる被りしていた、HUNTER×HUNTER蟻編の『王』を倒す難易度と同じで、

「勝ったらおかしい」

レベルの強敵だった。

僕の人生にとって、それまでの敵とはケタ違いの強敵だった。 

HUNTER×HUNTER モノクロ版 24 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 24 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

けど、その10年間、派遣先のドアを蹴ったり、モノ投げたり、派遣会社の人間に掴みかかったり、殴りかかったりしながらも、、、(バンカラ播州人!)

 

どうにかこうにか、

ケタ違いの『強敵』

を倒すことができた。

自分でも、ちょっと、信じられなかった。

 

僕は、子供の頃から、自分は一生、『貧乏人』だと思っていた。

死ぬまで『貧乏人』だった▼じいちゃんと同様に。

『貧ぼっちゃま』の生き様がミニマリスティックで大好きだ! - A1理論はミニマリスト

 

大学卒業後、戦争真っ只中のアジアを横断しようと思ったのも、

「死ねば『双子の赤字』を返済しないで済むじゃないか!むしろ、旅で死ねるなら本望だ!」

って、割と本気で思っていたところもある。

 

結局、五体満足で旅から帰って来てしまったがゆえに、10年間、風呂なしアパートで貧乏生活が続くわけだが。。。

 

けど、なんと!

僕は、30代前半という、予想外の早さで『脱貧困』できて、風呂のあるアパートに引っ越しすることができた!!

 

これは今でも信じられない時があるし▼借金返済直後は世界が輝いて見えた。

借金を返済するだけで『世界が輝いて見える』よ!! - A1理論はミニマリスト

(いや、まだ親の借金は数千万円ありますが、それはもう、自分達でどうにかして返済してください。そこまで面倒見きれません!!) 

 

 

で、30代前半で借金返済した僕が、

じゃあ30代中盤くらいからカネを使うようになったか?

というと、、、

 

金銭感覚は、な~んにも、変わりませんw

むしろ、34歳で、家の近くに『ケチケチ大王』のエスタークが引っ越してきてから、余計にカネを使わなくなったと思うw

 

ちなみに、大学時代、同じ寮生だった僕とエスタークは、寮の同学年でぶっちぎりの『ツーボトム』なレベルで貧乏人コンビだったw

たぶん、あの学年のW大生のなかでビンボー具合では1位2位を争ってたんじゃないかな?

底の、底の、そのまた底だ!!ww

大東京ビンボー生活マニュアル(1) (モーニングコミックス)

大東京ビンボー生活マニュアル(1) (モーニングコミックス)

 

 

そのエスタークも、30代前半くらいまで、親にカネを貸していたりして、ビンボー生活が続いていたが、東京に出てきてから、俺のコネでいい仕事を紹介してやったので、今では脱貧困できている。

 

けど、僕もエスタークも、30代前半くらいまでずっとビンボーだったら、もうビンボー性が体中に染みついてしまっていて、

「カネを使え!」 

って言われても、なにをどう使えばいいのかわからないw

 

逆に、衣・食・住は今のままでいたいw

むしろ、カネを使うと胃が痛くなるw

健康に悪いww

 

 

つまり、カネがどれだけ貯まっても、私生活にはなんの影響もないのだ。

むしろ、

「ああ、カネがあればあれもこれも捨てれる!(いざとなれば買い戻せばいい!)」 

とさえ思ってしまうw

 

 

そんな僕が、今、少しおカネを使ってるのは、ゲストハウスや下諏訪への旅費だ。

 

これはちょうど、毎月のブログ収入とトントンくらいな出費なので、僕は、ブログで稼いだお金は、ゲストハウスや下諏訪に落とそうと思っている。

 

理由は単純明快で、昨日読んだ▼こういう人のために『ゲストハウス』や『下諏訪』の素晴らしさを伝えていきたいから。

モールス信号 - 少欲知足 ~欲を少なく足るを知る~

 

 

暗い話になるけど、僕の学生寮時代の寮生は、先輩後輩合わせて、何人かが、20代のうちに自ら命を絶った。

 

で、よくよく思い出すと、彼らの実家は、僕やエスタークの家のような極貧家庭ではなかったような気がする。

というか、バブルは弾けたとはいえ、21世紀になるかならないかの時代、僕やエスタークの家のような極貧家庭のほうが世の中的には稀で、普通の家は学生寮(寮費月3千円)に入れば、奨学金は借りなくていいくらいに裕福だったと思う。

(俺とエスタークはそれに加えてダブル奨学金&バイト!w)

 

で、20代で命を絶った彼らが『寮』に求めていたモノは、やっぱり

『コミュニティ』

だったんじゃないかな、と思う。

 

「なんでもありそな国」で、ただひとつ、ないもの。

『コミュニティ』。

 

もしかしたら、10代後半までギリギリで生きてきた彼らは、

「息苦しい人生だけれども、ここ(寮)に来れば『空気』が吸える。吸わしてもらえる。」 

という、理由で、そもそも入寮届を大学に提出したのかもしれない、

と、彼らがこの世から消えてからだいぶ経ってから、僕は思い始めていた。

 

彼らにとって、「貧乏学生寮」だけが、この世の中で唯一の『居場所』だったんだろう。

けど、その『居場所』には四年という期限がある。

 

彼らは、その『居場所』から強制的に追い出されてしまったがために、『空気』が吸えなくて、死ぬべくして、死んでしまったんじゃないかな?

って、最近は良く思う。

 

 

脱貧困できた今の僕は、そんな彼らのような人に向けて、

「ここに来れば『空気』があるよ!」

というモールス信号を打ち続けていきたい。

 

『空気』がある場所で、『空気』を思う存分吸って、また戦いに戻りたければ戻ればいいし、ずっと『空気』のある場所に「沈没」しててもいい。

 

「『空気』さえあれば、カネなんて、モノなんてなくても、生きていけるんだよ。」 

って言い続けたい。

 

それが、僕にとって、一番、

『豊か』 

な人生だ。

 

 

今日、▼こんなブログ記事を読んだ。

毎日が楽しくないなら、人生のほんの少しの時間を使って誰かに「してあげる幸せ」を。 - よのすけ.com

 

それについて、僕はtwitterでこんなコメントをしました。

 

 

 

 

僕は、

日本人の『豊かさ』の基準は、21世紀になっても、未だ20世紀のバブル時代の基準のままだ、

思う。

 

 

 

ミニマリストを▼「貧乏人扱い」するのも、未だその価値観から脱却できていない証拠であって。

日本人がミニマリストを「貧乏人扱い」するのは妖怪『ムダヅカイ』の仕業だっ!!! - A1理論はミニマリスト

 

けして飢えることのない21世紀。

僕は、

人類は皆、自分自身の『豊かさ』の基準を持つべきだ

と思う。

 

 

カネなんて、いくらあっても満足しないんだ。

 

逆に言うと、 

「これで満足!」 

と思えば、それでカンストだ。

僕はそれが非常にミニマムなレベルなだけで。 

 

僕にとっての『豊かさ』とは、

毎日、『空気』がない世界で生きていて、死のうか生きようか迷ってるような人に、

「ここにくれば、とりあえず生きていくくらいの『空気』はあるよ!」 

って言い続けることだと思う。

 

 

そういうことをしている自分がものすごく好きだし、ものすごく豊かで、余裕があり、ゆとりのある生活だと思う。

 

僕の人生は、とりあえず、そんなんでいい。 

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリズム論

2022/1/23

ミニマリスト気質な中田敦彦さんとマキシマリスト気質な宮迫博之さんの『牛宮城』問題について僕なりに考えた。

上記画像は 宮迫ですッ!【宮迫博之】チャンネル 【Part④】最終決戦!黒幕登場【WinWinWiiin 宮迫博之編】より 今、YouTube界隈で話題になりまくってるお店があります!宮迫博之さんが2022年3月1日に渋谷の繁華街にオープンさせる焼肉屋さん『牛宮城』問題!もうこれどうなっちゃうのか「ハラハラなエンターテイメント」化しちゃってますね。 そして年末年始にその本質に切り込んだ中田敦彦さんと宮迫博之さんとの一連の動画というか騒動が「ミニマリストとマキシマリストのマインドの対比」という文脈で見ると中 ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活 人生 人生-考え方

2022/1/22

あおぞら銀行BANK支店の預金残高が人生の残りHP(ヒットポイント)!

人生は「1に健康、2におカネ!」がモットーのA1理論です!ここ数ヶ月は失業保険+コロナ特例を利用して仕事を一旦お休みして、「健康」と「おカネ」についていろいろ見直してきました。 「健康」に関しては詳しくはこのブログの他の記事に譲るとして、「おカネ」に関しては今回の記事では、 「『あおぞら銀行BANK支店』に『生活防衛資金』を入れると人生がだいぶ楽になるんじゃないか?」 ということをお伝えしたいと思います!(なお『あおぞら銀行BANK支店』の名称は、最近は『支店』が取れて『あおぞら銀行BANK』と呼ぶらしい ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリスト本 ミニマリズム-生活

2022/1/19

『内臓脂肪ミニマムクエスト』のオプションクエストとして『頭髪マキシマムクエスト』が超オススメ!

昨年、21kgやせて別人になったA1理論です! そのダイエット経験から「男の『内臓脂肪ミニマムクエスト』」として去年の年末に▼この記事にまとめました! 男の『内蔵脂肪ミニマムクエスト』〜男がやせるまでのシンプルな10ステップ〜 上記記事の最後に『内臓脂肪ミニマムクエスト』クリア後のオプションクエストとしていくつかのクエストを書いていますが、実は現在『頭髪マキシマムクエスト』に挑戦中です! 今回はそんな『内臓脂肪ミニマムクエスト』後の『頭髪マキシマムクエスト』がなぜオススメなのかと、僕なりのクエストステップ ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2022/1/15

年始の高田馬場周辺旅!『甘露』『水稲荷神社』『こだわり商店』『橙子猫』『タビビトの木』ダイジェスト版!

2022年の年始を高田馬場で静かに過ごしたA1理論です! 4年間通い、18年ほど住んでいるいつもの街ですがまだまだ知らないところも多く、でも1人ではなんとなく行きづらいカフェなどが多い高田馬場エリアですが、この年始の1月8日にブログ仲間のもーいさんといっしょにいろいろ巡ってきました!(近所に住んでいる学生寮時代からの同室のエスタークはカフェ等には興味なしw) 日記的な記事ですが、高田馬場・早稲田エリアのカフェ選びなどの参考になれば幸いです! 目次1 2022年の年始に人生について考えたこと。2 高田馬場駅 ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2022/1/13

年末の高田馬場周辺旅!『鎧神社』『松本湯』『馬場FLAT』『ミラノ食堂』ダイジェスト版!

年末年始はどこにも行かず、帰省もリモートで、ひたすら高田馬場周辺をうろうろ散歩したA1理論です! 散歩と言っても僕の場合はスマホでGoogleドキュメントでブログを書きながら歩くという特殊なモノですが、そんな日々の中でずっと行きたかった近所の場所にも行けたので記事にまとめました。正直「記事にしなくてもいいかなー。」とも思ったのですが、まぁA1理論はこんな感じで高田馬場周辺で暮らしてますよってことで!高田馬場周辺の穴場スポットを知りたい方などにお役に立てれば幸いです! 目次1 平将門伝説を語り継ぐ北新宿の『 ...

ReadMore

-ミニマリズム, ミニマリズム-ミニマリズム論, 人生, 人生-考え方

© 2022 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5