人生 人生-考え方 旅-国内

2010年代、アジアから日本への『引揚者』達の時代背景を考えてみた。

昨日、こんな記事を書きました。

部屋に『ゴール』のポスターを貼って、人生の『ゴール設定』をしよう! - A1理論はミニマリスト

 

僕は投稿はfacebookと連携しているのですが、この記事を読んだ、昔からの旅友達から、

「最近、私のまわりでも、海外経験豊富な人達が続々と日本の地方への移住を決めていて、興味深いんですが、まさかA1理論さんまで!」

と、コメントがありました。

 

それを読んで、

「ああ、やっぱりそうか。」

と思いました。

 

 

80年代から00年代の30年間くらいは何事も日本よりアジアのほうがコスパ良かったんじゃないかな、と、僕は思います。

 

80年代・90年代は旅行コスパが良かった。

00年代はそれに加えて移住コスパも良かった。

 

アジア大好きな僕は日本自体に全く興味がなく、日本にいても海の向こうのことばかり考えていました。

 

 

けど、2010年代に入って、日本のほうが旅行コスパも移住コスパも良くなってきたんじゃないかな、と思う。

 

旅行コスパに関しては、LCC、高速バス、ゲストハウスが国内旅行においてはかなりの価格破壊を起こしたと思ってます。

日本人の「旅行」って、国内外ともに団体旅行のツアーがメインで、割高過ぎたし、無駄なお土産もめちゃくちゃ買わされる。もうこれは論外。

 

で、国内を個人旅行するには2010年代まではあまりにも高過ぎて、逆にアジアがあまりにも安すぎた。 

アジアはアジアで確かに電車の予約が取れてないとか、インド人が勝手に俺の寝台席で寝てるとか、何食べても食あたりを起こすとか、アジアクオリティーだったりするんだけど、コスパ考えたら断然にアジアだった。

が、日本クオリティのサービスが格安で受けれるならアジア旅行より日本の国内旅行のほうがコスパが逆転し始めた気がする。

 

 

移住コスパに関しては2005年~2010年頃は、結構、

「これからはアジアだ!」

みたいなノリが企業にもあり、それが最終的に個人にも伝播して、成長が激しいアジア就職でイケイケ的なノリも確かにあった。

確かに、一部の個人にはコスパのいい状況だったのだろうけど、あくまで一部の人に留まった気がする。

 

たぶん、大多数の人には、英語を覚え、ビザをとり、慣れない土地で働く割には、コスパが悪い、と感じられたんじゃないかな?

日本企業の海外支社は本社からバシルーラされた人間の掃き溜めだったりする。

海外でバリバリ働きたかったのに、結局はそいつらの世話かよ、みたいな。

 

 

けど、アジア旅にしろ、アジア就職にしろ、本当に実行に移す人は、日本の人口割合からしてみればものすごく少数だったと思う。

たぶん、狭い業界で、共通の知り合いとかめっちゃ多かったんじゃないかな。

 

 

で、おそらく、2011年の震災で、かなり多くの人が移住を考え始めたこと、空き家率が年率1%の割合で増加していることで、地方なら家賃1~2万円くらいで空き家が一軒まるまる借りれたりすること、スマホの普及等で、、、

2010年代は日本の『地方移住』のほうが「普通の」日本人にとってはコスパが良くなってきたんじゃないかな、と思う。

 

さらに国内旅行コスパも同時に高くなってきたし、当然、サービスは日本クオリティ。

いやむしろ、田舎のほうが都会よりホスピタリティがヤバいw 

 

海外移住の本を出し続けてきた本田直之さんが最近は『脱東京』本を出すくらいですからね!

脱東京  仕事と遊びの垣根をなくす、あたらしい移住

脱東京 仕事と遊びの垣根をなくす、あたらしい移住

 

 

 

東京消耗系のブログにPVが集まるのも自然な流れなのかもしれません。

 

 

けど、田舎出身で、20歳から東京にいる僕から言わせてもらうと、東京ほどいいところないですよ。仕事多すぎ。

 

しかも、現在は東京に行きさえすれば、仕事はなにかしらある、という未曽有の人不足。

少子化と、働かない実家在住若者の増加と、地方移住で、東京からどんどん労働者人口が減っていってる気がします。

その割に主にアジア人のインバウンド需要が高い。

 

 

なので、今の日本は、

・東京もオイシイ

・地方もオイシイ

・旅行もオイシイ

・食べ物もオイシイ

・あたりまえだけど、ビザにも悩まなくていい

というかなりの好条件だと思います。

温泉もありますしねw

 

これは30年ぶりくらいの、日本人の「日本回帰」現象なのかもしれません。

21世紀の『引揚者』。

日本に引揚げた人々―博多港引揚者・援護者聞書

日本に引揚げた人々―博多港引揚者・援護者聞書

 

 

ただ、日本は基本的に冬寒いし、夏熱い。(暑いというより、熱いw)

快適に生きていきたいなら、夏は長野や東北で生活し、冬は沖縄や東南アジアのタイ等で生活するのが、残りの人生のQOLを上げる最適解なんじゃないかな、と、今の僕は考えています。 

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2021/10/22

A1理論流『酒醸(チューニャン)』と柿とホット豆乳のおやつ!まろやかで温かい秋の味覚を楽しめます!

最近、中国甘酒の▼『酒醸(チューニャン)』と、▼『柿ダイエット』の記事を書いたA1理論です!w 中国の元祖甘酒『酒醸(チューニャン)』を野菜炒めに入れてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ! 柿はコスパ最強の『百果の王』!食欲の秋は柿ダイエットで体重をミニマムに! 上記記事で『酒醸のおやつ』を作りましたが、「あれ、もうちょっと上手く作れば美味しくなるなぁ。」と思っていたところに『柿ダイエット』の記事を書いていて、「そうだ!『酒醸』がまだ余ってるから柿を入れて中華スイーツっぽくしてみよう!しかも次は豆乳で!」と ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2021/10/22

柿はコスパ最強の『百果の王』!食欲の秋は柿ダイエットで体重をミニマムに!

『食欲の秋』ですが、最近、午前中に柿を2個ずつ食べていって午後の食事量を減らし、どんどん体重が落ちてきてるA1理論です!ちなみに食べているのはスーパーに普通に売っている種無しの甘柿です! そんな、美味しくて、安くて、さらに上手にやせれる柿は昔から『百果の王』と言われていたらしく、最近、それをすごく実感しているので記事にまとめてみました! 食欲の秋だからこそ、柿を効率的に使って体重をミニマムに!! 目次1 『百果の王』の柿はフルーツ界のライオン!2 王の割にコスパ最強!!3 柿1日に2個までという制限付き! ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 ミニマリズム-生活

2021/10/22

中国の元祖甘酒『酒醸(チューニャン)』を野菜炒めに入れてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ!

最近、いろんな人に「甘酒はいいよ!」と言い続けていたA1理論です。 すると近くの中国人が中国の甘酒である『酒醸(チューニャン)』というモノをくれたので、ちょい興味本位で料理してみたら美味しかったので記事にしてみました! 目次1 中国の甘酒みたいなモノ、『酒醸』とは?2 別の日本人の手作り甘酒を飲んで「手作りでもこんなに美味しい甘酒作れるんだ!」と思った。3 まずは『酒醸』について調べる!ダイレクトに食べると日本人には酸味がキツい!4 『酒醸』スィーツを大量に作ってしまい、この日のご飯はこれで終了w5 野菜 ...

ReadMore

ミニマリズム 旅-東京ぶらり旅

2021/10/20

10月の駒込散歩!『ナーリッシュ』『東洋文庫』『六義園』『ミドルガーデン コーヒースタンド 』ダイジェスト版!

緊急事態宣言中、ずっと大人しくステイホームしていたA1理論です。今回はこの10月に緊急事態宣言が明け、久しぶりに東京の駒込を小旅行したので記念も兼ねて記事にしたいと思います!久しぶりの旅記事っぽい旅記事です! 今後、駒込を散歩したいミニマリスティックな方の参考になれば幸いです! 目次1 緊急事態宣言明けの東京・駒込の小旅行2 野菜と大豆ミートがむちゃくちゃ美味しかった自然野菜レストラン『ナーリッシュ』3 アジア横断したバックパッカーにはたまらなかった『東洋文庫』4 『知恵の小径』を通り、小岩井農場が運営す ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2021/10/17

池袋駅構内の『レスキュー直売所』がすごかった!新鮮な生産者野菜を格安で購入可能!そしてめちゃくちゃ美味しかったよ!

今年6月から5ヶ月で15kgやせて、最近は『野菜が主食!』をモットーにしている健康第一ブロガーのA1理論です! 今回はずっと気になっていた、埼玉県の直販所でその日に売れ残った新鮮野菜を夕方の東武鉄道の『上り』電車で運んできて、東武池袋駅構内で売りさばいてしまおう!という試みの『レスキュー直売所』に行ってきたのでtwitterメインで実況中継風にレポートします!その後、実際に家で野菜を料理してみて食べた感想や、そこから考えたこともtwitterメインで書きます! 『レスキュー直売所』が気になる方、持続可能な ...

ReadMore

-人生, 人生-考え方, , 旅-国内

© 2021 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5