ミニマリズム ミニマリズム-生活 人生 人生-考え方

貯金が出来たら、仕事なんて辞めて今すぐに「旅」に出たくなる理由。

※単なる少し長めのつぶやきです
 

僕はバカなので、貯金がちょっと出来てきたら、仕事を辞めたくなる(笑)

仕事断捨離(笑)
 
なんというか、
仕事してる時間がもったいねー!
って思ってしまうんですよねー。
 
 
だって、
明日、死んだら、インドもパキスタンも行けないんですよ!!
 
イスタンブールでサバサンドも食べれれないし、
ダハブでシュノーケリングもできないんですよ!!
 
ドミトリーでアホなバックパッカーと、死ぬほどくだらない話ができないんですよ!!ww
 
 
「世界は、こんなに安く、こんなに楽しいことがあるのに、なんで俺はこんな狭い職場で、同じ人間、しかも旅しない人間ばかりと毎日、会ってるんだろう?」
とか、思ってしまう(笑)
 
 
それが「大人」なんだとしたら、
「大人」なんて、クソ食らえだ!
(って、アラフォーのおっさんの言う言葉じゃないかも知れないけど、まぁ、バカなんでw)
 
 
世界の広さに対して、人生が短すぎる。
旅費が無限にあって、人生フルに旅に費やして、やっと、ちょっと満足、みたいな(笑)
 
 
で、僕は貯金が出来てきたらいつもこんな感じになってしまう(笑)
 
自他ともに認める旅キチガ⚫️です(笑)
本当にありがとうございます。
 
 
 
旅がしたい。
思いっきり旅がしたい。
 
そんな衝動を抑えきれなくなる(笑)
 
 
 
思うに、世の中には2種類の人間がいるように思える。
・旅をしなくても生きていける人間
・旅をしないと生きていけない人間
 
絶対数は前者のほうが99%以上なんだろうけど、、、
 
後者については、日本社会では、もう人種的マイノリティというか、被差別対象というか、もう『旅欲』をひた隠しにして生きていかないとダメ、みたいなところがある(笑)
 
 
日本社会では『旅』とは、社内旅行であり、卒業旅行であり、修学旅行であり、町内旅行だ。
 
なので、何年も一人で旅するなんて、「正気の沙汰」じゃない。
 
 
 
けど、僕にとっては『旅』こそが人生の目的というか、『旅』するために生きているというか、『旅』以外、ぶっちゃけ、どうでもいいくらいにどうでもいい(笑)
 
 
まぁ、でもそんな人種はやっぱり、1%くらいはいて、今まではそんな人種は日本でカネを貯めては、アジアを放浪、を繰り返してたんだけれども。
 
 
で、最近は、日本にもやっとゲストハウスが出来てきて(おせーんだよ!w)、日本にいながらにして、休日に旅に出れたりする。
なんていい時代なんだ。
 
 
で、以外と、日本の国内は行ったことないので、楽しかったりする。
むしろ、海外を旅したから、日本の国内が楽しい、みたいな。
 
まぁ、これは昔から言われてたけどもね。
歳をとったバックパッカーは国内旅行にハマるって。
 
 
 
僕の大学の卒業生は、大体、みんな大手企業に勤めたりするんだけども、僕にとっては、それが『報酬』だとは全く思えなかった。
 
旅が出来ること。
僕にとってはそれ以上の『報酬』は僕にはなかったし、今もない。
旅の報酬 旅が人生の質を高める33の確かな理由

旅の報酬 旅が人生の質を高める33の確かな理由

 

 

カネを儲けて、どんなに美味しいモノを食べたところで、僕にとっては『日本食』の域を出ない。
『日本食』の時点で、なにを食べても美味しいのだ(笑)
 
というか、さっき自分で作って食べた、レトルトの▼「マッサマンカレーうどん」めちゃくちゃ美味しかったし(笑)
f:id:A1riron:20160601015020j:image
 
 
というわけで、『旅』以外に頑張ろうと思えるインセンティブは僕にはないし、『旅』出来ないなら、まぁ、死んでも特にいいかな。
 
 
僕は世の中、アホばっかりだと思ってるんだけど、なぜかバックパッカーとは話が合う。
おそらく、「感性」が同じなんだろうな。
「旅」を基準に人生を構成しているというか。
「旅」が人生の設計思想、というか。
 
「バックパッカーと会えない人生なら、そんな人生、無理して生きるほうがコスパ悪い。」
と、本気で思ってしまう。
 
 
とまぁ、また、とりとめない話を訥々と書いてきてしまいましたが、
要は常に『旅』がしたいってことです(笑)

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2021/10/22

A1理論流『酒醸(チューニャン)』と柿とホット豆乳のおやつ!まろやかで温かい秋の味覚を楽しめます!

最近、中国甘酒の▼『酒醸(チューニャン)』と、▼『柿ダイエット』の記事を書いたA1理論です!w 中国の元祖甘酒『酒醸(チューニャン)』を野菜炒めに入れてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ! 柿はコスパ最強の『百果の王』!食欲の秋は柿ダイエットで体重をミニマムに! 上記記事で『酒醸のおやつ』を作りましたが、「あれ、もうちょっと上手く作れば美味しくなるなぁ。」と思っていたところに『柿ダイエット』の記事を書いていて、「そうだ!『酒醸』がまだ余ってるから柿を入れて中華スイーツっぽくしてみよう!しかも次は豆乳で!」と ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2021/10/22

柿はコスパ最強の『百果の王』!食欲の秋は柿ダイエットで体重をミニマムに!

『食欲の秋』ですが、最近、午前中に柿を2個ずつ食べていって午後の食事量を減らし、どんどん体重が落ちてきてるA1理論です!ちなみに食べているのはスーパーに普通に売っている種無しの甘柿です! そんな、美味しくて、安くて、さらに上手にやせれる柿は昔から『百果の王』と言われていたらしく、最近、それをすごく実感しているので記事にまとめてみました! 食欲の秋だからこそ、柿を効率的に使って体重をミニマムに!! 目次1 『百果の王』の柿はフルーツ界のライオン!2 王の割にコスパ最強!!3 柿1日に2個までという制限付き! ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 ミニマリズム-生活

2021/10/22

中国の元祖甘酒『酒醸(チューニャン)』を野菜炒めに入れてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ!

最近、いろんな人に「甘酒はいいよ!」と言い続けていたA1理論です。 すると近くの中国人が中国の甘酒である『酒醸(チューニャン)』というモノをくれたので、ちょい興味本位で料理してみたら美味しかったので記事にしてみました! 目次1 中国の甘酒みたいなモノ、『酒醸』とは?2 別の日本人の手作り甘酒を飲んで「手作りでもこんなに美味しい甘酒作れるんだ!」と思った。3 まずは『酒醸』について調べる!ダイレクトに食べると日本人には酸味がキツい!4 『酒醸』スィーツを大量に作ってしまい、この日のご飯はこれで終了w5 野菜 ...

ReadMore

ミニマリズム 旅-東京ぶらり旅

2021/10/20

10月の駒込散歩!『ナーリッシュ』『東洋文庫』『六義園』『ミドルガーデン コーヒースタンド 』ダイジェスト版!

緊急事態宣言中、ずっと大人しくステイホームしていたA1理論です。今回はこの10月に緊急事態宣言が明け、久しぶりに東京の駒込を小旅行したので記念も兼ねて記事にしたいと思います!久しぶりの旅記事っぽい旅記事です! 今後、駒込を散歩したいミニマリスティックな方の参考になれば幸いです! 目次1 緊急事態宣言明けの東京・駒込の小旅行2 野菜と大豆ミートがむちゃくちゃ美味しかった自然野菜レストラン『ナーリッシュ』3 アジア横断したバックパッカーにはたまらなかった『東洋文庫』4 『知恵の小径』を通り、小岩井農場が運営す ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2021/10/17

池袋駅構内の『レスキュー直売所』がすごかった!新鮮な生産者野菜を格安で購入可能!そしてめちゃくちゃ美味しかったよ!

今年6月から5ヶ月で15kgやせて、最近は『野菜が主食!』をモットーにしている健康第一ブロガーのA1理論です! 今回はずっと気になっていた、埼玉県の直販所でその日に売れ残った新鮮野菜を夕方の東武鉄道の『上り』電車で運んできて、東武池袋駅構内で売りさばいてしまおう!という試みの『レスキュー直売所』に行ってきたのでtwitterメインで実況中継風にレポートします!その後、実際に家で野菜を料理してみて食べた感想や、そこから考えたこともtwitterメインで書きます! 『レスキュー直売所』が気になる方、持続可能な ...

ReadMore

-ミニマリズム, ミニマリズム-生活, 人生, 人生-考え方

© 2021 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5