バズってどうする!? バズってどうする!?-心のためになる言葉

国破れて山河在り、城春にして草木深し。(杜甫)

変わりゆく人間社会と、変わらない自然との対比が秀逸ですね!杜甫さん!

杜甫 - Wikipedia

『絶句』を得意とし、『詩仙』と呼ばれた「李白」に対し、

この杜甫は、『律詩』の表現を大成させたとも言われ、『詩聖』と呼ばれることもあります。

 

この詩は『春望』というタイトルで、全文の意訳は、

戦乱によって都長安は破壊しつくされたが、大自然の山や河は依然として変わらず、町は春を迎えて、草木が生い茂っている。

時世のありさまに悲しみを感じて、(平和な時は楽しむべき)花を見ても涙を流し、家族との別れをつらく思っては、(心をなぐさめてくれる)鳥の鳴き声を聞いてさえ、はっとして心が傷むのである。

うちつづく戦いののろしは三か月の長きにわたり、家族からの音信もとだえ、たまに来る便りは万金にも相当するほどに貴重なものに思われる。

心労のため白髪になった頭を掻けば一層薄くなり、まったく冠を止める簪(かんざし)もさすことができないほどである。

 

時の皇帝・玄宗が寵愛した楊貴妃に取り入った安禄山が起こした▼「安氏の乱」によって、唐の都・長安や洛陽が陥落し、滅びゆく国家を杜甫が嘆いて詠んだ詩です。 

安史の乱 - Wikipedia

ビジュアル漢詩 心の旅1 悠久の古都を巡る

ビジュアル漢詩 心の旅1 悠久の古都を巡る

 

 

 

この詩の意訳を読んで思い出したのが、先月、ミニマリスト達と行った、▼上諏訪の山側の風景でした。

f:id:A1riron:20160525010709j:image

 

家などの建物はいっぱいありますが、

歩けど、歩けど、人一人通らない。

 

家をよく見ると、

「これ、空き家だし、しかも、長らく人が入ってないなぁ。」

という家も多いです。

 

御柱祭の後でしたが、なんというか、全体的にゴーストタウンみたいなんですよねぇ。

上諏訪の方々には申し訳ないですけど。

 

で、これはなにも上諏訪に限ったことではなく、下諏訪もそうだし、尾道もそうだし、僕の故郷、姫路もそうです。

 

『バブル崩壊後の地方都市』

は、どこもこんな感じがします。

なんというか、街のサイズが大き過ぎる割に、人が少ない。

ここは退屈迎えに来て

ここは退屈迎えに来て

 

 

下諏訪にも、バブルの頃は劇場があったと言うし、昔の下諏訪の写真を見ると、道端に人がごった返しています。

毎日、御柱祭のようだったのかも知れません。

 

 

で、そんな上諏訪の山の上から、ミニマリスト達と坂を下っていると、、、

▼梅の花が咲いていました。

f:id:A1riron:20160525011616j:image

 

この4月上旬は、長野ではまだ桜は咲いておらず、咲いてたのは梅の花だけでした。

 

空き家だらけで、人の気配がほとんどない場所に、梅の花が鮮やかに咲いている。

まさに『春望』ですな。

 

梅の花からしてみれば、空き家が増えようが、人口が激減しようが、そんなことは知ったこっちゃない。

ただ、いつも通り、花を咲かせるだけだ。

 

人の世がどれだけ移ろうと、自然はほとんど変わらない。

人間だけが、短いスパンで、売り上げが落ちただの、工場を移転するだの、人件費が高騰してるだの、派遣を切られただの、騒いでる。

 

そんなのは、自然の中では極めて短期間の変化であって、そもそも絶対的なものではない。

 

杜甫の時代に長安が滅びたことも、

今の日本の地方都市が寂れたことも、

自然は最初からそうなることを知ってたのかもしれない。

 

大自然のホメオスタシスみたいなもので、驕れる者も久しからず、盛者必衰の理を、自然はちゃあんと理解してるのかも知れない。

 

 

もしかしたら、人間だけが、まだまだ若く、厨二病的に『永遠の繁栄』を目指してるのかも知れない。

 

でも、そんなものは永遠に来ず、いつか人類自体が滅び、『文明』の上に草木は茂り続けるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、こんな『バブル崩壊後の地方都市』の、「昭和」が漂う物悲しい雰囲気がちょっとだけ好きな、変態おっさんの記事が『バズってどうする!?』 

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2021/10/22

A1理論流『酒醸(チューニャン)』と柿とホット豆乳のおやつ!まろやかで温かい秋の味覚を楽しめます!

最近、中国甘酒の▼『酒醸(チューニャン)』と、▼『柿ダイエット』の記事を書いたA1理論です!w 中国の元祖甘酒『酒醸(チューニャン)』を野菜炒めに入れてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ! 柿はコスパ最強の『百果の王』!食欲の秋は柿ダイエットで体重をミニマムに! 上記記事で『酒醸のおやつ』を作りましたが、「あれ、もうちょっと上手く作れば美味しくなるなぁ。」と思っていたところに『柿ダイエット』の記事を書いていて、「そうだ!『酒醸』がまだ余ってるから柿を入れて中華スイーツっぽくしてみよう!しかも次は豆乳で!」と ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2021/10/22

柿はコスパ最強の『百果の王』!食欲の秋は柿ダイエットで体重をミニマムに!

『食欲の秋』ですが、最近、午前中に柿を2個ずつ食べていって午後の食事量を減らし、どんどん体重が落ちてきてるA1理論です!ちなみに食べているのはスーパーに普通に売っている種無しの甘柿です! そんな、美味しくて、安くて、さらに上手にやせれる柿は昔から『百果の王』と言われていたらしく、最近、それをすごく実感しているので記事にまとめてみました! 食欲の秋だからこそ、柿を効率的に使って体重をミニマムに!! 目次1 『百果の王』の柿はフルーツ界のライオン!2 王の割にコスパ最強!!3 柿1日に2個までという制限付き! ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 ミニマリズム-生活

2021/10/22

中国の元祖甘酒『酒醸(チューニャン)』を野菜炒めに入れてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ!

最近、いろんな人に「甘酒はいいよ!」と言い続けていたA1理論です。 すると近くの中国人が中国の甘酒である『酒醸(チューニャン)』というモノをくれたので、ちょい興味本位で料理してみたら美味しかったので記事にしてみました! 目次1 中国の甘酒みたいなモノ、『酒醸』とは?2 別の日本人の手作り甘酒を飲んで「手作りでもこんなに美味しい甘酒作れるんだ!」と思った。3 まずは『酒醸』について調べる!ダイレクトに食べると日本人には酸味がキツい!4 『酒醸』スィーツを大量に作ってしまい、この日のご飯はこれで終了w5 野菜 ...

ReadMore

ミニマリズム 旅-東京ぶらり旅

2021/10/20

10月の駒込散歩!『ナーリッシュ』『東洋文庫』『六義園』『ミドルガーデン コーヒースタンド 』ダイジェスト版!

緊急事態宣言中、ずっと大人しくステイホームしていたA1理論です。今回はこの10月に緊急事態宣言が明け、久しぶりに東京の駒込を小旅行したので記念も兼ねて記事にしたいと思います!久しぶりの旅記事っぽい旅記事です! 今後、駒込を散歩したいミニマリスティックな方の参考になれば幸いです! 目次1 緊急事態宣言明けの東京・駒込の小旅行2 野菜と大豆ミートがむちゃくちゃ美味しかった自然野菜レストラン『ナーリッシュ』3 アジア横断したバックパッカーにはたまらなかった『東洋文庫』4 『知恵の小径』を通り、小岩井農場が運営す ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2021/10/17

池袋駅構内の『レスキュー直売所』がすごかった!新鮮な生産者野菜を格安で購入可能!そしてめちゃくちゃ美味しかったよ!

今年6月から5ヶ月で15kgやせて、最近は『野菜が主食!』をモットーにしている健康第一ブロガーのA1理論です! 今回はずっと気になっていた、埼玉県の直販所でその日に売れ残った新鮮野菜を夕方の東武鉄道の『上り』電車で運んできて、東武池袋駅構内で売りさばいてしまおう!という試みの『レスキュー直売所』に行ってきたのでtwitterメインで実況中継風にレポートします!その後、実際に家で野菜を料理してみて食べた感想や、そこから考えたこともtwitterメインで書きます! 『レスキュー直売所』が気になる方、持続可能な ...

ReadMore

-バズってどうする!?, バズってどうする!?-心のためになる言葉

© 2021 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5