バズってどうする!? バズってどうする!?-心のためになる言葉

労働なき報酬は罪である。(ガンジー)

なんとも『働き者』ですね!ガンジーさん!

マハトマ・ガンディー - Wikipedia

 

さすが、小学校時代は素行が悪く、悪友にそそのかされて、ヒンドゥー教の戒律で禁じられている肉食を繰り返していただけでなく、タバコにも手を出し、タバコ代を工面する為に召し使いの金を盗み取ったこともあっただけのことはある!!

 

その反動か、大人になってからはめちゃくちゃ『働き者』になるんですが、インド人がガンジーに親しみを込めて言う、

「バープー」

は、

なんだか言葉の響きがプータローみたいだ(笑)

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)

 

 

このガンジーさん、めっちゃ働き者、かつミニマリストなんですよねぇ。

子供の頃は肉食ってたけど、大人になってからはかなりの禁欲主義!

 

上記wikiにもあるけど、個人資産も不動産(つまり家)も全くなし!

持ってたモノは、

ヒンドゥー教の聖典、衣、ぞうり、入れ歯、杖、糸車、三猿の像(日本人からもらった)、懐中時計、携帯用便器、ヤギ、鉛筆、練習用紙のみ。

 

これ、僕のミニマリスト6分類で言うと、

『家さえも断捨離系ミニマリスト』

です!!(笑)

 

で、その所有物の中にもある「糸車」を持ってた理由は、

『働かない日に食べるパンは、盗んだパンである』

の信条からだそうです!

子どもの頃、召使いの金を盗んでたけど!(笑)

 

▼「糸車」を回すガンジーさん。

 

しかし、まぁこのガンジーの思想が戦後のインド人に響いたのは当然でしょう。

 

長く続いたイギリスの植民地政策から解放され、

働けば働くほど豊かになる時代

がついに来たんだから。

(ちなみにイギリスの植民地への考え方は搾取、搾取、搾取、ですから)

 

働けば働くほど豊かになる時代が来たんだから、

ガンジーはお札に印刷され、

インドの国旗も糸車になった。

(のちにアショーカ王のチャクラに変更)

インドの国旗 - Wikipedia

最初の旗は白・緑・赤のストライプに、スワラージや英貨排斥・スワデーシー(国産品愛用)の中心であった「糸車運動」に使われた、大量生産方式によって綿織物をインドにダンピングしたイギリスの機械文明に対抗する、伝統的な糸車を配したものであった。1931年に国民会議は新たなスワラージ旗を策定した。それは現在のインド国旗と同じサフラン・白・緑のストライプに、青の糸車を配したものであった。

 

これからは、糸車を回せば回すほど、お金が稼げて、どんどん豊かになって行くんだから、糸車を回さない理由はない!

みんなが糸車を回してるのに、1人、糸車を回さない人間がいたら、それはもう非国民であり、そいつが同じ報酬をもらうのはおかしい。

それはもう、最も過ぎる論理だ。

 

日本の戦後もインドと同じような状況で、焼け野原の何もない状態だけど、やっとのことで、戦争も空襲もなくなった。

そこで手足を動かさない人間は非国民だ!

 

 

しかし、それは20世紀という、

「プロダクトの『生産性』」が未熟だった時代

においての『真実』なんじゃないかな?

 

なんでもいいから作れば作るほど売れた時代では、なんでもいいから手を動かしていれば自動的にモノは売れて、経済発展した。

 

 

けど、今のような、作れば作るほど余る時代、下手に売れないモノを作ってしまうくらいなら、作らないほうがよっぽどいい。

 

僕の言葉で言うと、21世紀は、

「プロダクトの『生産性』」がカンストした時代

だ!!

 

なのに、特に日本企業は20世紀のプロトコルのまま今でも突き進んでるので、

絶対売れないようなモノでも、残業、残業、休出、休出、で作り上げてしまう。

 

で、当然、売れないから、残業代・休出代も出ないし、ボーナスもカットだ。

 

しかも、

企業内の規定で『副業』は禁止!

 

 

これはガンジーの言葉が完全に逆転してしまっている状態で、

『報酬なき労働は(企業の)罪である。』

と言わざるを得ない。

 

僕は派遣社員ですが、

ぶっちゃけ、副業のほうが正当対価で、労働の対価が安過ぎます。

 

「労働なき報酬は罪」、これは当たり前だ。

 

しかし、

報酬なき労働、もしくは報酬が低過ぎる労働のほうが、よっぽど罪だと、僕は思います!

 

イギリス植民地時代のインド人と同じで、隆起すべきレベルで!! 

『セコイ』の乱!!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、こんな『働きたくないでござる!』的な、いつもの僕の「労働断捨離」系記事が『バズってどうする!?』

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2021/10/22

A1理論流『酒醸(チューニャン)』と柿とホット豆乳のおやつ!まろやかで温かい秋の味覚を楽しめます!

最近、中国甘酒の▼『酒醸(チューニャン)』と、▼『柿ダイエット』の記事を書いたA1理論です!w 中国の元祖甘酒『酒醸(チューニャン)』を野菜炒めに入れてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ! 柿はコスパ最強の『百果の王』!食欲の秋は柿ダイエットで体重をミニマムに! 上記記事で『酒醸のおやつ』を作りましたが、「あれ、もうちょっと上手く作れば美味しくなるなぁ。」と思っていたところに『柿ダイエット』の記事を書いていて、「そうだ!『酒醸』がまだ余ってるから柿を入れて中華スイーツっぽくしてみよう!しかも次は豆乳で!」と ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2021/10/22

柿はコスパ最強の『百果の王』!食欲の秋は柿ダイエットで体重をミニマムに!

『食欲の秋』ですが、最近、午前中に柿を2個ずつ食べていって午後の食事量を減らし、どんどん体重が落ちてきてるA1理論です!ちなみに食べているのはスーパーに普通に売っている種無しの甘柿です! そんな、美味しくて、安くて、さらに上手にやせれる柿は昔から『百果の王』と言われていたらしく、最近、それをすごく実感しているので記事にまとめてみました! 食欲の秋だからこそ、柿を効率的に使って体重をミニマムに!! 目次1 『百果の王』の柿はフルーツ界のライオン!2 王の割にコスパ最強!!3 柿1日に2個までという制限付き! ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 ミニマリズム-生活

2021/10/22

中国の元祖甘酒『酒醸(チューニャン)』を野菜炒めに入れてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ!

最近、いろんな人に「甘酒はいいよ!」と言い続けていたA1理論です。 すると近くの中国人が中国の甘酒である『酒醸(チューニャン)』というモノをくれたので、ちょい興味本位で料理してみたら美味しかったので記事にしてみました! 目次1 中国の甘酒みたいなモノ、『酒醸』とは?2 別の日本人の手作り甘酒を飲んで「手作りでもこんなに美味しい甘酒作れるんだ!」と思った。3 まずは『酒醸』について調べる!ダイレクトに食べると日本人には酸味がキツい!4 『酒醸』スィーツを大量に作ってしまい、この日のご飯はこれで終了w5 野菜 ...

ReadMore

ミニマリズム 旅-東京ぶらり旅

2021/10/20

10月の駒込散歩!『ナーリッシュ』『東洋文庫』『六義園』『ミドルガーデン コーヒースタンド 』ダイジェスト版!

緊急事態宣言中、ずっと大人しくステイホームしていたA1理論です。今回はこの10月に緊急事態宣言が明け、久しぶりに東京の駒込を小旅行したので記念も兼ねて記事にしたいと思います!久しぶりの旅記事っぽい旅記事です! 今後、駒込を散歩したいミニマリスティックな方の参考になれば幸いです! 目次1 緊急事態宣言明けの東京・駒込の小旅行2 野菜と大豆ミートがむちゃくちゃ美味しかった自然野菜レストラン『ナーリッシュ』3 アジア横断したバックパッカーにはたまらなかった『東洋文庫』4 『知恵の小径』を通り、小岩井農場が運営す ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2021/10/17

池袋駅構内の『レスキュー直売所』がすごかった!新鮮な生産者野菜を格安で購入可能!そしてめちゃくちゃ美味しかったよ!

今年6月から5ヶ月で15kgやせて、最近は『野菜が主食!』をモットーにしている健康第一ブロガーのA1理論です! 今回はずっと気になっていた、埼玉県の直販所でその日に売れ残った新鮮野菜を夕方の東武鉄道の『上り』電車で運んできて、東武池袋駅構内で売りさばいてしまおう!という試みの『レスキュー直売所』に行ってきたのでtwitterメインで実況中継風にレポートします!その後、実際に家で野菜を料理してみて食べた感想や、そこから考えたこともtwitterメインで書きます! 『レスキュー直売所』が気になる方、持続可能な ...

ReadMore

-バズってどうする!?, バズってどうする!?-心のためになる言葉

© 2021 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5