人生 人生-考え方 旅-国内

諏訪地域がこれからどんどん『チャンスの国』になっていく気がビンビンします!!

僕が去年、一番、感動した本が▼これ。

ペンギンの国のクジャク

ペンギンの国のクジャク

  • 作者: BJ ギャラガー,ウォレン・H.シュミット,BJ Gallagher,Warren H. Schmidt,田中一江
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 単行本
  • クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
 

 

ブログ仲間の「にゃんす」がたまたまブックオフで見つけ、その記事を読んだ僕もたまたま近くのブックオフで見つけて108円で購入した絵本が、まさかの超神本!!

 

それに関するブログ記事も▼いくつか書きました!!

「個性の時代」を生きる子供達に『この世界』を知ってもらうため是非読み聞かせたい絵本『ペンギンの国のクジャク』 - A1理論はミニマリスト

『チャンスの国』は待っていても来ない!自分からつかみに行くか、なかったら自分で作る!!絵本『ペンギンの国のクジャク』 - A1理論はミニマリスト

ブロガーのストレングス・ファインダー結果に『最上志向』が多いのは「ペンギンの国」ではそれが仇になってるからなんじゃないかな?絵本『ペンギンの国のクジャク』 - A1理論はミニマリスト

 

今思い返せば、僕の人生は、ずっと『チャンスの国』を探し求めていたと思う。

 

生まれ故郷の『教育の国』をどうにかこうにか脱出しようと試行錯誤を繰り返していた10代。

そして東京という『ペンギンの国』からも、どうにかして脱出しようとしていた20代と30代。

 

で、世界中を探しまくって、結局、僕が見つけたエルドラドは、東京からそんなに遠くない『下諏訪』だった気がする。

僕が下諏訪に惹かれる理由。 - A1理論はミニマリスト

 

なんというか、町全体が『自由の国』なんですよね~。

かつて下諏訪にハマった人も、岡本太郎とか、永六輔とか、ちょっとイッちゃってる人が多いw

 

で、下諏訪に多くの文学者がハマったという点も、ブロガーの僕からすればすごく理解できる。

ものすごくしっくりくるんですよね~。町自体が。

 

多くの旅行者がよく言う、

「下諏訪には『なにか』がある。」

という言葉。

その『なにか』が僕は大好きですw

 

 

そして、かつての宿場町だからか、日本中・世界中からバックパッカーが集まってくるのもすごくいい。

もちろん、マスヤゲストハウス周辺だ。

 

バックパッカーは世界中の町を歩いてきたから、多様な価値観が心の中に刻み込まれているんですよね。

「みんな違って、みんないい。」

みたいな。

 

日本のような協調圧力の高過ぎる国は、こうならないとあかんて。

 

 

で、下諏訪は田舎なんだけど、こんな田舎で世界中の話が出るし、また、世界中に旅立って行くし、世界中から人が集まってくる。

 

これって、ちきりんパイセンの言ってた『ゴールドカラー』って人種なんじゃないかな?って思う。

人生の半径 - Chikirinの日記

 

ホワイトカラーから分岐して新たに現れるゴールドカラー層ですが、その特徴は「人生における移動距離が圧倒的に長いこと」とされています。

 

たとえばブルーカラー層は、生まれた町で高校まででて、隣町の工場に勤め、配偶者とは近くのバーで出会い、子どもも地域の学校で育つ。ので、人生は半径 50キロくらいのエリアで完結します。

 

ところが、ホワイトカラー層は一生の間に数百キロは移動します。

日本で言えば、金沢に生まれ育って、東京で大学に行き、大阪に配属になったりします。

妻の実家は仙台だとしましょう。東京・大阪間が約 600キロ。人生はだいたい半径 500キロくらいの範囲を舞台として繰り広げられるわけです。

 

それに比べて、ゴールドカラー層は、数千キロ動きます。半径数千キロというのは、つまり世界を股に掛けるということです。

 

普通の地方都市のような『ブルーカラー』の町ではなく、

東京のような『ホワイトカラー』の町でもなく、

『ゴールドカラー』達が集住している町・下諏訪。

 

 

で、ちょっとまえまで、

「世界を股にかける」 

って言うと、バリバリのビジネスエリートを指す言葉だったと思うけど、、、

 

IT革命、

SNSの発達、

ブログ等の個人メディアの成熟、

交通革命、

ゲストハウスやAirBnBの普及、

などにより、21世紀は、

「普通の人でも世界を股にかけれるようになった時代」 

になってきたんじゃないかな?

 

世界中の情報がスマホで入るし、世界中に友達作れるし、飛行機も安いし、向こうに着いたらゲストハウスかAirBnBに泊まればいい。 

 

誰でも『人生の半径』を自由に設定できる時代

になってきたと思う。

 

僕なんて、日本社会では下の下の借金家庭の出身者だけど、20代はいろんな国を旅したし、今も派遣社員ながら、毎月のように下諏訪に通ってる。(8月はなんと3回も行った!)

 

今回、いっしょに節約旅行(ゲストハウス&青春18きっぷ)したミキコさんが、

「旅行って、新幹線に乗って移動して、1万円くらいの宿に泊まるのが『普通』だと思ってた!」

と言っていた。 

 

1泊2日のブロガー旅行中に、旅と旅行の違いについて考えた。旅行は旅要素を取り入れる事でもっと楽しくなる。 - 仲良し夫婦の家計簿

この旅行で使ったお金は、交通費を抜いて約13000円。3000円は旦那と職場へのお土産。残り1万円は、ゲストハウスに泊まったり美術館へ行ったり、いろんな物を食べたり、飲みに行ったり。かなり安くないですか!?

無理をして観光地に行かなくても、ゲストハウスの方に教えて貰った近所の穴場的お店を覗いたりするだけで、1日ゆっくり過ごせますし、お金もかからないと改めて思いました。

 

旅行も移動も、ここまで安くなれば、「誰でもできる行為」になった。

 

それでも、旅する人と旅しない人がいるのは、結局、

「する」かどうか

の違いに過ぎないと思う。

 

いや、別に旅するかどうかなんて個人の自由で、別にどっちでもいいんだけど、旅をしちゃった人は価値観が日本社会と合わなくなる人が多い気がする。

 

それは日本人だけじゃなくて、アメリカ人とかもそうで、アメリカではポートランドに元バックパッカーが集まりだしている。

ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる

ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる

 
TRUE PORTLAND -The unofficial guide for creative people- 創造都市ポートランドガイド Annual 2015

TRUE PORTLAND -The unofficial guide for creative people- 創造都市ポートランドガイド Annual 2015

  • 作者: BRIDGE LAB,黒崎輝男
  • 出版社/メーカー: メディアサーフコミュニケーションズ
  • 発売日: 2015/05/08
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

で、今、日本で一番、ポートランドに近い場所は、やっぱり諏訪地域だと思う。

 

特に、今、上諏訪でデザイナーの東野夫妻が作っている▼『リビルディングセンター・ジャパン』はポートランドの『リビルディングセンター』の公式日本支部だ。

諏訪にポートランドの『リビルディングセンター』を!誰よりも廃材を愛する東野唯史さんの挑戦を全力で応援します! - A1理論はミニマリスト

 

 

先週、『すわ まちの教室』に出席し、話を聞いてきましたが、▼本当に、なにもかもが「自由」な感じでした!

『すわ まちの教室』と『サロンしもすわ』に行って、諏訪地域の未来はとんでもなく明るいと思った!ダイジェスト版! - A1理論はミニマリスト

 

作業自体も本場ポートランドの『リビルディングセンター』と同じく、▼ボランティアのお手伝いさんも作業してたりして、ものすごく「開かれてる」気がしました!

廃材利用で豊かな暮らしを。信州諏訪にリビルディングセンターをつくる!の活動報告 - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

 

ここが完成したら、▼尾道のように、

0円で空き家をもらって東京脱出!

0円で空き家をもらって東京脱出!

 

 

空き家を改装して安く住んだりする若者が、気軽に趣味の店を開いたりして、自由に生きて行く町ができていくような気がします!

 

せっかく生まれてきたのに、家賃を払うだけに生きて、自分の『才能』を使わない人生はもったいなさ過ぎますもん!!

 

もう00年代までにように▼アジアに向かわなくてもいいんです!!

日本を降りる若者たち (講談社現代新書)

日本を降りる若者たち (講談社現代新書)

 

 

というわけで、生まれてからずっと『チャンスの国』を探していた僕が、今、一番、その有力候補と考えているのが日本の長野の諏訪地域です!! 

 

f:id:A1riron:20150630164910j:image

 

f:id:A1riron:20150630164929j:image

 

f:id:A1riron:20150630164947j:image

 

もちろん、来週もまた行きます!!ww 

もう、心は常に諏訪地域で、東京出稼ぎ状態です!!  

ミニマリズム ミニマリズム-生活 人生 人生-考え方

2021/5/10

『楽天経済圏』で生きていく!「ミニマムFIRE」まで5~10年働けば到達できる時代に日本は突入!!

これから『楽天経済圏』で生きていこうと考えているA1理論です! ちなみに2021年5月現在、楽天のサービスは楽天IDと楽天モバイルしか契約していません!楽天市場で買い物したこともここ43年ほどありません! 今回のこの記事では僕が楽天経済圏を選んだ理由と、ここ2ヶ月ほど僕なりに楽天経済圏の各サービスの情報を収集をしてきて、上記の僕なりの『楽天経済圏』の図を作成したのでそれらを説明していきたいと思います! 楽天経済圏に興味がある方、人生をコスパよく生きていきたい方の参考になれば幸いです! 目次1 日本社会のメ ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 ミニマリズム-生活

2021/5/5

夏恒例!1ドア冷蔵庫の霜取り作戦!今年は低温放置作戦をとりました!その結果をお伝えします!

一人暮らしで1ドア冷蔵庫ユーザーのA1理論です!今年で1ドア冷蔵庫歴は早11年目に突入です!! 1ドア冷蔵庫は場所をとらないので一人暮らし男子にはすごく便利なのですが、右上の冷凍部分に霜がついて、場合によっては扉が閉まらなくなるので、1年に1回くらい霜取り(氷取り)しないといけないのが大きなデメリットで、僕は毎年、夏頃に行っています。(冬は寒いのでオススメしません!) 今年は例年と少し違う作戦をとってみたので、その結果をお伝えいたします!! 目次1 ひとり暮らしの冷蔵庫にはハイアール商品が超絶オススメ!僕 ...

ReadMore

ブログ運営 ブログ運営-コスパのいいブログ運営研究 ミニマリズム ミニマリズム-生活

2021/5/4

楽天モバイル1年無料キャンペーンをギリギリ契約&OPPO A73を格安購入して1ヶ月使った感想&今後の家のネット回線について考えた!

先月、無事に1年無料キャンペーンギリギリで楽天モバイルユーザーになったA1理論です! ちなみに今まで9年ほどiPhoneを使ってきました。使ってきたiPhone端末は4S→5s→SE第一世代を3台です!今までのiPhoneのSIMはau→softbank→IIJ mio(BIC SIM)です! この記事ではそんな僕が楽天モバイル&Android端末であるOPPO A73を1ヶ月使ってみたぶっちゃけた感想を綴っていきたいです。 これから楽天モバイルを契約しようか考えている方、楽天経済圏突入を考えいる方、OP ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活 人生 人生-考え方

2021/5/3

ここ1ヶ月ほど疲れてぶっ倒れていたのでその原因を列挙してみる日記。

みなさん、お久しぶりです!(という書き出しで始まるブログ記事はその記事以降、ブログが続かなくなるというジンクスがありますが、ここではあえて書いてみました!) 先月、2021年4月はブログ記事が1記事しか書けませんでした。。。ここまでブログ記事が書けなかったのは2015年3月ぶりなんじゃないかと思います。 その原因は平日はおろか、土日はずっとぶっ倒れていて、ブログどころか掃除もできない土日もありました。しかも2回も。 今回の記事は極々個人的な、この4月にブログも書けず、掃除もできずにぶっ倒れていた原因を振り ...

ReadMore

ブログ運営 ブログ運営-コスパのいいブログ運営研究 ミニマリズム ミニマリズム-生活

2021/4/4

【4/7まで!】今まで楽天サービスを使ったことなかった僕が楽天モバイルを4/7のキャンペーン終了までに契約する10の理由!

『固定費ミニマリスト』のA1理論です!! 2021年4月現在の日本では『固定費』の大きな部分を占める「通信費」がまさに戦国時代の様相を呈しています! そんな中、今までの人生で楽天のサービスを一切、使ってこなかった僕が、この度、スマホの2回線めのサブ回線として楽天モバイルを4/7までに契約しようとした理由をこの記事でお伝えいたします!!まぁ、4/7までの▼キャンペーンで『Rakuten UN-LIMIT VI』プランで1年間ネット代が無料なのもありますが、他にも10こほど理由があったので、自分の頭の整理も兼 ...

ReadMore

-人生, 人生-考え方, , 旅-国内

© 2021 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5