バズってどうする!? バズってどうする!?-心のためになる言葉

歴史を読むのは楽しみだ。だが、それよりももっと心をひき興味があるのは、歴史を作ることに参加することだ。(ネルー)

なかなかいいことを言いますね!ネルーさん!!

ジャワハルラール・ネルー - Wikipedia

 

さすが、日本の戦前に上野動物園のゾウたちが▼餓死させられ、

かわいそうなぞう - Wikipedia

「日本の子供たちにゾウを見せてあげたい」

と1頭のゾウを上野動物園に寄贈することを申し出ただけのことはある!

 

しかし、ネルー・ガンディー・ファミリー、

ネルー・ガーンディー・ファミリー - Wikipedia

アメリカのケネディ一家と同様に悲劇の一家だなー、と思いました。

 

上野動物園に(ジャワハルラール)ネルーによって寄贈されたゾウは彼の娘の名前をとって「インディラ」(インド)と名付けられたけど、その人間のほうのインディラは1984年にシク教徒の警備隊員によって暗殺。

その息子のラジヴ・ガンディーは1991年に自爆テロで暗殺された。

 

蔵前仁一氏はインド旅行中にインディラ・ガンディー首相の暗殺のニュースを知り、インド中が騒然となったことを▼この『ゴーゴー・インド』で記しています。

新ゴーゴー・インド

新ゴーゴー・インド

 

 

僕もインドに過去2ヶ月弱ほど滞在していましたが、あの国をまとめていくのは本当に大変だと思いました。。。

ネルー (Century Books―人と思想)

ネルー (Century Books―人と思想)

 

 

 

でも、今回のタイトルのジャワハルラール・ネルーの言葉!

ものすごくポジティブだと思うんですよねー!

 

ジャワハルラール・ネルーは通算10年も獄中生活が続いたけど、獄中で『父が子に語る世界歴史』(1934年)、『自伝』(1936年)、『インドの発見』(1946年)といった著書を完成させている。

父が子に語る世界歴史〈1〉文明の誕生と起伏

父が子に語る世界歴史〈1〉文明の誕生と起伏

  • 作者: ジャワーハルラールネルー,Jawaharlal Nehru,大山聡
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • 発売日: 2002/10
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 355回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

▲この本は「著書」というより、当時10歳の娘・インディラに宛てた手紙を集めたものだそうですが、それが歴史の本になってるなんて!

Amazonの評価も高く、読んでみたくなりました!

もしかしたら今回のタイトルのこの言葉もこの『父が子に語る世界歴史』に出てくる言葉なのかもしれません。

 

 

しかし、歴史が好きな人ってけして多くはないのですが、けして少なくもないんですよねー。

 

僕の実感では女子にはあんまりいないのですが(時々「歴女」がいますがw)、男子の20人に1人くらいは歴史好きがいるような気がします。

特に歳をとるほどそのパーセンテージが上がっていくような気がします。

 

歴史好きな人はものすごく多面的に物事を見れるのが魅力なのですが、その多くの人が「趣味」に終わってしまってる人が多い気がします。

これは大学や大学院に行けとか言うことではなくて、その歴史知識を元に「動く」人間が少ないと思うんですよね。「知ってる」だけで、家から出ない、みたいな。

ものすごく悪く言うと『歴史オタク』。 

 

もちろん、それは悪いことでは全くないのですが、せっかく、人類の「傾向と対策」をそれだけ知ってるのだから、有効活用すればいいのに、と思うことが僕はかなり多いです。

 

 

逆に「動く」人って、体力バカというか、猪突猛進型というか、ウヴォーギンみたいなタイプが多く、「傾向と対策」を知らないためにそのパワーが無駄になることが多い気がします。

 

精力的に動く『活動家』と呼ばれる人たちもこの状態になってしまっている人も多いと思います。

おそらく「動く」こと自体が楽しいんでしょうね。

ボールを蹴ることだけが楽しい子供や、ゲストハウスを泊まり歩くことだけが楽しいバックパッカーと同じで、「動く」こと自体が趣味。

でもそういう人って、「頭」が伴ってないことが多い気がします、ものすごく失礼な言い方ですが。単なるレクリエーション。 

 

 

人類が歩んできた「歴史」も知っていて、かつ「動く」ことのできる、文武両道型の、このジャワハルラール・ネルーのような人間が僕は本当に理想だと思います。

 

そういうジャワハルラール・ネルーのような人間はおそらく、「知る」楽しみと、「動く」楽しみの両方を知っている人なのでしょう。

勉強もできて、かつ部活もできる、みたいな人。

インテリマッチョ。

 

 

そういうレアな人こそが僕は本当の「世界遺産」だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、こんな勉強もせず、動かない人間の記事が『バズってどうする!?』

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2021/10/22

A1理論流『酒醸(チューニャン)』と柿とホット豆乳のおやつ!まろやかで温かい秋の味覚を楽しめます!

最近、中国甘酒の▼『酒醸(チューニャン)』と、▼『柿ダイエット』の記事を書いたA1理論です!w 中国の元祖甘酒『酒醸(チューニャン)』を野菜炒めに入れてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ! 柿はコスパ最強の『百果の王』!食欲の秋は柿ダイエットで体重をミニマムに! 上記記事で『酒醸のおやつ』を作りましたが、「あれ、もうちょっと上手く作れば美味しくなるなぁ。」と思っていたところに『柿ダイエット』の記事を書いていて、「そうだ!『酒醸』がまだ余ってるから柿を入れて中華スイーツっぽくしてみよう!しかも次は豆乳で!」と ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2021/10/22

柿はコスパ最強の『百果の王』!食欲の秋は柿ダイエットで体重をミニマムに!

『食欲の秋』ですが、最近、午前中に柿を2個ずつ食べていって午後の食事量を減らし、どんどん体重が落ちてきてるA1理論です!ちなみに食べているのはスーパーに普通に売っている種無しの甘柿です! そんな、美味しくて、安くて、さらに上手にやせれる柿は昔から『百果の王』と言われていたらしく、最近、それをすごく実感しているので記事にまとめてみました! 食欲の秋だからこそ、柿を効率的に使って体重をミニマムに!! 目次1 『百果の王』の柿はフルーツ界のライオン!2 王の割にコスパ最強!!3 柿1日に2個までという制限付き! ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 ミニマリズム-生活

2021/10/22

中国の元祖甘酒『酒醸(チューニャン)』を野菜炒めに入れてみたらめちゃくちゃ美味しかったよ!

最近、いろんな人に「甘酒はいいよ!」と言い続けていたA1理論です。 すると近くの中国人が中国の甘酒である『酒醸(チューニャン)』というモノをくれたので、ちょい興味本位で料理してみたら美味しかったので記事にしてみました! 目次1 中国の甘酒みたいなモノ、『酒醸』とは?2 別の日本人の手作り甘酒を飲んで「手作りでもこんなに美味しい甘酒作れるんだ!」と思った。3 まずは『酒醸』について調べる!ダイレクトに食べると日本人には酸味がキツい!4 『酒醸』スィーツを大量に作ってしまい、この日のご飯はこれで終了w5 野菜 ...

ReadMore

ミニマリズム 旅-東京ぶらり旅

2021/10/20

10月の駒込散歩!『ナーリッシュ』『東洋文庫』『六義園』『ミドルガーデン コーヒースタンド 』ダイジェスト版!

緊急事態宣言中、ずっと大人しくステイホームしていたA1理論です。今回はこの10月に緊急事態宣言が明け、久しぶりに東京の駒込を小旅行したので記念も兼ねて記事にしたいと思います!久しぶりの旅記事っぽい旅記事です! 今後、駒込を散歩したいミニマリスティックな方の参考になれば幸いです! 目次1 緊急事態宣言明けの東京・駒込の小旅行2 野菜と大豆ミートがむちゃくちゃ美味しかった自然野菜レストラン『ナーリッシュ』3 アジア横断したバックパッカーにはたまらなかった『東洋文庫』4 『知恵の小径』を通り、小岩井農場が運営す ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2021/10/17

池袋駅構内の『レスキュー直売所』がすごかった!新鮮な生産者野菜を格安で購入可能!そしてめちゃくちゃ美味しかったよ!

今年6月から5ヶ月で15kgやせて、最近は『野菜が主食!』をモットーにしている健康第一ブロガーのA1理論です! 今回はずっと気になっていた、埼玉県の直販所でその日に売れ残った新鮮野菜を夕方の東武鉄道の『上り』電車で運んできて、東武池袋駅構内で売りさばいてしまおう!という試みの『レスキュー直売所』に行ってきたのでtwitterメインで実況中継風にレポートします!その後、実際に家で野菜を料理してみて食べた感想や、そこから考えたこともtwitterメインで書きます! 『レスキュー直売所』が気になる方、持続可能な ...

ReadMore

-バズってどうする!?, バズってどうする!?-心のためになる言葉

© 2021 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5