ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-国内

埼玉県『小川町オーガニックフェス2017』に初参加してきました!でもその日の僕の参加可能時間は1時間だけだった!

2017年9月9日!

 

埼玉県の小川町で行われた▼『小川町オーガニックフェス2007』(通称:オガフェス)に初参加してきました!

Ogawa Organic Fes (小川町オーガニックフェス)

”有機の里”で開催されるオーガニックの祭典。
世界的オーガニックタウン”埼玉県小川町”で
『五感でオーガニックを感じる一日』を。

 

www.youtube.com

 

埼玉県比企郡小川町は、

生産されるすべての農産物を有機農法にしてしまったという世界的にも珍しい町!

 

www.youtube.com

  

その町でこのオーガニックフェスが初めて開催されたのが2014年で、今回は4回目の開催! 

 

その情報をたまたま見つけた時、

「おおおお!!!これは行きたい!!!」

と思ったのですが、、、

 

なんと!

その日は14時から東京の谷根千『block』で下諏訪ボンゴザイベントがあったのだ!!

 

しかし、オーガニックフェスは午前10時から。

で、電車の時間等をいろいろ調べてみると、、、

 

「あ、最初の1時間くらいは参加できる!!」

とのことで、

たった1時間参加するために往復5時間かけて小川町まで行ってきました!!

 

その日は小川町から東京・根津の下諏訪イベントで、その後は飲み会、そして翌日はふるさと回帰フェア、というかなり強行な土日スケジュールです!w

 

ちなみに当日、会場で配られたフェスの▼会場マップ!

この会場マップが事前に欲しかった!w

 

ステージは音楽ステージとトークステージの2つがあり、時間的にはそれぞれ交互にイベントが行われます!!交互にすべてのイベントを聞くことも可能!

 

 

というわけで、朝!

無駄に早起きw

 

電車に乗るのも数日ぶり!

 

そして、目的地は果てしなく遠い!w

 

ブツブツつぶやいていたら、小川町駅に到着!

そこから乗り換えて東部竹沢駅へ!

東部竹沢駅から帰れば、オーガニックフェスに1時間参加後、下諏訪イベントに間に合うんです!

なので、行きも竹沢駅ではなく、東武竹沢駅から行くことにした!

会場まで徒歩40分とのこと!

 

マップにはこの線路を渡って254号線沿いに行くように書いてあるけど、結果的にはこの線路、渡らなくて良かったw

 

これが失敗です!

googleマップ的には近道に見えますが、このルートは絶対に行ってはいけません!w

 

以下、その失敗談w

これ、かなりぜいぜい言いながらつぶやいていましたw

 

眺めは良かったのですが、会場はさらにここから下で、下に向かう道も山道でかなり狭く大変でした。。。

もう、このルートはダメ!ゼッタイ!!

(まぁ、僕の場合は虫よけも塗ってたし、運動になったとポジティブに考えよう!!w)

 

というわけで、開始時間の10時を少し回ってしまいましたが、、、

 

で、ここで上記マップを見る。

オープニングトークはCエリア(環境&トーク)とのこと!

(僕が降りてきたのはCエリアの裏w)

 

でも、なかなか始まらないのでAエリア(音楽&フード)やBエリア(マルシェ&キッズ)をうろうろw

家族連れが続々と集まって来ていました。

Aエリアではフード販売が始まってました!!

 

そして、Cエリアに戻ると、、、

 

すぐにわかりましたw

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

 

 

オープニングトークが始まったのは10:15くらい。

11時には会場を出ようと思ってたので、参加可能時間はあと45分!w

まだ、なんにも食べてない!!w

 

 

この金子さんの話が熱かった!!

けど、会場も同じくらい熱かった!!w

 

参加可能時間はあと30分!!

 

変なのがウロウロしていたw

 

 

オープニングトークは四角さん含めた発起人の数人が一人ずつ話していくスタイル。 

 

「でも、この話を全部聞いてたらなにも食べれないぞ!?」

って思った。

 

かなりのオーガニックフードがあるのに食べれないなんて、オーガニックフェスに来た意味ない!!

というか、朝からなんにも食べてない上に、山登りまでして、腹ペコ!!w

 

Bエリア(マルシェ&キッズエリア)を再びウロウロした後、、、

 

おからドーナツを購入!

(これは下諏訪イベントで配るつもりがすっかり忘れてた!w)

下諏訪「キレイになろうよ!プロジェクト」にも出展していた生活クラブ!

いろんなイベントにいるんですねw

 

 

 

甘酒に惹かれて行くと、横で揚げていたライスボールが美味しそうだったので購入!!

どっちもめっちゃ美味しかった!!

 

お店の人に、

「どこからいらしたんですか?」

と聞かれたので、

「東京からなんですけど、もう東京に帰らないといけなくて、、、」

というと、

「あらまあ!」

と言われましたw

 

で、この時点で参加可能時間はあと10分ほど!!

 

で、Cエリアに戻ると、トークが終了していて、四角さんも知り合いっぽい人と話していました!!

 

 

で、そのお話が終わりそうな頃合いを見計らって、四角さんに、

「ども!A1理論です!」

と言うと、

「おー!!」

と、固い握手!w

 

▼この時と同じだ!w

『モバイルボヘミアン』トークライブで四角大輔さんと「ウェーイ!!」してきたよ!! - A1理論はミニマリスト

 

四角さんはこのフェスの発起人の一人なので、

「いやー!東京から遠いのにここまで来てくれて嬉しいわー!!w」

と、すごく喜んでくれた!!

 

で、しばらく話した後、僕は、

「で、実は僕、東京でイベント参加しないといけなくて、もう帰らないといけないんですよw」

と言ったw

 

四角さんも、

「ええっ!?」

みたいなww 

 

 

というわけで、

最後に四角さんと記念写真を撮って、来た時とは違う正規ルートで帰るために駐車場のほうに向かおうとすると、、、

 

「そのTシャツのReBuilding Centerって、ポートランドのですか??」

と聞いてきた女性が!

どうやら四角さんの関係者らしく、ポートランドがルーツの女性のようです!

 

上諏訪のリビセン・ジャパンは知らなかったらしく、

「去年、日本の諏訪地方にリビセン・ジャパンが出来たんですよ!これはそこのTシャツです!」

と、リビセンと諏訪地域の説明をミニマムにして、、、

 

その後、

「それでは!」

と、少し駆け足で帰路へ!w

 

 

もし東部竹沢駅からの11:45発の電車を乗り過ごしたら下諏訪イベントに遅刻してしまう!

僕が呼んだ友達も来るのに!!

 

というわけで、

バイバイ!オーガニックフェス!!

 

で、正規ルートを駆け足で歩いていると、意外とすぐにさっきの分岐点まで着いたw

山越えをする必要性なんて全くなかったw

 

なんか余裕になってきて▼こんな写真まで撮る始末w

 

で、はやばやと東武竹沢駅に到着!w

 

しかも、254号線にも降りずにずっと山側を歩いたので、かなり早かったw

254号線は歩道もないところもあるので歩きにくいし、結果的に遠い。

 

なので、僕のオススメは、▼この赤い線のルートです!

254号線を通らずに、山側の道を通り、橋の手前で254号線に合流し、そこから先は正規ルートで会場へ!

これだと東武竹沢からでも30分くらいで到着すると思います!

 

で、途中に山道がありますが、ここは絶対に通っちゃダメ!

ここを通ると、途中の休憩等も含めて、トータル1時間弱くらいかかります!

途中で「ヘビ・マムシに注意!」って看板もあったし、蜘蛛の巣もすごかったので、もうこのルートはダメ!ゼッタイ!!w

 

あと、小川町からのシャトルバスは時間が決まっておらず、

「人が集まったら出発」

という感じらしいので、時間がギチギチの時は不確定要素が高過ぎると思いました。

帰りの会場から小川町からも同様です。

(一応、1時間に4~6台。往復500円・小学生以下無料・9:15~17:00。車で来る場合も小川町に駐車し、そこからシャトルバス。)

 

 

それと、山のルート通らなかったとしても、会場は山の中のキャンプ場みたいな感じなので、やっぱり虫よけは必要ですね~。

 

僕は少なくとも、▼これを塗っていけば刺されませんでした!! 

スキンガード 虫除け・忌避用品 スキンガードアクア ミストタイプ 50ml

スキンガード 虫除け・忌避用品 スキンガードアクア ミストタイプ 50ml

 

 

 

というわけで、僕は、一路、東京の根津へ!!

 

 

『小川町オーガニックフェス2017』の感想をまとめると、

 

アクセスについては、、、

・時間がギチギチならシャトルバスは厳しいかも

・竹沢駅・東部竹沢駅からの歩きルートは上記ルートがベスト!

・虫よけは必須!

 

イベント自体については、、、

・1人で行くなら1時間でも十分かも。 

・会場は晴れてたらかなり暑い。特にCゾーンは日陰も少なくキツイ。帽子必須!

・フードはオーガニックにしてはリーズナブル。 

・お子さん連れは楽しめそう。

・お子さんいないなら、フードメインで1~2時間くらいで十分かな。それ以上いると暑くて帰るのがしんどくなりそう。 

という感じでした!! 

 

小川町は埼玉でありながらも、かなり自然あふれる場所なので、

自然の中でオーガニックなフードが楽しめるイベントとしては秀逸だと思いました! 

  

仲がいい友達、ミニマリストっぽい友達とかとハイキングがてら行くと楽しめそうです!

 

フェスはお目当てのアーティストの時間メインで2時間ほど参加して、ついでに川越小旅行とか、▼東松山で焼き鳥食べ歩き旅とかと組み合わせてもいいかも!!

名物やきとりのルーツ/東松山市ホームページ

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2021/10/22

A1理論流『酒醸(チューニャン)』と柿とホット豆乳のおやつ!まろやかで温かい秋の味覚を楽しめます!

最近、中国甘酒の▼『酒醸(チューニャン)』と、▼『柿ダイエット』の記事を書いたA1理論です!w 中国の元祖甘酒『酒醸(チューニャン)』を野菜炒めに入れてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ! 柿はコスパ最強の『百果の王』!食欲の秋は柿ダイエットで体重をミニマムに! 上記記事で『酒醸のおやつ』を作りましたが、「あれ、もうちょっと上手く作れば美味しくなるなぁ。」と思っていたところに『柿ダイエット』の記事を書いていて、「そうだ!『酒醸』がまだ余ってるから柿を入れて中華スイーツっぽくしてみよう!しかも次は豆乳で!」と ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2021/10/22

柿はコスパ最強の『百果の王』!食欲の秋は柿ダイエットで体重をミニマムに!

『食欲の秋』ですが、最近、午前中に柿を2個ずつ食べていって午後の食事量を減らし、どんどん体重が落ちてきてるA1理論です!ちなみに食べているのはスーパーに普通に売っている種無しの甘柿です! そんな、美味しくて、安くて、さらに上手にやせれる柿は昔から『百果の王』と言われていたらしく、最近、それをすごく実感しているので記事にまとめてみました! 食欲の秋だからこそ、柿を効率的に使って体重をミニマムに!! 目次1 『百果の王』の柿はフルーツ界のライオン!2 王の割にコスパ最強!!3 柿1日に2個までという制限付き! ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 ミニマリズム-生活

2021/10/22

中国の元祖甘酒『酒醸(チューニャン)』を野菜炒めに入れてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ!

最近、いろんな人に「甘酒はいいよ!」と言い続けていたA1理論です。 すると近くの中国人が中国の甘酒である『酒醸(チューニャン)』というモノをくれたので、ちょい興味本位で料理してみたら美味しかったので記事にしてみました! 目次1 中国の甘酒みたいなモノ、『酒醸』とは?2 別の日本人の手作り甘酒を飲んで「手作りでもこんなに美味しい甘酒作れるんだ!」と思った。3 まずは『酒醸』について調べる!ダイレクトに食べると日本人には酸味がキツい!4 『酒醸』スィーツを大量に作ってしまい、この日のご飯はこれで終了w5 野菜 ...

ReadMore

ミニマリズム 旅-東京ぶらり旅

2021/10/20

10月の駒込散歩!『ナーリッシュ』『東洋文庫』『六義園』『ミドルガーデン コーヒースタンド 』ダイジェスト版!

緊急事態宣言中、ずっと大人しくステイホームしていたA1理論です。今回はこの10月に緊急事態宣言が明け、久しぶりに東京の駒込を小旅行したので記念も兼ねて記事にしたいと思います!久しぶりの旅記事っぽい旅記事です! 今後、駒込を散歩したいミニマリスティックな方の参考になれば幸いです! 目次1 緊急事態宣言明けの東京・駒込の小旅行2 野菜と大豆ミートがむちゃくちゃ美味しかった自然野菜レストラン『ナーリッシュ』3 アジア横断したバックパッカーにはたまらなかった『東洋文庫』4 『知恵の小径』を通り、小岩井農場が運営す ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2021/10/17

池袋駅構内の『レスキュー直売所』がすごかった!新鮮な生産者野菜を格安で購入可能!そしてめちゃくちゃ美味しかったよ!

今年6月から5ヶ月で15kgやせて、最近は『野菜が主食!』をモットーにしている健康第一ブロガーのA1理論です! 今回はずっと気になっていた、埼玉県の直販所でその日に売れ残った新鮮野菜を夕方の東武鉄道の『上り』電車で運んできて、東武池袋駅構内で売りさばいてしまおう!という試みの『レスキュー直売所』に行ってきたのでtwitterメインで実況中継風にレポートします!その後、実際に家で野菜を料理してみて食べた感想や、そこから考えたこともtwitterメインで書きます! 『レスキュー直売所』が気になる方、持続可能な ...

ReadMore

-ミニマリズム, ミニマリズム-レシピ・食事, , 旅-国内

© 2021 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5