バズってどうする!? バズってどうする!?-心のためになる言葉

『モノ』は宜しき所にあり、『材』は施す所あり。(荘子)

『適材適所』の重要性を理解していますね!荘子さん!!

荘子 - Wikipedia

荘子の考えは、老子と合わせて▼『老荘思想』とも呼ばれ、『道教』(来来キョンシー!)の中心思想とも言われています。

老荘思想 - Wikipedia

▲老荘思想は仏教、特に禅宗に接近し、儒教(朱子学)にも影響を与えたらしい。なるほどー!

 

僕はミニマリストだからか、道教の▼「道(タオ)」の考え方がめっちゃ好きです!

道 (哲学) - Wikipedia

これはヒンズー教で言う「オム」ですねー!

 

僕は特に荘子の「胡蝶の夢」の話が好きです!

胡蝶の夢 - Wikipedia

夢の中で蝶としてひらひらと飛んでいた所、目が覚めたが、はたして自分は蝶になった夢をみていたのか、それとも今の自分は蝶が見ている夢なのか。

 

これは信長が好んで演じたと言われる『敦盛 (幸若舞)』のこの節に良く似ていると僕は思います。

人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか
これを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ

敦盛 (幸若舞) - Wikipedia

 

荘子の他の説話にある、

「是と非、生と死、大と小、美と醜、貴と賎」などの現実に相対しているかに見えるものは、人間の「知」が生み出した結果であり、荘子はそれを「ただの見せかけに過ぎない」という。

という考えが僕は好きだ。

 

「是と非、生と死、大と小、美と醜、貴と賎」なんてものは単なる『宗教』であり、『集団催眠術』であり、もっと言えば人類の間の一時期の▼『流行』なんじゃないかな、とも思う。

流行が滑稽なものであることは異論の余地がない。(バルザック) - A1理論はミニマリスト

 

現代人が『お金』を『お金』と認識したり、『国境』を『国境』と認識しているようなものだ。

 

そんなものは所詮は人間の脳内で再生された音声データ・映像データを『他人の価値観』で処理しているに過ぎない。

 

本当に人間にとって大事なのは、そんな『流行』に惑わされない『道(タオ)』なんじゃないかな? 

 

荘子 外篇 (ちくま学芸文庫)

荘子 外篇 (ちくま学芸文庫)

 

 

 

 

で、そんな『道(タオ)』を踏まえてタイトルの言葉を考えると、

『モノ』にも『道(タオ)』があり、

『人材』にも『道(タオ)』がある。

と言えるんじゃないかな?

 

(タイトルを口語訳すると「モノにはそれぞれ最も適切な用途があり、人材にもそれぞれふさわしい地位や職の別がある。」という意味になる。) 

 

 

『モノ』にも『道理』がある。

要らないモノは「要らない」し、

要るモノは「要る」。

ただそれだけのことだろう。

 

けど、今の時代は要らない『モノ』が溢れすぎて、▼人類が混乱しているだけだと僕は思う。

物が栄えると、人は皆、心が乱れてくる。(孟子) - A1理論はミニマリスト

 

 

で、『人材』も基本的にこれと同じで、

要らない人材は「要らない」し、

要る人材は「要る」。

ただそれだけのことだろう。

 

けど、今の時代は要らない『人材』が溢れすぎて、人類が混乱しているだけだと僕は思う。

 

合理主義者の島田紳助は、

「ボクサーは1日3時間以上練習したらオーバーワークになる。漫才師もこれと同じで余計な練習はしない。『要らんもんは要らん』!」

と言った。

 

 

僕はこれと同じで、

『要らん人材は要らん』!!!

と言い続けたいw

 

『必要な人材』が『必要な場所』におりさえすれば、それでいいのだ。

その他の『要らん人材』がいると、頭が悪い分、余計なことをやりだす。

『要らん人材は要らん』のだ!!

 

『正社員』とか『担当』とか、そんなのはこの21世紀の初頭に流行した『宗教』や『集団催眠術』のような『流行』の一種であって、そんな『流行』なんてどうでもよくて、依然として、

『要らん人材は要らん』のだ!!

 

少数精鋭部隊が、適材適所に配置されていることが、組織にとっての『道(タオ)』だと僕は考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、こんな単なる仕事の愚痴が『バズってどうする!?』

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2021/10/22

A1理論流『酒醸(チューニャン)』と柿とホット豆乳のおやつ!まろやかで温かい秋の味覚を楽しめます!

最近、中国甘酒の▼『酒醸(チューニャン)』と、▼『柿ダイエット』の記事を書いたA1理論です!w 中国の元祖甘酒『酒醸(チューニャン)』を野菜炒めに入れてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ! 柿はコスパ最強の『百果の王』!食欲の秋は柿ダイエットで体重をミニマムに! 上記記事で『酒醸のおやつ』を作りましたが、「あれ、もうちょっと上手く作れば美味しくなるなぁ。」と思っていたところに『柿ダイエット』の記事を書いていて、「そうだ!『酒醸』がまだ余ってるから柿を入れて中華スイーツっぽくしてみよう!しかも次は豆乳で!」と ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2021/10/22

柿はコスパ最強の『百果の王』!食欲の秋は柿ダイエットで体重をミニマムに!

『食欲の秋』ですが、最近、午前中に柿を2個ずつ食べていって午後の食事量を減らし、どんどん体重が落ちてきてるA1理論です!ちなみに食べているのはスーパーに普通に売っている種無しの甘柿です! そんな、美味しくて、安くて、さらに上手にやせれる柿は昔から『百果の王』と言われていたらしく、最近、それをすごく実感しているので記事にまとめてみました! 食欲の秋だからこそ、柿を効率的に使って体重をミニマムに!! 目次1 『百果の王』の柿はフルーツ界のライオン!2 王の割にコスパ最強!!3 柿1日に2個までという制限付き! ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 ミニマリズム-生活

2021/10/22

中国の元祖甘酒『酒醸(チューニャン)』を野菜炒めに入れてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ!

最近、いろんな人に「甘酒はいいよ!」と言い続けていたA1理論です。 すると近くの中国人が中国の甘酒である『酒醸(チューニャン)』というモノをくれたので、ちょい興味本位で料理してみたら美味しかったので記事にしてみました! 目次1 中国の甘酒みたいなモノ、『酒醸』とは?2 別の日本人の手作り甘酒を飲んで「手作りでもこんなに美味しい甘酒作れるんだ!」と思った。3 まずは『酒醸』について調べる!ダイレクトに食べると日本人には酸味がキツい!4 『酒醸』スィーツを大量に作ってしまい、この日のご飯はこれで終了w5 野菜 ...

ReadMore

ミニマリズム 旅-東京ぶらり旅

2021/10/20

10月の駒込散歩!『ナーリッシュ』『東洋文庫』『六義園』『ミドルガーデン コーヒースタンド 』ダイジェスト版!

緊急事態宣言中、ずっと大人しくステイホームしていたA1理論です。今回はこの10月に緊急事態宣言が明け、久しぶりに東京の駒込を小旅行したので記念も兼ねて記事にしたいと思います!久しぶりの旅記事っぽい旅記事です! 今後、駒込を散歩したいミニマリスティックな方の参考になれば幸いです! 目次1 緊急事態宣言明けの東京・駒込の小旅行2 野菜と大豆ミートがむちゃくちゃ美味しかった自然野菜レストラン『ナーリッシュ』3 アジア横断したバックパッカーにはたまらなかった『東洋文庫』4 『知恵の小径』を通り、小岩井農場が運営す ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2021/10/17

池袋駅構内の『レスキュー直売所』がすごかった!新鮮な生産者野菜を格安で購入可能!そしてめちゃくちゃ美味しかったよ!

今年6月から5ヶ月で15kgやせて、最近は『野菜が主食!』をモットーにしている健康第一ブロガーのA1理論です! 今回はずっと気になっていた、埼玉県の直販所でその日に売れ残った新鮮野菜を夕方の東武鉄道の『上り』電車で運んできて、東武池袋駅構内で売りさばいてしまおう!という試みの『レスキュー直売所』に行ってきたのでtwitterメインで実況中継風にレポートします!その後、実際に家で野菜を料理してみて食べた感想や、そこから考えたこともtwitterメインで書きます! 『レスキュー直売所』が気になる方、持続可能な ...

ReadMore

-バズってどうする!?, バズってどうする!?-心のためになる言葉

© 2021 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5