ブログ運営 ブログ運営-ポジティブブログ

『ポジティブな一個人』が21世紀の日本に「ポジティブ」を供給する。

ここ最近、ポジティブ記事を書きだしてからAmazonでよく見かけるようになった『ポジティブの教科書』という本を買ってみました。

ポジティブの教科書―自分も周りの人も幸運体質になる3つの基本と11の法則

ポジティブの教科書―自分も周りの人も幸運体質になる3つの基本と11の法則

 

 いやー、この本、めちゃくちゃ大事なことが書いてあって「是非これはブログで紹介したい!!」と思いました。

 

けど、「まてよ、」と。

「こんなポジティブな本紹介とかポジティブ記事とかばかり書いていたら変な宗教やってるとかネットワークビジネスやってるとか思われないかな。。。」

という一抹の不安が出てきました。。。

 

で、よーーーーく考えました。

「それはすごく20世紀的な考え方なんじゃないか?」と。

 

 

f:id:A1riron:20150525060437j:plain

 

人間はやっぱり基本的に「ポジティブ」を求める生き物なんじゃないかと思うんですよね。
太陽がないと生きていけないように。晴れた日に公園を散歩したら気持ちいいのと同じように。

 

日本においては20世紀前半は『大日本帝国』という「国」自体がある意味「ポジティブ」を日本人に提供していたんじゃないかと思うんですよ。

 

でも1945年の敗戦から、いっきに日本はネガティブに。そして占領下の日本で「国」自体は国民に「ポジティブ」を提供できなくなった。
元々、キリスト教やイスラム教のような一神教の国ではないので、戦後、日本国民は「国」に変わる「ポジティブ」供給機関に飢えていたんじゃないかな。

 

その後、高度経済成長と共に20世紀後半は「会社」とか「新興宗教」とか「学生運動」とか「テレビ」とかが日本人に「ポジティブ」を供給する役割を果たしたんじゃないかな?いいか悪いかは別として。
日本の会社独特の「社訓読み上げ」とか「運動会」とかはこの時期にはおそらく社員からも「ポジティブ」ニーズがあったのだろう。
「新興宗教」とか「テレビ」の中の人にバンバンお布施していたのも、ある意味「ポジティブ」との等価交換だったのかもしれない。

 

でもその体制も20世紀の最後の90年代にガラガラと音を立てて崩れ落ちたんじゃないかな?
バブルは弾け、リストラが始まった。「会社」はもう「ポジティブ」を提供できなくなった。
地下鉄サリン事件等で「新興宗教」も実は「ポジティブ」供給機関ではなかったことが明らかになってしまった。
学生運動のアジトだった東大駒場寮は閉鎖され、早大旧学生会館は建て直された。

 

2000年に森首相()が唱えた『IT革命』()から徐々に脚光を浴びてきたホリエモンもよくわからない罪で投獄されてしまった。
パソコンの中では2ちゃん住人がネガティブ発言を評価するような文化が出来上がっていた。

 

「テレビ」に関しては「会社」や「新興宗教」よりももう少し長く「ポジティブ」を供給していたけど、それも00年代(2000年~2009年)までだったのかもしれない。
その頃「隠し番組」(ラジオやってること誰にも言うなよ)をコンセプトに松本人志と放送作家の高須光聖が深夜に放送していたラジオ番組「放送室」では、
「テレビはもうあかん。」
という言葉が頻繁に出てくる。しかも番組後半になればなるほどよく出てくる。

 

2011年の地デジ化や東日本大震災を機会にテレビを捨てた若者も多い。
その年の秋にスティーブ・ジョブズの死と同時にスマホが爆発的に普及した。

 

2013年には『第二次ブログブーム』と称して『ブロガーサミット』が開かれた。
『はてなブログ』なるものも始まった。『ノマド』なる言葉も生まれた。

 

思った。

「2010年代以降に日本人に『ポジティブ』を供給するのはもしかしたら一個人、一国民、一日本人なんじゃないかな?」

そこには国歌や校歌や社歌の強要もないし、運動会等のイベント強制参加もない。よくわからない社内制度や理不尽な上下関係もない。
お布施も登録料も月額料も必要ないし、町内会費も必要ない。受信料も必要ない。
ノイジーな企業CMも暗いニュースも見なくていい。特定の政党に投票する必要もない。

名前も顔も知らない人だけど、

ただ『ポジティブ』だからフォローする。
ただ『ポジティブ』だから読者登録する。
ただ『ポジティブ』だからfeedlyアプリに登録する。

もしその人がなにか困っていたら知ってる事なら教えてあげるし、おすすめする商品ならその人のアフィリから買う。

そしてお金に困ってたらそっと送ってあげる。
大黒摩季のCDを買って「ポジティブ」になれても、大黒摩季にはそのCDの印税10%しか入らないけど、『ポジティブな個人』になら100%その人のお金になるし、しかもすごく喜んでくれる。
そして明日からの文章がさらに「ポジティブ」になる。

これは十分に「等価交換」が成立している。

僕はこれからはそんな時代になる、いやすでになってる気がする。

 

 

a1riron.com

 

a1riron.com

 

ブログ運営 ブログ運営-このブログについて ミニマリズム ミニマリズム-生活

2022/6/18

僕は1998年の春から今日も、インターネット上に「なんてことない雑文」ばかり書き続けている。

「インターネットに雑文を書き続けて、まもなく四半世紀になるなぁ。」 と、先日ふと思ったので、そんな「僕は雑文ばかり書いてきた」という雑文を書いてみることにしました。 この記事は毒にも薬にもならない記事で、生活お役立ち記事でもないです。SEOも意識していないですし、バズることもありません。最近、「ブログの神様」と言われ始めた僕の昔のブログ仲間のヒトデがよく言うベネフィット()も特にありませんw 目次1 『なんでもない日記』がインターネットから「フェードアウト」している。2 日本の『平成』時代は『コミュニティ ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活

2022/6/17

家に送られてきた住民税の税額決定・納税通知書を確認したらふるさと納税の控除が反映されてなかった!確認方法と対処法をお伝えします!

昨年から楽天経済圏の住民のA1理論です! 昨年末に人生初の楽天ふるさと納税を行い、今年2月に確定申告を行いましたが、今月6月に家に送付されてきた上記アイキャッチ写真の住民税の納付書(『特別区民税・都民税 税額決定・納税通知書』これは東京都新宿区の場合。自治体によって名称は異なると思います)にふるさと納税の控除が反映されていませんでした!今回はその確認方法と対処方法をシェアします! 初めてふるさと納税した方、住民税にふるさと納税の控除が反映されているかどうかの確認方法を知りたい方、反映されていなかった場合の ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活

2022/6/8

2022年の健康診査&がん検診!健康体すぎて病院の先生にめっちゃ褒められたよ!

ここ1年間ほど仕事そっちのけで『健康活動』にいそしんできた44歳男子のA1理論です! 今年も6月になり、僕が住んでいる自治体(市区町村、僕の場合は東京都新宿区)から健康診査とがん検診のご案内の封筒が届いたので、最速で健康診査とがん検診を受診しました!最終の検査結果が出るのは約1ヶ月後ですが、予想通り今回の健康診査とがん検診では先生にめっちゃ褒められました!今回のこの記事では全日本人、特に40歳以上の健康診査やがん検診について語りたいと思っています! この記事が、長らく健康診査やがん検診に行っていない方、健 ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリスト本 ミニマリズム-ミニマリズム論

2022/6/5

『2010年代のミニマリスト』と『2020年代のミニマリスト』の違いを考えてみた!

※今回の記事は個人の経験の範囲で考えて書いた極めて主観的な記事です。 「ミニマリストを分析するのが大好きなミニマリスト」のA1理論です。僕の狭いアパートの部屋にはミニマリスト本がいっぱいで、もう「ミニマリスト評論家」を名乗ろうかなwさて、そんな僕は1年ほどまえの昨年6月ごろから「2010年代のミニマリスト」と「2020年代のミニマリスト」の違いをぼーっと考えていました。▼この2者の違い。 ●「2010年代のミニマリスト」は3.11からコロナ前までのミニマリスト●「2020年代のミニマリスト」はコロナ後のミ ...

ReadMore

ブログ運営 ブログ運営-コスパのいいブログ運営研究 ミニマリズム

2022/6/4

【2022年夏】ブログ初心者&中級者向けのRinker登録オススメASP!(Amazon &楽天市場&もしもアフィリエイト&バリューコマース)

ここ2週間以上、ワードプレスの物販プラグインである『Rinker』に登録するベストなASPに関して調べて考えまくっていたRinker初心者のA1理論です!(ブログ歴は無駄に長い) Rinkerに登録するASPに関してはいろんなブログ記事や動画でいろんな情報が錯綜していて、かつ2020年前後の古い情報も多いので、今回、僕なりに情報を整理し、そこからベストな登録ASPを考えてみたのでその理由とともに書いていきたいと思います。またこの記事はブログ初心者の方と中級者以上の方、両方に向けて分けて書いてみました!(多 ...

ReadMore

-ブログ運営, ブログ運営-ポジティブブログ

© 2022 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5