人生 人生-考え方

新型コロナとワクチンに関する人間のスタンスを4種類に分類してみた!

(いやはや、早くも季節は秋ですねぇ。健康で秋の味覚が楽しめることに感謝です!)

※この記事はあとで消すかもしれません。

ついに明日で緊急事態宣言が終了し、通常事態宣言になりますね!個人的にも2週間前に打ったワクチンの抗体が作られるのが明日なので、ダブルでひと段落です。
今回は「A1理論の新型コロナとワクチンに関するスタンスがよく分からない!」と言われることが時々あるので、緊急事態宣言も終わることだし、いい機会なので他のスタンスの人も分類して記事にしてみました!まぁ、お時間あれば人間観察の「読み物」としてお楽しみください!w

なお、僕は日本は『思想の自由』が憲法で保障されていて、さらにワクチン打ちたくない人に強制的に打たせることはできないので「みんな違ってみんないい」なスタンスです!

新型コロナとワクチンに関しては4種類の人間がいるんじゃないかな?

この記事を書こうと思ったきっかけなのですが、コロナ関係のネットの書き込みで、
「反ワクチン派なのに、ワクチンを打っている人が一定数いて理解できない。」
というのがあり、まさに僕がそのタイプなので僕の思うところを書いてみようかなと思いました、個人的にも「A1理論の考えていることがよくわからない」と言われることが多いので。(まぁ僕はありとあらゆることにおいてそういわれるのですがw)
今回改めて、新型コロナとそのワクチンに関しては、ざっと大きく分けて以下の4種類の人がいると思ったので、それを順番ごとに書いていきたいと思います。

①新型コロナは危険・ワクチンは安全の『大衆派』!

②新型コロナは安全・ワクチンは危険の『逆張り派』と『陰謀論派』!

③新型コロナは安全・ワクチンも安全の『ホリエモン派』!

④新型コロナは危険・ワクチンには疑問の『変人変態派』!

また、今回のこの記事では「風邪」の定義を広義の「ウイルス性感冒症」全般のことではなく、狭義の「数日寝ていれば治る、学校や仕事を少し休む程度の病気」と定義します!

①新型コロナは危険・ワクチンは安全の『大衆派』!

まぁこれは大多数の日本人のスタンスですね、

「新型コロナは危険なのでワクチンを打とう!」

というタイプです。まぁ、普通ですね。日本で生きてて日本のマスコミだけを見ていると多分、ほとんどの人がこうなると思います。実際日本人は80%から90%くらいまでがこの『大衆派』とのことです。

これが海外の多くの国だとあんなに人が死んでるにもかかわらず、ワクチンを積極的に打ちたい人は60分%で頭打ちになり、その後は「いかに打ちたくない人に打たせるキャンペーンを張るか?」つまり「どう説得するか?」がメインになってくると思うんですが、日本は若者とかを説得する必要が全くなく、ワクチン打ちたい人が打てば勝手に接種率が80%から90%近くになるんですよね。

これを見て日本人は「衛生意識の高い素晴らしい国民だ!」と言う方もいるかもしれないですが、僕の考えは昔からブログで書いてますが、

「単に日本人は集団催眠術にかかりやすいだけの民族」

だと思っています。

この日本人社会の同調圧力が高すぎて『常に大政翼賛会的なノリ』が嫌な少数の人たちが次の「反ワクチン勢力」だと僕は思っています。

②新型コロナは安全・ワクチンは危険の『逆張り派』と『陰謀論派』!

というわけで、よくニュースなどで問題視されている、

「新型コロナは実は安全で、ワクチンこそが危険!」

という反ワクチン勢力なのですが、これは僕は大きく分けて2種類いると思います。

②-1 単なる『逆張り派』。同調社会が強い日本社会への反抗がメインの厨二病患者!

1つは単なる『逆張り派』ですね。「大衆と逆のことを言っている俺かっこいい!!」的な。まぁ厨二病ですね。

オルタナティブで、ワイルド・サイドを歩いている感じで、常に斜に構えている感じ。尾崎豊が好きだったりします。中央線沿いに住んでたり。

ミュージシャンや、芸術家、あるいはバックパッカーにも多いかもしれませんね。ヒッピーカルチャーとかカウンターカルチャー的な。インドが大好き!自然主義者で、ヴィーガンで、SDGs推進派なのでワクチンは打たずに自然免疫が広まるまで待つ、的な。人工的なワクチンなんて打たずにラブ&ピース!的な。

僕はそのスタイルは決して嫌いでは無いのですが、「新型コロナは安全!」というのは、そもそも現状認識が間違ってると思います。

元バックパッカーでもあるグローバルダイニングの社長もこっち系かな。飲食店が大変なのは理解も同情もできますが、そもそもコロナは風邪じゃない。

②-2 超インテリの『陰謀論派』!頭良すぎて頭がおかしくなってしまった人たち!

そしてもう1つはメディアでも度々報道される『陰謀論派』。新型コロナを機にこの『陰謀論派』になった人も多いらしく「妻が急に変わってしまって離婚」「夫が急に狂ってしまって離婚」とかのニュースも時々見ますw日本では新型コロナよりもこっちの患者の感染力のほうが深刻なんじゃないでしょうかw

で、日本ではこの陰謀論は上記の単なる『逆張り派』と混同されて、「単なる馬鹿な人」「ノストラダムスの大予言を信じるような人」「ムー的な人」みたいな風に思われていますが、僕は、

「この2者(『逆張り派』と『陰謀論派』)は完全に線引きをするべき」

だと思っています。

個人的には『陰謀論派』は頭が良すぎて、考えすぎた結果、陰謀論になっちゃうと思うんですよね。頭良すぎて頭悪い、みたいな。なので一般大衆はその2者の違いがわからなくなる。

『陰謀論派』には医師免許を持った医者や、そこそこのインテリ職種も多いです。健康リテラシーが高すぎる、歴史認識リテラシーが高すぎる、国際常識リテラシーが高すぎるが故に陰謀論にはまっちゃうタイプです。で、下手に社会的地位もあったりするので声高にネットやtwitterで「反ワクチン」を訴えたり、運動をしたり、近所の小学校の前でビラを撒いたりしちゃうタイプですね。

それに対して単なる『逆張り派』は山手線に乗って「クラスターフェス」をやってウェーイ!みたいな感じですが(真夜中の高田馬場で光るマイクで変な格好で演説してた人もいました)、『陰謀論派』は粛々と署名を集めたり、ビラを撒いたり、という感じのインテリ的活動という感じですね。

『陰謀論派』はおそらく、この世界の構造を知りすぎちゃって、

「坊主憎けりゃ、袈裟まで憎い」

という感じで、

「『奴ら』が憎いので、『奴ら』が作ったワクチンは危険!だから新型コロナは安全!マスクも必要なし!」

みたいな。ちょっと論理が飛躍しちゃってる気がします。あと「とある勢力」を憎みすぎw

で、僕の意見は改めて後述しますが、やはり「コロナが安全」という時点で現状認識として、この2者はどちらも間違っていると思います。やはり「このCOVID-19はCOVID-19であってそれ以上でもそれ以下でもない」んですね。

もちろんCOVID-19はSARS・MERSほどは感染力も重症化率も死亡率も高くないですが、「COVID-19はけして単なる風邪では無い」それが僕のスタンスです。

ちなみに、『コロナ論』の小林よしのり氏に関しては『逆張り派』か『陰謀論派』かよく分からないですが、まぁどうでもいいかな。おそらく彼は『ワシ派』なんでしょうね。ワシズムw

③新型コロナは安全・ワクチンも安全の『ホリエモン派』!

で、上記の『大衆派』と『反ワクチン派』は比較的、二項対立でわかりやすいと思いますが、ここからの2つは結構マイナー人種かなぁと思います。まず、よくネット上で「よくわからない」と言われているのがホリエモンの、

「コロナは安全で、ワクチンも安全!」

説ですね。「どっちも安全だから自粛なんてすんなよ!」みたいなwそれに対して、

「コロナが安全というならワクチン打つなよ!そしてワクチン打つなら尾道の餃子屋に謝れよ!!」
と、ネットではよく書かれていますが、僕はホリエモンの思考の流れに関しては、僕とは正反対ながらなんとなくわかります、もちろん理解はできませんが。

おそらくホリエモン的には「COVID-19は新型インフルエンザと同等位」なんでしょうね。

これは堀江さんがずっと『予防医療推進』をやってきて、2009年ごろから新型インフルエンザワクチンを打ち続けてきたからというマニアックな活動背景を知らないとほとんどの人は彼の行動原理がわからなくなると思います。

ホリエモン的にはおそらく、

「新型インフルエンザとCOVID-19はほぼ同等なので、ワクチンを打っておけば大丈夫、そのうちコロナにかかりやすい人だけが感染して収束する。」

という考え方なんでしょうね。これは結果的に僕とは正反対の考え方です。

僕は上にも書きましたが「COVID-19はCOVID-19であってそれ以上でもそれ以下でもない」という考え方です。なので新型インフルエンザとCOVID-19を混同するのはいかがなものかと思います。

新型インフルエンザには新型インフルエンザなりの対応策が、COVID-19にはCOVID-19なりのの対応差があると僕は思います。よって、僕は新型インフルエンザよりより感染力が強いCOVID-19に関してはやはりマスクは当然すべき、という考え方です。

また、堀江さんは当初から「新型コロナはたいしたことない」みたいなスタンスですが、まだ未知のウイルスのパンデミックが始まって1年経つか経たないかくらいでそういうことをいうのはそもそも早計だと思います。それは『予防医療』の観点からもよくないのでは??

④新型コロナは危険・ワクチンには疑問の『変人変態派』!

最後に超マイナーな、

「新型コロナは危険!でも、ワクチンには反対はしないが疑問を持っている。」

という『変人変態派』ですね。最近、ちょくちょくネットで存在を疑問視されてきた感があります。で、僕もこの『変人変態派』に近いかなと。(あとこれ、どういう名前をつけようか迷いましたが、もうめんどくさいからこれでいいかなと思いますw)

で、僕の新型コロナに関する考え方は上にも何度も書きましたが「COVID-19はCOVID-19であってそれ以上でもそれ以下でもない」という考え方です。

風邪でもなければ、インフルエンザでもなければ、SARS・MERSでもない。「新型コロナウィルスは、新型のコロナウィルスだ」という考え方です。

なので、少なくとも僕に関しては、パッと見は『大衆派』と同じ行動してますね。うがい・手洗い・ステイホームみたいな。下手したら一般人よりうがい・手洗い・ステイホームをしてるんじゃないでしょうか。なぜなら何度も言いますが「COVID-19はCOVID-19だから」です。

で、僕が一般大衆と違うのは、『新型コロナの、mRNAワクチン自体には疑問を抱いている』ということですね。ただ僕はシンプルに「疑問を抱いている」だけであって別に反ワクチン運動をしたいとか、クラスターフェスをしたいというわけではありません。

「まぁそうなるだろうね。」

というのが僕のシンプルな感想です。

なぜならこの新型コロナとワクチンのタイミングがあまりのワンセット過ぎると思うから。なので怪しい。やはりすべてがワクチン前提で物事が進んでいると思っています。ちなみにパソコンなどのウイルス対策ソフトが売れるのはウイルス対策ソフト会社自身がウイルスをバラまいているから、というのは有名な話ですw

だからといって僕は反ワクチン運動するのも、人と口論するのもめんどくさいんで、一般大衆と同じ行動をとっています。『隠れ陰謀論者』みたいなw吉良吉影みたいな感じですねw「一般人みたいに見えて実は、、、」みたいなw(おまえが一番、厨二病じゃねーかw)

さらに僕は実際にワクチン(モデルナ)を打っている、というもう超マイノリティーですが、それに関しては僕なりの考えがあります。

僕の考えとしては、半分くらいは、やはり「新型コロナウィルスは危険」という考えなので、死にたくないのでワクチンを打った、という一般人と同じマインドです。さらに僕の場合は8月は家の近所がクラスター化していたので、東京のど真ん中に住んでいて、8月は医療逼迫していて中等症でも入院もできない状況でしたから。情報処理試験用語でいうとワクチン接種は『リスク受容』という状態ですね。両学長の言う「適正なリスク」をとったまでです。投資と同じですね。

で、僕の考えの半分ぐらいは今回のmRNAワクチンは「危険なワクチン」だとは思うんですがけど、即死した人も少ないし、「それなら自分の体で人体実験してみてやろう!」と言うクレイジーな考えです。

これも一般人には理解できないのかもしれないんですけど、まぁ僕のマインド的には「ジン・フリークス」的な感じですね。クレイジーなおっさん的な。

なので僕はワクチンの推進もしませんがしませんが、ワクチン反対運動や署名運動もしないというタイプですね。

いわば『上善如水』ですね。歴史の流れは覆せない、流れる水のように生きるでござる、という感じです。

『この世界』を生きている限り、この世界を動かす人たちの渦の中からは逃れられない。だったらその水のごとく自然体で生きていきたい、そういう感じです。これが僕の新型コロナとワクチンに対する考え方です。おそらくほとんどの人には理解できないと思いますがまぁそういう『変人変態』さんっていうことで。

まぁ、そんなことよりも今は、スマホゲームのダイの大冒険『魂の絆』のことのほうが大事なんですけどねwヒュンケル強すぎて仲間にならないのでw

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリズム論

2022/1/23

ミニマリスト気質な中田敦彦さんとマキシマリスト気質な宮迫博之さんの『牛宮城』問題について僕なりに考えた。

上記画像は 宮迫ですッ!【宮迫博之】チャンネル 【Part④】最終決戦!黒幕登場【WinWinWiiin 宮迫博之編】より 今、YouTube界隈で話題になりまくってるお店があります!宮迫博之さんが2022年3月1日に渋谷の繁華街にオープンさせる焼肉屋さん『牛宮城』問題!もうこれどうなっちゃうのか「ハラハラなエンターテイメント」化しちゃってますね。 そして年末年始にその本質に切り込んだ中田敦彦さんと宮迫博之さんとの一連の動画というか騒動が「ミニマリストとマキシマリストのマインドの対比」という文脈で見ると中 ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活 人生 人生-考え方

2022/1/22

あおぞら銀行BANK支店の預金残高が人生の残りHP(ヒットポイント)!

人生は「1に健康、2におカネ!」がモットーのA1理論です!ここ数ヶ月は失業保険+コロナ特例を利用して仕事を一旦お休みして、「健康」と「おカネ」についていろいろ見直してきました。 「健康」に関しては詳しくはこのブログの他の記事に譲るとして、「おカネ」に関しては今回の記事では、 「『あおぞら銀行BANK支店』に『生活防衛資金』を入れると人生がだいぶ楽になるんじゃないか?」 ということをお伝えしたいと思います!(なお『あおぞら銀行BANK支店』の名称は、最近は『支店』が取れて『あおぞら銀行BANK』と呼ぶらしい ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリスト本 ミニマリズム-生活

2022/1/19

『内臓脂肪ミニマムクエスト』のオプションクエストとして『頭髪マキシマムクエスト』が超オススメ!

昨年、21kgやせて別人になったA1理論です! そのダイエット経験から「男の『内臓脂肪ミニマムクエスト』」として去年の年末に▼この記事にまとめました! 男の『内蔵脂肪ミニマムクエスト』〜男がやせるまでのシンプルな10ステップ〜 上記記事の最後に『内臓脂肪ミニマムクエスト』クリア後のオプションクエストとしていくつかのクエストを書いていますが、実は現在『頭髪マキシマムクエスト』に挑戦中です! 今回はそんな『内臓脂肪ミニマムクエスト』後の『頭髪マキシマムクエスト』がなぜオススメなのかと、僕なりのクエストステップ ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2022/1/15

年始の高田馬場周辺旅!『甘露』『水稲荷神社』『こだわり商店』『橙子猫』『タビビトの木』ダイジェスト版!

2022年の年始を高田馬場で静かに過ごしたA1理論です! 4年間通い、18年ほど住んでいるいつもの街ですがまだまだ知らないところも多く、でも1人ではなんとなく行きづらいカフェなどが多い高田馬場エリアですが、この年始の1月8日にブログ仲間のもーいさんといっしょにいろいろ巡ってきました!(近所に住んでいる学生寮時代からの同室のエスタークはカフェ等には興味なしw) 日記的な記事ですが、高田馬場・早稲田エリアのカフェ選びなどの参考になれば幸いです! 目次1 2022年の年始に人生について考えたこと。2 高田馬場駅 ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2022/1/13

年末の高田馬場周辺旅!『鎧神社』『松本湯』『馬場FLAT』『ミラノ食堂』ダイジェスト版!

年末年始はどこにも行かず、帰省もリモートで、ひたすら高田馬場周辺をうろうろ散歩したA1理論です! 散歩と言っても僕の場合はスマホでGoogleドキュメントでブログを書きながら歩くという特殊なモノですが、そんな日々の中でずっと行きたかった近所の場所にも行けたので記事にまとめました。正直「記事にしなくてもいいかなー。」とも思ったのですが、まぁA1理論はこんな感じで高田馬場周辺で暮らしてますよってことで!高田馬場周辺の穴場スポットを知りたい方などにお役に立てれば幸いです! 目次1 平将門伝説を語り継ぐ北新宿の『 ...

ReadMore

-人生, 人生-考え方

© 2022 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5