バズってどうする!? バズってどうする!?-心のためになる言葉

ほほえましい人生を送りたいなら、まずは『気分のよい生活』を身に付けるべきだ。(スピノザ)

スピノザさん、実感がこもっていますねー。

さすがレンズ磨きで生計を立てていただけのことはある!!

バールーフ・デ・スピノザ - Wikipedia

 

デカルトの哲学原理―附 形而上学的思想 (岩波文庫)

デカルトの哲学原理―附 形而上学的思想 (岩波文庫)

 

 

しかし、この言葉を聞いたら、普通の人は、

「なにを『当たり前のこと』を言ってるんだ!そんなことスピノザさんに言われなくてもわかってらぁ!」

って言う人がほとんどだと思います。

 

でも『当たり前のこと』でも、実際に行動に移せていないと意味がないと僕は考えます。口で言うだけ、言葉を言った人を批判するだけなら誰でもできるんです。

 

 

 

で、そのフェーズはクリアしたとして、『気分のよい生活』を実行に移すとして、『気分のよい生活』って一体なんでしょう?

 

 

これは人によって意見が分かれると思いますが、僕はまずなによりも、

『最低限の悩みの除去』

があると思います。

 

30代前半までの僕にとって、それは「親の借金」と「自分の奨学金」の『双子の赤字』の返済だった。

 

35歳くらいでその『双子の赤字』にようやく目途がついた。(いや、まだ親の借金はあと9年ほど続きますがもうそうれは自分でどうにかしてください)

僕的には一生、『双子の赤字』はどうにもならないんじゃないかと思ってたけど、グレーゾーン金利の廃止などで親のお金が戻ってきたのだ。

そこからいっきに楽になって、親の借金に比べたらぜんぜん少額の僕自身の奨学金も余裕で返済できたし、風呂のあるアパートに引っ越しすることもできた。

(なによりも実家を守るために親の借金を返さないといけないのに毎月の奨学金の返済が待ってくれないのがキツ過ぎた)

 

 

そんな35歳の僕が次に目指した『気分のよい生活』とは、

『自分と親和性の高い人たちをメインで生きていくこと』

 だ。

 

と言っても、もちろん、親和性の低い人と口を利かないとか、親和性の低い人たちをdisるって意味じゃない。

 

35歳までのカネのなかった時は、どうしてもカネがないせいで親和性の低い人間の言うことを聞かないといけなかったり、親和性の低い人間の価値観に合わせないといけなかったりしたけど、

もうそんな生き方はやだ!

僕にとってそんな生き方は『気分のよい生活』じゃない!

 

 

僕は物欲は昔から全くないし、結婚願望も昔から全くない。

だから家も車も嫁も子供も全くいらない。

お金もギリギリ生きていける程度あればそれでいいし、地位も名誉も勲章も、いらないいらない。

 

 

そんな時、『はてなブログ』なるサービスがスタートして、

「あ、もしかして『これ』なんじゃないかな?」

と、ほぼ直感的に思った。

理屈ではない、直感。

 

で、

『自分と親和性の高い人たちをメインで生きていくこと』

という意味で『A1理論』という名前で初代ブログを始めた。

 

何度かブログ頓挫の危機を迎えながらも、どうにかこうにか初代ブログ開設から2年ほど続いた。

 

 

最近は、このブログを読んでくれている人にリアル世界で会ったり、旅行先で話し込んだ『親和性の高い可能性のある人』にブログを紹介して、その場で読者になってもらったりし初めてきた。

 

 

だから僕的には『気分のよい生活』を送る方法は、

 

1、まず『気分のよい生活』を自分の中に『定義』すること。

これは最悪、数か月かかってもいい。

なかなか『定義』が定まらないなら少し長い旅行をするのもいいと思います。

 

 

2、『定義』が定まったら、あとは黙々とそれに向かって前進あるのみ!!

それを馬鹿にする友達は即、断捨離!

それに突っかかってくる奴は即ブロック!(広い意味で)

 

 

もちろん法に触れてはいけないし、その国や地域で一般化されているマナーも守るべきだ。

他人の生き方をdisるのも良くない。その人にはその人なりの『気分の良い生活』があるからだ。他人の生き方を尊重できる人間は他人から自分の生き方を尊重される可能性が高いと僕は思う。

 

 

それら法律やローカルなマナーを守った上で、自分で定義した『気分のよい生活』を目指し続けるべきだと僕は思う。

 

 

なぜか?

『人生が一度しかないから』

だ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、『気分のよい生活』を身に付けるために『バズってどうする!?』

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリズム論

2022/1/23

ミニマリスト気質な中田敦彦さんとマキシマリスト気質な宮迫博之さんの『牛宮城』問題について僕なりに考えた。

上記画像は 宮迫ですッ!【宮迫博之】チャンネル 【Part④】最終決戦!黒幕登場【WinWinWiiin 宮迫博之編】より 今、YouTube界隈で話題になりまくってるお店があります!宮迫博之さんが2022年3月1日に渋谷の繁華街にオープンさせる焼肉屋さん『牛宮城』問題!もうこれどうなっちゃうのか「ハラハラなエンターテイメント」化しちゃってますね。 そして年末年始にその本質に切り込んだ中田敦彦さんと宮迫博之さんとの一連の動画というか騒動が「ミニマリストとマキシマリストのマインドの対比」という文脈で見ると中 ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活 人生 人生-考え方

2022/1/22

あおぞら銀行BANK支店の預金残高が人生の残りHP(ヒットポイント)!

人生は「1に健康、2におカネ!」がモットーのA1理論です!ここ数ヶ月は失業保険+コロナ特例を利用して仕事を一旦お休みして、「健康」と「おカネ」についていろいろ見直してきました。 「健康」に関しては詳しくはこのブログの他の記事に譲るとして、「おカネ」に関しては今回の記事では、 「『あおぞら銀行BANK支店』に『生活防衛資金』を入れると人生がだいぶ楽になるんじゃないか?」 ということをお伝えしたいと思います!(なお『あおぞら銀行BANK支店』の名称は、最近は『支店』が取れて『あおぞら銀行BANK』と呼ぶらしい ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリスト本 ミニマリズム-生活

2022/1/19

『内臓脂肪ミニマムクエスト』のオプションクエストとして『頭髪マキシマムクエスト』が超オススメ!

昨年、21kgやせて別人になったA1理論です! そのダイエット経験から「男の『内臓脂肪ミニマムクエスト』」として去年の年末に▼この記事にまとめました! 男の『内蔵脂肪ミニマムクエスト』〜男がやせるまでのシンプルな10ステップ〜 上記記事の最後に『内臓脂肪ミニマムクエスト』クリア後のオプションクエストとしていくつかのクエストを書いていますが、実は現在『頭髪マキシマムクエスト』に挑戦中です! 今回はそんな『内臓脂肪ミニマムクエスト』後の『頭髪マキシマムクエスト』がなぜオススメなのかと、僕なりのクエストステップ ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2022/1/15

年始の高田馬場周辺旅!『甘露』『水稲荷神社』『こだわり商店』『橙子猫』『タビビトの木』ダイジェスト版!

2022年の年始を高田馬場で静かに過ごしたA1理論です! 4年間通い、18年ほど住んでいるいつもの街ですがまだまだ知らないところも多く、でも1人ではなんとなく行きづらいカフェなどが多い高田馬場エリアですが、この年始の1月8日にブログ仲間のもーいさんといっしょにいろいろ巡ってきました!(近所に住んでいる学生寮時代からの同室のエスタークはカフェ等には興味なしw) 日記的な記事ですが、高田馬場・早稲田エリアのカフェ選びなどの参考になれば幸いです! 目次1 2022年の年始に人生について考えたこと。2 高田馬場駅 ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2022/1/13

年末の高田馬場周辺旅!『鎧神社』『松本湯』『馬場FLAT』『ミラノ食堂』ダイジェスト版!

年末年始はどこにも行かず、帰省もリモートで、ひたすら高田馬場周辺をうろうろ散歩したA1理論です! 散歩と言っても僕の場合はスマホでGoogleドキュメントでブログを書きながら歩くという特殊なモノですが、そんな日々の中でずっと行きたかった近所の場所にも行けたので記事にまとめました。正直「記事にしなくてもいいかなー。」とも思ったのですが、まぁA1理論はこんな感じで高田馬場周辺で暮らしてますよってことで!高田馬場周辺の穴場スポットを知りたい方などにお役に立てれば幸いです! 目次1 平将門伝説を語り継ぐ北新宿の『 ...

ReadMore

-バズってどうする!?, バズってどうする!?-心のためになる言葉

© 2022 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5