人生 人生-考え方 旅-国内

ゲストハウスで承認欲求を満たす人。シェアハウスで承認欲求を満たす人。

僕は今まで、

学生寮で4年間生活し、

欧米やアジアのゲストハウス(ユースホステル含む)にトータル約2年弱宿泊し、

20代後半は旅で会った奴とトータル1年ほどルームシェアしていました。

 

また、30代後半から、日本にでき始めたゲストハウスにも宿泊するようになりました。

 

同じ時期に始めたはてなブログでそんなゲストハウス記事を書くと、はてなやミニマリストと親和性が高かったのか、いろんな人がゲストハウスに宿泊し始めました!!

 

去年の夏、ゲストハウス紹介サイト『FootPrints』のクラウドファンディングに出資&ブログ宣伝したことにより、編集長の▼だりさんとも仲良くなりました!

クラウドファンディング『CAMPFIRE』の支援リターンで『FootPrints』のだりさんとSkypeしました! - A1理論はミニマリスト

 

シルバーウィークにはお互いの知り合いを集め、『ゲストハウス』×『ミニマリスト』オフ会も開催しました!!

『ゲストハウス』×『ミニマリスト』=『超楽しい!!!!!!』なシルバーウィークでした!! - A1理論はミニマリスト

 

 

そんなこんなで、今まで見て来たいろんな人のことを振り返ると、

・ゲストハウスで承認欲求を満たす人

と、

・シェアハウスで承認欲求を満たす人

の2種類の人がいるように思えてきました。

 

 

そう考えるようになった時、▼こういう記事がアップされました!

交流目的でシェアハウスに住むと痛い目をみる - ブログタイトル思いつかない

実際にシェアハウスに住んでた人の記事!w

 

これって、僕の学生寮のノリに酷似してるんですよねー。

 

学生寮やシェアハウスが好き過ぎる人って、なんかもう、その建物と一体化しちゃってるというか、その建物の一部というか、その建物が人間に憑依しちゃっているというか、、、

 

学生寮時代にもいたんですよねー。

「寮が好き過ぎる人」www

 

いや、僕も寮が嫌いじゃあないよ。

ていうか、寮が嫌いな人間は寮生活なんてできないだろうから、寮生は多かれ少なかれ、寮が好きだと思う。(エスタークでさえ)

 

でも、寮が好き過ぎる人は、もうなんか、愛寮心というか、寮を死守というか、寮のために生きてるんですよwww

もちろん、学校にもいかないし、外に用事があってもすぐ寮に帰ってくる。

寮生と仲良くするために麻雀を覚える、みたいな。(ちなみに寮での麻雀は廃人コースですwww僕はけして麻雀を覚えなかったwww)

 

僕にとっては寮は『ツール』にしか過ぎなかった。

東京に行きたくて、行きたくて、行きたくて、田舎で発狂しそうになってたくらいの僕にとっては、『東京』という場所が、おもしろくて、おもしろくて、おもしろくて、仕方がなかった。

 

けど、『寮』が好き過ぎる人間には、

「お前は寮にいない!」

とか、寮の総会で言われた。

いやいやいやいや、寮の仕事はやってるんだから(自治寮だったので)、それ以外の時間はどこでなにやっててもいいだろwww

 

なので、『シェアハウスが好き過ぎる人』はそういう寮生と同様、『シェアハウス』自体がアイデンティティになっちゃってるんだと思う。

もちろん、シェアハウスに住んでいる人全員がそういう人じゃないと思います。あくまで一部の人。

 

でも、農耕民族の日本人からしてみれば、そういう人のほうが主流なのかも、とか、思ってしまう。

 

地元の祭りとか、完全に地元にアイデンティティがある人達の集会でしょ。

「祭りで死ねれば本望」とかwww

 

『家族』というのも、もしかしたらそれの最小単位なのかもしれない。

 

 

でも、人間って距離が近すぎると『良い部分』より『悪い部分』が目立って見えてしまう気がする。

▼『ハリネズミのジレンマ』ですな。

ハリネズミのジレンマとは - はてなキーワード

 

 

逆にゲストハウスって、本当、『一期一会』。

名前も名乗らないし、名乗ってもハンドルネームや偽名だったりするwww

 

f:id:A1riron:20160223005201j:image

(▲マスヤゲストハウスのその夜の宿泊メンバーで作った餃子!w超美味しかった!!)

 

 

毎日、シェアハウスで会ってたり、職場で会ってたり、近所に住んでたら『しんどい人』かもしれないけど、『一期一会』だから、その人の『良い部分』にフォーカスされる気がする。

 

この絶妙な距離感が僕は好きだ!

 

 

2007年に発売された▼この本に、タイ・バンコク・カオサンロードのゲストハウスに『沈没』(長期滞在)している『律子さん』という日本人女性が出てくる。

日本を降りる若者たち (講談社現代新書)

日本を降りる若者たち (講談社現代新書)

 

 

その『律子さん』は著者の下川さんに向かって、こう話す。

「ゲストハウスの人間関係が好きなんです。

長くいる人もいるけど、基本的に旅行者でしょ。

あるとき、宿で一緒になって、いろんな話をして、そしてそれぞれの目的地に旅立っていく。そういう関係っていうのかな。

近づきすぎず、遠すぎずっていうような関係、日本じゃできないんです。

 

だからここにいると、いろんな話ができる。

私、名古屋に住んでるんですけど、そこにいるより、なにか心を開いて話すことができるような気がするんです。不思議なんですけど。」

 

この感覚なんですよ!!

僕が求めてるのは!!ww

 

『律子さん』が、

『日本じゃできないんです。』

というのは、、、

日本社会が基本的に「シェアハウス的な構造」になっていて、「ゲストハウス的な構造」になってない、

とも言えるんじゃないかな??

 

 

「ゲストハウス的な構造」は日本人の間では敬遠されると思う。

どこか「風来坊」的なところがある。

20歳前後ならまだしも、30歳過ぎたらおいおい、的なww

おまえは「るろうに」かよ、的なw

(働きたくないでござる!絶対に働きたくないでござる!!ゲスハの極み、アッ―!!)

 

「ゲストハウス的な構造」はどちらかというと、欧米人的な感覚なのかもしれない。

基本的に「初対面」なので、『違い』を尊重する文化。

 

 

逆に「シェアハウス的な構造」は基本的に「場」重視なので、『一体感』を尊重する文化。これは日本の「会社」もそうですな。

 

 

でも、僕のような「場」の『一体感』に息苦しさを感じてしまうような、マイペースな社会不適合者は、シェアハウスではなく、ゲストハウスで承認欲求を満たす人間だ。

一度、泊まったことのあるゲストハウスには『ルーラ』で飛べるようになるよ!『ルーラ』で飛べる場所が増えれば増えるほど人生は楽になる! - A1理論はミニマリスト

 

 

今までの日本では『律子さん』が言うように、ゲストハウス的な場所はなくて、マイペースな社会不適合者はアジアに逃げていたり、「俺の居場所はこの世にない」と絶望して「この世」から逃げてしまったりしていたと思う。 

(実際に卒寮した寮生には何人かはそういう人がいた)

 

 

でも、日本にもゲストハウスがいっぱいできてきた現在、

ゲストハウスで承認欲求を満たす

という体験を、是非、多くの日本人に味わってもらいたいな、と、僕は思っています!

ブログ運営 ブログ運営-コスパのいいブログ運営研究 ミニマリズム

2022/8/17

ブロガーがLINE公式アカウントの補助としてメルマガスタンド『まぐまぐ』で無料メルマガを申請してみた!

(2003年発売のメルマガ本。情報は古いけど大事なことはなにも変わっなかったです!) 2001年からメールマガジン(メーリングリスト)を発行していたA1理論です! 先日、LINE公式アカウントを作成したのですが、いろいろ情報収集していたら「LINE公式アカウントの補助として無料メルマガを発行したほうがいいんじゃないか?」と考え、いろいろ調べた結果、老舗のメルマガスタンド『まぐまぐ』で無料メルマガの申請をしてみました! というわけで、先ほどメルマガ申請のためにサンプル号の文章を書いてみましたが、いやー「メル ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活

2022/8/16

『保険料減免のお知らせ』が家に届いたので電話して申請書を取り寄せたけど結局、適用外だった話!

万年ビンボー人のA1理論です! タイトルどおりですが、8月のある日、役所から上記写真のような「保険料減免のおしらせ」という封筒が届き、申請書類を取り寄せたのですが結局、適用外だったという話です。僕が申請書類を取り寄せる時点でちゃんと案内書類を確認しておかなかったのも悪かったのですが、そもそも適用外の人に書類を送ってくるシステムは微妙だと思いました。なんのためのマイナンバー制度なのか。。。 というわけで今回は記事にしようかどうか迷いましたが、どこかの誰かの役に立つかもと思ったので短い記事にしてみました! 目 ...

ReadMore

ブログ運営 ブログ運営-コスパのいいブログ運営研究 ミニマリズム

2022/8/17

ブロガーが『LINE公式アカウント』(旧LINE@)を作ってみたので注意点をまとめてみました!

ブロガーですが、先ほどLINE公式アカウント(旧LINE@)を作ってみたA1理論です! 最近、マネタイズ系のブロガーと話していて「『LINE公式アカウント』を作ったほうがいいんじゃないかな?」という話題になり、僕もまえから少し気になっていたので先ほど作成してみました!作成時間自体は数分ですが、その後の設定とかを含めると1〜2時間ほど見ておいたほうがいいです。料金は無料で作成デメリットは特にありません。ブロガーの方はもし迷うなら作成したほうがいいと思いました! ブロガーがLINE公式アカウントを作成している ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活

2022/8/6

楽天ポイントが自動でどんどん貯まっていく!『楽天経済圏2年生』の僕が実感した誰もが楽天カードを作るべき12の理由!

2021年5月に▼『楽天経済圏』で生きていくことを決意し、その後すぐに楽天カードを2枚発行してこの夏で無事『楽天経済圏2年生』になったA1理論です! 今回のこの記事では1年以上『楽天経済圏』にどっぷりとハマった僕が、楽天Payや楽天キャッシュなども含めた『楽天経済圏』という視点から誰もが楽天カードを発行するメリットを書いてみました!これから楽天カードを作ろうか迷っている方、『楽天経済圏』に入ろうか悩んでいる方、各種ポイントがいろんな経済圏にバラバラに分散している方などの参考になれば幸いです! 目次1 1. ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活

2022/8/15

今後の楽天経済圏のメインは『楽天キャッシュ』になるのでは?楽天証券で残高キープチャージして楽天Payでも使ってみた!

昨年夏から『楽天経済圏』に突入したA1理論です! そして1年間ほど、存在自体がよくわからなかった『楽天キャッシュ』でしたが、この夏(2022年夏)に楽天証券の投信積立が楽天キャッシュでできるようになったので設定し、かつ楽天Payでもメインは楽天キャッシュで払うように習慣を変えました!(今までは楽天Payのメインは楽天カード引き落とし) この記事が、楽天キャッシュについて知りたい方、楽天証券の投信積立を楽天キャッシュに変えようか悩んでいる方、楽天Payで楽天キャッシュ払いにしようか悩んでいる方の参考になれば ...

ReadMore

-人生, 人生-考え方, , 旅-国内

© 2022 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5