『楽天経済圏』のKindle本を出しました!

Uncategorized

百戦百勝パターンは、敵の『A1キーワード』を知り、己の『A1キーワード』を知ること!

僕は人生において「負ける戦」はしてはいけないと思っている。

「負ける戦」をしてるほど『x』も『y』も多くないと思っている。

 

不可抗力で「負ける戦」になる場合は仕方がないが、準備を周到にしておけば不可抗力はかなりの確率で防げると思う。

ちなみに僕は究極的には「想定外」という概念はないと思っている。究極的にはすべての事態は「想定できる」と思っている。(究極的にはですよ!)
で、よく「がんばったけどできなかった」という人がいるけど、「がんばる」ことは大事じゃないし、「がんばっても最終的にできない」なら意味はない。

 

僕は大事なのは敵の『A1キーワード』を知り、己の『A1キーワード』を知ることだと思う。

で、両者の『A1キーワード』を洗い出して、初めて「戦略」を立てるべきだと思う。ちなみにその戦略には「撤退」「一時退却」も含まれる。

(もしかしたら自他の『A1キーワード』を知ることを「企画定義」「企画プロセス」と言うのかもしれないし、「戦略」を練ることを「要件定義」「要件プロセス」と言うのかもしれない)

この21世紀に実際の「戦」や「合戦」なんてないけど、リアルに起こる「試験」「就職」「転職」「日常業務」「結婚」「教育」「移住」「情報発信」など、すべてにおいて重要なのは敵(相手)の『A1キーワード』と己の『A1キーワード』のマッチング、もしくは意図的なミス・マッチングだと思う。

「がんばる」のはすべてそれらが終わった後だ。

「がんばる」ことに時間をかけるのではなく、自他の『A1キーワード』を正確に把握することに時間をかけ、むしろその後の「がんばる」時間を最小限に抑えるべきだ。

 

例えば「試験」。

まずなにより自分の最大の『A1キーワード』は「試験に合格すること」だ。

「試験をその後の業務に活かす」「試験を通して根性をつける」ことは全く考えなくていい。

まずは「試験に合格すること」だけを考えていればいいのだ。試験に合格しないと業務ができないのだし、実際の業務の世界には「正解」なんてなかったりする。

なので、まずは「試験に合格すること」を自分の『A1キーワード』に設定するように自分で自分をマインドコントロールする。『脳内占有率』も可能な限り上げるように脳内のコントロールパネルで設定する。(だから自分の『A1キーワード』をある程度、意図的に操作できるようにする訓練も必要)

 

次に敵の『A1キーワード』。

まるでクイズのような一問一答の問題形式だと、敵の『A1キーワード』は正解そのままだが、論文形式等になると突然、敵がなにを欲しているのかが理解できなくなる。

で、結果的に独りよがりな文章を書いてしまったり、逆に門切り型の文章を書いてしまったりして、それでも文字数は埋まるので試験後は満足してしまう。でもこれでは0点。

 

だから敵が何を答えてほしいのかまず最初に思いっきり考えるべきだ。大工の言葉で「段取り八分、仕事二分」という言葉があるが、論文試験もこの「段取り」で80%決まると思う。

そこで「段取り」を考えるにおいて、やはり『A1キーワード』が大事になってくると僕は思う。いわば「試験」という敵と(A1,B1)関係になることを目指すべき。

「問題に答える」と言うよりは、敵の「要求に応える」というほうが正確なのかもしれない。

そうなると過去の敵の「要求」を洗い出してみるべきだ。

「過去問」があるなら過去10年間くらいの「歴史」を分析し、これからの「傾向」を自分なりに予想するべき。これはそれほど難しくないし時間もかからない。

ここで重要なのは「自分なりに」予想することだと思う。「自分の『A1キーワード』とその『脳内占有率』に従って」予想する、と言い換えてもいい。

専門家や教科書や参考書を書いた人も個々人それぞれの『A1キーワード』とその『脳内占有率』は違うはずである。複数の専門家が共著で書いた場合でも、個々の専門家の『A1キーワード』とその『脳内占有率』を共著者人数で割った本ができるだけだと思う。

他人の予想はあくまで参考程度に留めて、自分の『A1キーワード』から「自分なりに」予想することを重視するべき。それによって自分なりの「勘どころ」がわかる。それを「個性」と言ってもいいのかもしれない。

 

で、論文試験は例えば情報処理試験のように3つくらいの問題からの選択論述式である場合が多い。

ここでその3問のうち、自分の有する『A1キーワード』やその『脳内占有率』、および人生の資本①②③④⑤を投資してきた事項に一番近しいと思われる問題を回答することに専念する。

例えば、営業をずっとやってきた人がシステム系論文を書くのは大きな「選択ミス」だ。『A1キーワード』のミス・マッチングと言ってもいい。

具体的には過去問とその合格論文・模範論文から、自分がA1なもの、「これならわかる!」「これならできそう!いけそう!」と思う系の問題だけを集中的に強化するべきだ。

3問中1問を回答する情報処理試験や類似試験なら、回答しない残りの2問の傾向と対策はばっさり捨てていいと僕は思う。

 

で、「これならわかる!」と思う系の1問が見つかったら、過去4年ほどの同じ系統の問題を100円ショップのクリアファイルにファイリングし、さらに各参考書のその問題の合格論文だけを集め、ファイル内で紐付ける。

で、その中でさらに細かい自分自身の専門分野について、その過去4問で横断的に、柔軟に書けるように練習する。足りない知識は試験日までにネットや書籍で補う。「細かい専門分野」とは『T』型や『π』型の『A1能力』の縦棒の部分、と言えるかもしれない。

「柔軟に書けるように練習する」とは具体的には、個々の細かい部分的文章、いわゆる文章作成上の「モジュール」を集め、それを適宜、問題文の「要求に応える」ように組み立てる。

なので、試験当日は「考える」作業は極力少なくし、この用意した「モジュール」を組み立てる作業にのみ集中する。

当日は、問題文と(A1,B1)関係になることのみに注力する。そのために『A1キーワード』を元にした「モジュール」をできるだけ多く、試験日当日まで準備しておくことが得策だと僕は思う。

 

 

ちなみに実は僕のこのブログも、過去のメルマガ、過去のmixi日記、過去のmixiボイス、過去のtwitter、過去に友達と話した内容、過去に友達と交わしたLINEのメッセージ、という文章「モジュール」を、毎回のエントリで想定する読者の『A1キーワード』にマッチするように機械的に組み合わせて作成しています。

また、「試験」や「情報発信」に限らず、上にあげた「就職」「転職」「日常業務」「結婚」「教育」「移住」等で発生する対人コミュニケーションも、この『A1キーワード』を元にした文章「モジュール」を事前にできるだけ多く準備しておくことが結果を出すには効果的なような気がします。

 

もしかしたら、だからこそ人は本を読み、映画を見、LINEをし、ブログを書くのではないだろうか?

無意識的に地球上の「過去問」から類似・独自の「モジュール」を作成し、さらに既存・新規の「A1な人」に向けてアウトプットしようとしているのかもしれない。

 

それが僕の『A1理論』!

https://a1riron.com/entry/2013/08/23/213129

 

 

で、なんでいきなりこんなエントリを書いたのかと言うと、今月20日の情報処理試験に向けて、勉強仲間SNSである「studyplus」で自分が書いた文章を読み返してみて「これも『A1理論』だよなー」と思ったので加筆修正してブログのエントリ化した次第ですw

また『A1キーワード』を元にした「モジュール」の概念については有名な情報処理試験の参考書をヒントにしました。

男性のダイエットに特化したKindle本を出しました!

ミニマリスト×楽天経済圏で『ミニマムFIRE』を目指そう!

以下の4つの商品がオススメです!

楽天カード

楽天証券&楽天銀行

楽天モバイル

楽天ひかり

①楽天カード

②楽天証券&楽天銀行

僕は楽天証券で投資デビューしました!一緒に投資を始めませんか??

今すぐ申し込む

つみたてNISAを始めるなら初心者に優しい楽天証券!楽天ポイントも貯まるよ!

③楽天モバイル

楽天モバイルは楽天Linkで国内通話が基本無料!僕も使っています!人口カバー率97.6%!

今すぐ申し込む

毎月のデータ使用量3GBまでの方や1人暮らしでのテザリング利用にオススメ!

④楽天ひかり

楽天モバイルを使っている方は楽天ひかりがオススメ!僕も現在楽天ひかり接続でこのブログを書いています!

今すぐ申し込む

おうちのネットが1年間タダで使えます!おうちのネットのストレスも料金もミニマムに!

おすすめ記事 ブログ運営 ブログ運営-コスパのいいブログ運営研究 ミニマリズム ミニマリズム-生活

今まで楽天サービスを使ったことなかった僕が楽天モバイルを契約する10の理由!

▲楽天モバイルで購入したOPPO A73。約1年半ほどほぼ毎日、サブスマホとして使っています! (注意!2022年10月6日現在、この記事でご紹介している1年無料キャンペーンや月1Gまで0円運用の料金プランは無くなっています!) 『固定費ミニマリスト』のA1理論です!!2021年4月現在の日本では『固定費』の大きな部分を占める「通信費」がまさに戦国時代の様相を呈しています! そんな中、今までの人生で楽天のサービスを一切使ってこなかった僕が、この度スマホの2回線めのサブ回線として楽天モバイルを4/7までに契 ...

続きを読む

おすすめ記事 ミニマリズム ミニマリズム-生活

【初心者向けに画面で解説】楽天証券のつみたてNISA口座と楽天銀行の開設方法&注意点!

2021年6月7日夕方ごろ楽天証券と楽天銀行に自宅のパソコンからWEB申し込みしたA1理論です!目的はつみたてNISAで投資信託をして『楽天経済圏』で生きていって早めに人生を『ミニマムFIRE』するためです! 生まれて初めての証券口座の申し込みでしたが、事前にかなり情報収集していたおかげで問題なく終わらせることができました。この記事ではこれから楽天証券や楽天銀行に申し込もうとしている方へ2021年6月時点での最新の申し込み方法をパソコン画面のキャプチャ画像を見ながらお伝えしたいと思います! 目次1 この記 ...

続きを読む

おすすめ記事 ミニマリズム ミニマリズム-生活

楽天ひかりの工事が完了!IPv6(クロスパス)対応ルーター「エレコムWMC-X1800GST-B」を実際に楽天ひかりに接続してみたスピード結果!

(上記写真は僕の部屋の楽天モバイルのONU(右)とエレコムのルーター(左)です) 一人暮らしで楽天モバイルのテザリング生活から楽天ひかりに切り替えたA1理論です!ちなみに昔のアパートで使っていたのは古い順から、ADSL→テプコ光→フレッツ光→ひかりONE→ケーブルTV(新宿ケーブル)で、このアパートに来てからはauひかり→WiMAX→WiMAX2+→楽天ひかりテザリング→楽天ひかり(マンションタイプ・光配線方式)です! 今回の記事では実際の楽天ひかりの工事についてと、IPv6(クロスパス)対応ルーターであ ...

続きを読む

おすすめ記事 ミニマリズム ミニマリズム-生活

楽天ポイントが自動でどんどん貯まっていく!『楽天経済圏2年生』の僕が実感した誰もが楽天カードを作るべき12の理由!

2021年5月に▼『楽天経済圏』で生きていくことを決意し、その後すぐに楽天カードを2枚発行してこの夏で無事『楽天経済圏2年生』になったA1理論です! 今回のこの記事では1年以上『楽天経済圏』にどっぷりとハマった僕が、楽天Payや楽天キャッシュなども含めた『楽天経済圏』という視点から誰もが楽天カードを発行するメリットを書いてみました!これから楽天カードを作ろうか迷っている方、『楽天経済圏』に入ろうか悩んでいる方、各種ポイントがいろんな経済圏にバラバラに分散している方などの参考になれば幸いです! 目次1 この ...

続きを読む

おすすめ記事 ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリスト本 人生 人生-考え方

Kindle本を出しました!「お金が貯まる!増やせる!1年かけてゼロから『楽天経済圏』に入ってみた!」

(本書は基本的にスマホのKindleアプリで読むことを想定しています) お金が貯まる!増やせる!1年かけてゼロから『楽天経済圏』に入ってみた! created by Rinker ¥250 (2022/11/26 14:33:19時点 Amazon調べ-詳細) Kindle Amazon 楽天市場 Yahooショッピング ついに念願のKindle本を出版しました! その名も、 「お金が貯まる!増やせる!1年かけてゼロから『楽天経済圏』に入ってみた!」! 僕はほんの2年前まで普段のスーパ ...

続きを読む

-Uncategorized

© 2022 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5