ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリスト本 ミニマリズム-ミニマリズム論 人生 人生-考え方

『生産性』の議論は「生産性が低い」んじゃないかな?『生産性』って『才能』のひとつな気がする。

※ちきりんさんをリスペクトしています。

 

今日、ふと思ったこと。

(最後の▲これは超蛇足ww)

 

ちきりんさん(や伊賀さん)が、

「人生の『生産性』を上げよう!!」

って言うのは、僕にはものすごくわかる!!

いや、もう、めっちゃわかる!!

 

なので、先週▼リスペクト記事を書いた!

ちきりん著『自分の時間を取り戻そう』はコスパ最強人生の指南書!しかもKindle版なら損じゃーねぇ!! - A1理論はミニマリスト

自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

 

 

けど、よく考えたら、、、、

『最上志向』な人は、ハナっから『生産性』重視で生きてるから、

「なにを今さら?」

になるんじゃないかな???

 

なぜなら、『最上志向』は、雇われ人の国である▼『ペンギンの国』では仇になる才能だから。

ブロガーのストレングス・ファインダー結果に『最上志向』が多いのは「ペンギンの国」ではそれが仇になってるからなんじゃないかな?絵本『ペンギンの国のクジャク』 - A1理論はミニマリスト

 

日々、PDCAサイクルを回しまくる『最上志向』な人たちにとって、『生産性』こそがすべてであって、

「それ以外になにがある???」

なんじゃないかな?

 

そういう人たちは、たぶん、

「人生は有限」

という▼ことを知ってるんだと思う。

人生の有限感 - Chikirinの日記

 

▼『メメント・モリ』ってやつです。

メメント・モリ - Wikipedia

 

で、それって、

僕はひとつの『才能』だと思うんですよね。

「『生産性』を上げることができる能力者」。

 

生産性

生産性

 

伊賀泰代さん著『生産性』のしくみを個人の人生に応用して、自分の時間を取り戻そう! - A1理論はミニマリスト

 

 

で、その『才能』がない人に無理くり、力ずくで『生産性』を上げようとしても、たぶん、あんまりうまく行かない気がする。

 

どれだけ『生産性』の重要性を説いても、ずっとニコニコしてたり、話を逸らしたり、『出来ない理由』を探し始めたり。

(ちなみに『出来ない理由』の相場は、おカネがない、時間がない、親のせいで今住んでる地方から出れない等w)

 

それを無理やりパワーで『生産性』を上げようとすると良からぬことが起きると思う。

チープトリックが『パワー』で露伴の背中にくっついていたのではなく、『能力』でくっていていたのと同様で、アクト3が無理やり『パワー』で引っぺがそうとしても、露伴の背中が裂けるだけの結果に終わるだけなのだ。

(な、なにを言っているのかわからないと思うが、お、俺もなにを言っているのかわからない。。。)

 

 

ただ、僕は、

『生産性』や『最上志向』がない人も、それはそれで否定されるべきではない

と思っている。

 

その人にも別の才能があるわけであり、それが、「資本主義社会ではあんまり評価されない才能」だったってだけで、それに対して落ち込んだり、バカにしたりする権利は何人にもない。

 

『資本主義』自体が、ほんのここ200年ほど、人類の間で流行っているだけの宗教であって、それ以上でもそれ以下でもない。

 

いや、そもそも▼人類自体が存在意義がないのだw

人類自体が存在意義ないんだから、普通に生きてもダメに生きてもどっちでもいいと思う。 - A1理論はミニマリスト

 

なので、

『生産性』がある人は、単なる『そういう人』というだけ

だと思う。 

 

自分の生まれ持った『才能』を存分に発揮して生きることこそが、僕は一番、『自然体な人生』であって、『上善』(最も良いこと)は『水の如く』流れるままに生きて行くことだと考えている。

白瀧酒造 上善如水 純米吟醸 瓶 1800ml

白瀧酒造 上善如水 純米吟醸 瓶 1800ml

 

『心のままに生きて行けばいいさ』と、君は笑った、だろう。

(「だろう」かいっ!w) 

 

 

というわけで、ちきりんさんの作成した▼この図。

(ていうか、右上の「企業家」の絵、孫じゃーね?) 

 

 

僕は、

実際には▼こうなると思います。 

f:id:A1riron:20161206224601p:plain

 

いくら、ちきりんさんに、

「こっちよ!」

と誘われても、

「『生産性』を上げることができる才能」 

を持たない一般人は、

「『生産性』を上げることができる才能」の有無を分ける『鉄のカーテン』の向こう側には行けず、結局、低生産性の「メリハリ型」に落ち着くんじゃないかな? 

 

低生産性の「メリハリ型」な生き方は、本でいうと▼こんな感じです。

アイム・ミニマリスト

アイム・ミニマリスト

 
20代で隠居 週休5日の快適生活

20代で隠居 週休5日の快適生活

 
年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

 
ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 
0円で空き家をもらって東京脱出!

0円で空き家をもらって東京脱出!

 

 

けど、これって、僕は、

「幸せな時代」 

だと思っている。

 

だって、ちきりんの言う「自立不可能」には陥ってないから。

 

というか、この国の今の時代に生きている以上、餓死する確率は極めて低いのだから、「ギリギリ死なない程度」に生きて行くのはそんなに難しくないと僕は思います。

※個人の意見です。

 

 

で、僕が、

「幸せな時代」

と思うのは、20世紀の頃は、たぶん▼こんな感じで、縦にも『鉄のカーテン』が敷かれていて、4者間の行き来は極めて困難だったと思う。 

 

f:id:A1riron:20161206225809p:plain

 

特に、低生産性の「全投入型」と「メリハリ型」の壁は厚く、低生産性「全投入型」人間からしてみれば、低生産性「メリハリ型」人間は、なんか、

「あっちの世界の人間」

と思われていたと僕は思う。

 

ヒッピー・コミューンはじめ「あっちの世界の人間」も、コミュニティ的にはやはり閉じていて、

「近寄りがたい空間」

になってたんじゃないかな?

って思う。

 

 

けど、

今はネットやSNSのチカラもあり、低生産性「メリハリ型」の世界はものすごくオープンだと思う。

 

例えば、facebookページでYADOKARIサポーターズや上諏訪リビセンサポーターズも募集しているし、ミニマリストのオフ会も盛んだ。

東京日本橋・小伝馬町に▼「ミニマリスト・バー」もできた。

東京日本橋にミニマリスト・バーが誕生!まるで毎日小屋フェス!近くに複合型ゲストハウスも! - A1理論はミニマリスト

 

シェアハウスはもう東京都内にかなりあるし、ゲストハウスのイベントも誰でも参加できる。 

 

低生産性「メリハリ型」の門戸は広く世界に開かれているのだ。

それどころか、ポートランドのリビルディングセンター本家の目標は売り上げを上げることではなく、「コミュニティを作ること」だったりする。

 

雑誌でいうと▼ソトコト的世界だ。

(111)ぼくらは地方で幸せを見つける (ソトコト流ローカル再生論)

(111)ぼくらは地方で幸せを見つける (ソトコト流ローカル再生論)

 
SOTOKOTO(ソトコト) 2017年 01 月号 [雑誌]

SOTOKOTO(ソトコト) 2017年 01 月号 [雑誌]

 

 

 

そして、

逆に、低生産性「全投入型」の人間はもう限界に近くなっている

と僕は思う。

 

20世紀の頃は長時間労働でもそれに見合う給与がもらえたし、もらえなかったら、労働組合によるストライキやベアアップを要求できた。

 

けど、今は労働組合もないし、さらに派遣社員は給与の数割を派遣会社にピンハネされる。

 

その割に、給与は一向に上がらない。

で、組織の中でそれだけ『生産性』を高めても評価されない。

そして雇用者は20世紀と同じ水準かそれ以上の長時間労働を求める。

 

 

その状況に、

「やってられるか!!」 

と思った人は、

たとえ『生産性』をあげる才能がなくても、生きていける時代になった

と、僕は思っている。

 

それは、基本的に、

「幸せな時代」

だと僕は思う。 

 

で、なんでそういう時代になったのかと考えると、僕は、

「資本主義が『カンスト』してきた」

と考えている。

 

資本主義が成熟してきたから、死に物狂いで稼がなくても、ミニマリスト生活や地方で空き家再生しながら生きていくだけで、生活はできるようになったんじゃないかな?

ってポジティブに考えています。

 

というわけで、

『生産性』を上げる『才能』がなくたって生きていけるし、そんなのあんまり気にしなくてもいいよ!!

ってことで!!

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリズム論

2022/1/23

ミニマリスト気質な中田敦彦さんとマキシマリスト気質な宮迫博之さんの『牛宮城』問題について僕なりに考えた。

上記画像は 宮迫ですッ!【宮迫博之】チャンネル 【Part④】最終決戦!黒幕登場【WinWinWiiin 宮迫博之編】より 今、YouTube界隈で話題になりまくってるお店があります!宮迫博之さんが2022年3月1日に渋谷の繁華街にオープンさせる焼肉屋さん『牛宮城』問題!もうこれどうなっちゃうのか「ハラハラなエンターテイメント」化しちゃってますね。 そして年末年始にその本質に切り込んだ中田敦彦さんと宮迫博之さんとの一連の動画というか騒動が「ミニマリストとマキシマリストのマインドの対比」という文脈で見ると中 ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活 人生 人生-考え方

2022/1/22

あおぞら銀行BANK支店の預金残高が人生の残りHP(ヒットポイント)!

人生は「1に健康、2におカネ!」がモットーのA1理論です!ここ数ヶ月は失業保険+コロナ特例を利用して仕事を一旦お休みして、「健康」と「おカネ」についていろいろ見直してきました。 「健康」に関しては詳しくはこのブログの他の記事に譲るとして、「おカネ」に関しては今回の記事では、 「『あおぞら銀行BANK支店』に『生活防衛資金』を入れると人生がだいぶ楽になるんじゃないか?」 ということをお伝えしたいと思います!(なお『あおぞら銀行BANK支店』の名称は、最近は『支店』が取れて『あおぞら銀行BANK』と呼ぶらしい ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリスト本 ミニマリズム-生活

2022/1/19

『内臓脂肪ミニマムクエスト』のオプションクエストとして『頭髪マキシマムクエスト』が超オススメ!

昨年、21kgやせて別人になったA1理論です! そのダイエット経験から「男の『内臓脂肪ミニマムクエスト』」として去年の年末に▼この記事にまとめました! 男の『内蔵脂肪ミニマムクエスト』〜男がやせるまでのシンプルな10ステップ〜 上記記事の最後に『内臓脂肪ミニマムクエスト』クリア後のオプションクエストとしていくつかのクエストを書いていますが、実は現在『頭髪マキシマムクエスト』に挑戦中です! 今回はそんな『内臓脂肪ミニマムクエスト』後の『頭髪マキシマムクエスト』がなぜオススメなのかと、僕なりのクエストステップ ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2022/1/15

年始の高田馬場周辺旅!『甘露』『水稲荷神社』『こだわり商店』『橙子猫』『タビビトの木』ダイジェスト版!

2022年の年始を高田馬場で静かに過ごしたA1理論です! 4年間通い、18年ほど住んでいるいつもの街ですがまだまだ知らないところも多く、でも1人ではなんとなく行きづらいカフェなどが多い高田馬場エリアですが、この年始の1月8日にブログ仲間のもーいさんといっしょにいろいろ巡ってきました!(近所に住んでいる学生寮時代からの同室のエスタークはカフェ等には興味なしw) 日記的な記事ですが、高田馬場・早稲田エリアのカフェ選びなどの参考になれば幸いです! 目次1 2022年の年始に人生について考えたこと。2 高田馬場駅 ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2022/1/13

年末の高田馬場周辺旅!『鎧神社』『松本湯』『馬場FLAT』『ミラノ食堂』ダイジェスト版!

年末年始はどこにも行かず、帰省もリモートで、ひたすら高田馬場周辺をうろうろ散歩したA1理論です! 散歩と言っても僕の場合はスマホでGoogleドキュメントでブログを書きながら歩くという特殊なモノですが、そんな日々の中でずっと行きたかった近所の場所にも行けたので記事にまとめました。正直「記事にしなくてもいいかなー。」とも思ったのですが、まぁA1理論はこんな感じで高田馬場周辺で暮らしてますよってことで!高田馬場周辺の穴場スポットを知りたい方などにお役に立てれば幸いです! 目次1 平将門伝説を語り継ぐ北新宿の『 ...

ReadMore

-ミニマリズム, ミニマリズム-ミニマリスト本, ミニマリズム-ミニマリズム論, 人生, 人生-考え方

© 2022 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5