バズってどうする!? バズってどうする!?-心のためになる言葉

財あれば恐れ多く、貧しければ嘆き切なり。(鴨長明)

人生の無常を悟ってますね!鴨長明さん!!

鴨長明 - Wikipedia

 

さすが、琵琶の師の亡くなったあとに、演奏することを許されていない秘曲啄木を演奏したことが、出家し遁世したきっかけとなっただけのことはある!!w

 

まるで、ハンターのセンリツさんじゃないですか!!w

方丈記: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)

方丈記: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)

 

 

ちなみに、鴨長明の記述はwikiでは記述はミニマムですが、▼この記事は鴨長明の半生がわかってすごく良かったです!

30歳までニート!鴨長明という人-『方丈記』800年記念- - 暫定龍吟録

 

それで55歳の頃、さらに山の方の日野というところに引っ越した。ここに小さな庵を建てた。

広さは四畳半ほど。

30歳の時から住んでいた鴨川の家の100分の1。

おばあちゃんの家の1000分の1。

 

「方丈」とは四畳半のことらしいです。

まさに、▼アイム・ミニマリスト!!

アイム・ミニマリスト

アイム・ミニマリスト

 

 

で、このタイトルの言葉ですが、、、

財あればおそれ多く、貧しければ嘆き切なり。

 

これは最近の僕がよく考えていることです。

 

僕は生まれてから35年くらい、ずっとビンボーでしたが、ずっと働いてきたので、おかげさまで35歳くらいで、ちょっとだけおカネができた。

いやまぁ、本当、ちょっとだけですけど。

 

で、その時の僕的には「恐れ多い」と言うよりは、

「なんだかなぁ。」

みたいになった。

 

おカネを貯めるために生きてるんじゃないし、特に買いたいモノなんてない。

ていうか、元来の貧乏性とバックパッカー精神により、僕は元からモノなんて、全く欲しくないし。

 

で、その頃、

「はてなブログ」

なるものが始まると聞き、ほぼ直感的に、

「自分が欲しているモノは『これ』なんじゃないか?」

って思った。

 

とにかく『おカネ』じゃなかった。

これはビンボー生活で風呂(銭湯)にも入れなかった20代の僕とかでは考えられない発想だった。

 

 

で、はてなブログを書き続けて、2015年春にたどり着いたのが『ミニマリスト』だった。

 

そこからは、もう、毎月、場合に寄っては毎週のように「ウェーイ!!」ですよww

 

『ミニマリスト・コミュニティ』は、僕にとってすこぶる居心地のいい空間だ。

まさに▼『サードプレイス』!!

サードプレイス―― コミュニティの核になる「とびきり居心地よい場所」

サードプレイス―― コミュニティの核になる「とびきり居心地よい場所」

 

 

 

そう言えば、この間、いっしょに下諏訪を旅した姫姉様は、

「おカネは無さ過ぎると卑屈になるし、あり過ぎると守りに入る。」

てなことを言ってた。

 

昨日まで遊んでたにゃんすは、

「アラサーになって、貯金に飽きた。(だからゲストハウス旅にハマった)」

てなことを言ってた。

 

まぁ、どっちも僕より10歳くらい年下の小娘の戯言なのですがww

 

 

結局、おカネはあり過ぎるとあり過ぎたで、「恐れ多い」というか、訳がわからなくなってくるんじゃないかな?

 

金持ちとビンボー、両方を経験した鴨長明も、最終的には小屋暮らし系ミニマリストになった、というエピソードも、それに通じてるのかも知れない。

 

おカネがあっても『幸福度』は大して変わらないことも、統計学的に既に証明されているし。

 

人間が生きていくのに、大しておカネは必要ない。

なので、

おカネなんて、ギリギリ死なない程度あればいい。

 

 

 

 

 

 

 

と、思う反面。

 

最近の僕は、

めちゃくちゃおカネが必要だ!

とも思う。

 

なぜなら、「インターネッツ」があり、地方都市が空き家だらけになってるこの時代、

おカネがあると、自分と親和性の高い人たちとだけ会えれたりするから。

 

もっというと、親和性の高い人たちのプロジェクトを応援したり、さらにそういう人たちが集住する場所を作ったりも出来る。(コミュニティ・ビルド!!)

 

先日、NHKに出た『ギルドハウス十日町』とか、その象徴みたいなものでしょう。

(番組はテレビがないので見れてませんがw)

 

 

なので、今の僕は、個人的な生活にはおカネは必要ないものの、

より良い人生を過ごすために、そこそこのおカネは必要なんじゃないか?

と考えてきてます。

 

 

だって、

残りの人生、頭悪い人たちと過ごしたくないじゃん???

 

合理的で、論理的な人達とだけ付き合えれば、僕の人生はそれだけで十分、満足だ。 

(逆に、それが満たされないと、気が狂って、死ぬ。) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、こんな、単なる「最近の自分が考えていること」を分析しただけの記事が『バズってどうする!?』 

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリズム論

2022/1/23

ミニマリスト気質な中田敦彦さんとマキシマリスト気質な宮迫博之さんの『牛宮城』問題について僕なりに考えた。

上記画像は 宮迫ですッ!【宮迫博之】チャンネル 【Part④】最終決戦!黒幕登場【WinWinWiiin 宮迫博之編】より 今、YouTube界隈で話題になりまくってるお店があります!宮迫博之さんが2022年3月1日に渋谷の繁華街にオープンさせる焼肉屋さん『牛宮城』問題!もうこれどうなっちゃうのか「ハラハラなエンターテイメント」化しちゃってますね。 そして年末年始にその本質に切り込んだ中田敦彦さんと宮迫博之さんとの一連の動画というか騒動が「ミニマリストとマキシマリストのマインドの対比」という文脈で見ると中 ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活 人生 人生-考え方

2022/1/22

あおぞら銀行BANK支店の預金残高が人生の残りHP(ヒットポイント)!

人生は「1に健康、2におカネ!」がモットーのA1理論です!ここ数ヶ月は失業保険+コロナ特例を利用して仕事を一旦お休みして、「健康」と「おカネ」についていろいろ見直してきました。 「健康」に関しては詳しくはこのブログの他の記事に譲るとして、「おカネ」に関しては今回の記事では、 「『あおぞら銀行BANK支店』に『生活防衛資金』を入れると人生がだいぶ楽になるんじゃないか?」 ということをお伝えしたいと思います!(なお『あおぞら銀行BANK支店』の名称は、最近は『支店』が取れて『あおぞら銀行BANK』と呼ぶらしい ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリスト本 ミニマリズム-生活

2022/1/19

『内臓脂肪ミニマムクエスト』のオプションクエストとして『頭髪マキシマムクエスト』が超オススメ!

昨年、21kgやせて別人になったA1理論です! そのダイエット経験から「男の『内臓脂肪ミニマムクエスト』」として去年の年末に▼この記事にまとめました! 男の『内蔵脂肪ミニマムクエスト』〜男がやせるまでのシンプルな10ステップ〜 上記記事の最後に『内臓脂肪ミニマムクエスト』クリア後のオプションクエストとしていくつかのクエストを書いていますが、実は現在『頭髪マキシマムクエスト』に挑戦中です! 今回はそんな『内臓脂肪ミニマムクエスト』後の『頭髪マキシマムクエスト』がなぜオススメなのかと、僕なりのクエストステップ ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2022/1/15

年始の高田馬場周辺旅!『甘露』『水稲荷神社』『こだわり商店』『橙子猫』『タビビトの木』ダイジェスト版!

2022年の年始を高田馬場で静かに過ごしたA1理論です! 4年間通い、18年ほど住んでいるいつもの街ですがまだまだ知らないところも多く、でも1人ではなんとなく行きづらいカフェなどが多い高田馬場エリアですが、この年始の1月8日にブログ仲間のもーいさんといっしょにいろいろ巡ってきました!(近所に住んでいる学生寮時代からの同室のエスタークはカフェ等には興味なしw) 日記的な記事ですが、高田馬場・早稲田エリアのカフェ選びなどの参考になれば幸いです! 目次1 2022年の年始に人生について考えたこと。2 高田馬場駅 ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2022/1/13

年末の高田馬場周辺旅!『鎧神社』『松本湯』『馬場FLAT』『ミラノ食堂』ダイジェスト版!

年末年始はどこにも行かず、帰省もリモートで、ひたすら高田馬場周辺をうろうろ散歩したA1理論です! 散歩と言っても僕の場合はスマホでGoogleドキュメントでブログを書きながら歩くという特殊なモノですが、そんな日々の中でずっと行きたかった近所の場所にも行けたので記事にまとめました。正直「記事にしなくてもいいかなー。」とも思ったのですが、まぁA1理論はこんな感じで高田馬場周辺で暮らしてますよってことで!高田馬場周辺の穴場スポットを知りたい方などにお役に立てれば幸いです! 目次1 平将門伝説を語り継ぐ北新宿の『 ...

ReadMore

-バズってどうする!?, バズってどうする!?-心のためになる言葉

© 2022 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5