バズってどうする!? バズってどうする!?-心のためになる言葉

用心と忍耐、この二つを守りさえすれば成功は間違いない。(ツルゲーネフ)

絵に描いたようなロシア人的な考え方ですねツルゲーネフさん!

日本で言えば「東北人的」?

ま、『南国中年』の僕に一番欠けている部分ですw

イワン・ツルゲーネフ - Wikipedia

▲ここに出てきた19世紀ロシア文学にしばしば登場する『余計者』っていうのが面白い。

貴族階級の青年知識人で、進歩的な思想を身につけ、優れた資質をもちながら、それを社会のために生かせず、決闘恋愛遊戯などの馬鹿げたことに精力を浪費したり、無気力になって屋敷にこもったりするものが現れた。

余計者 - Wikipedia

俺のことか―!!!ww

ツルゲーネフ作品集

ツルゲーネフ作品集

 

 

用心と忍耐。

このふたつって本当に大事ですねー。

 

継続は力なり。

結局、何事も続けてる人が勝つんじゃないかな、と思います。

 

ここで僕が思うのは、『続ける』ってことの定義かなー、と思ってます。

形を変えたり、途中で中断しても『続けて』いる限り、いつか花咲く気がします。

 

 

例えば僕の知ってる奴に、サッカーか上手で、高校もサッカー推薦で静岡の高校に行った奴がいた。

 

でもそいつはJリーガーになるほどには上手くなれなくて、卒業後、就職。

 

でも5年ほどバリバリ働いて、営業成績もトップだったんだけど、

ある日、突然、なぜか死にたくなった。

自分でもその理由がわからなかったらしい。

 

 

で、

「どうせ死ぬなら京都だ。」

と言って、ある日、突然、仕事に行かずに新幹線に乗って、京都に「死にに」行った。

 

死ぬ前に酒でも飲もうと思って入った京都の居酒屋さんでカウンターの横に座ったサラリーマンが話しかけて来たので、少し話したあと、

「実は今から死のうと思ってるんです。」

と言うと、そのサラリーマンは、

「ま、生きてればそんな時もあるわな。」 

と言った。

で、そいつはそれを聞いた瞬間、その場で大泣き(笑)

 

 

で、なんか死ぬ気になれなくて、そのまま静岡に帰ったら職場の人たちもかなり心配してて、母親も来ていた。

 

仕事がずっと止まっていたので、仕事を続けることは出来なくなったけど、上司がかなり多めの退職金を出してくれた。

 

母親もしばらくいたけど、実家に帰る前に旅の本を置いて帰った。

 

そいつは単純だからその旅の本をパラパラ読んでて、

「よし!旅に出よう!」

と思ったらしい。

 

英語は全くわからなかったので、まずニュージーランドに三カ月、語学留学。

 

英語で会話くらいは出来るようになったので、その後、東南アジアを北上し、中国ーラオス国境でバス待ちをしていた僕と出会う。

 

僕の方は僕のほうでアジア横断中だったので、いっしょにチベットに行く人間を探してた。

変な奴だし、旅の経験も浅いなこいつ、と思ったけど、真冬にチベットに行く人間なんていなかったから、しぶしぶそいつといっしょにチベットへ向かうことにする。

 

ゴルムドへ向かう電車の中でそいつは、

「俺、大学に行きたくなってきた。」

と言った、僕は、

「30代で日本の大学を出てもあんまり意味ないし、日本の大学は勉強するところじゃないし、飛び級もできない。英語をもう少し磨いてアメリカかイギリスの大学に行ってみたら?」

と言った。

 

そいつはその言葉通り、チベット横断後、ネパール・インドを旅し、パキスタンからイギリスへ飛び、その後、アメリカに飛んだ。

 

アメリカでは『スポーツマネジメント』という学問があることを知った。

 

その後、日本に帰ってきた僕と6畳風呂なしアパートでいっしょに住みながらバイトしてカネを貯め、アメリカの大学に入学し、2年半で飛び級卒業した後、アメリカの別の大学でスポーツマネジメントのMBAを取った。

その後は日本でその専門職で働いているらしい。

 

ま、狂ったヤツだったが、やりたいことを見つけるまでの途中、全く別の仕事(営業)やバックパッカーや学生してても、サッカーやスポーツを諦めなかった結果、今の仕事に結びついていったんじゃないかと思う。(死のうとしてたけどw)

 

 

大事なのは正攻法(Jリーガー)で上手くいかなくても諦めず、他の自分の得意なことややってきた仕事等を『組み合わせ』て成功させることなんじゃないかな、と思う。

 

 

と、言葉で理解しても、それを実行できる人間は少ないと思う。

 

それこそ本当に『用心と忍耐』の勝負だと僕は思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、こんなバックパッカーのしょーもない話が『バズってどうする!?』

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 ミニマリズム-生活

2021/6/20

男の人生とは『内臓脂肪』をミニマムにすることと見つけたり!

今後の人生、健康第一で生きていきたいA1理論です! 最近、仕事の退職が決まったのですが、それを機に生活習慣をググっと見直そうと思い、いろいろ活動中なので、今回はその記録を記事にしてみました。 このブログ記事が最近、お腹周りが気になる男性や、パートナーのお腹周りが気になる方の参考になれば幸いです! 目次1 まず最初に僕の人生の『目的』!2 僕の人生の『目的』に向かう『手段』の優先順位!3 がん検診・健康診断に行くことより大事なのは普段からの内臓脂肪の断捨離!目標は10代後半の体重!4 少食本・空腹本をAma ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリズム論 人生 人生-考え方

2021/6/12

『寝そべり族』は反出生主義者の完全上位互換で、実は現代日本ではコスパ最強の「無敵の人」なのでは?

可能な限り働かずに寝て暮らしたい、ぐーたらなA1理論です! 最近、少し話題の中国の『寝そべり族』に関して、少し考えてみたら「日本で『寝そべり族』をするのが実は無敵なんじゃないか?」と思ったので記事にしてみました! 最近、病んでる方、生きるのに疲れた方に参考になれば幸いです! 目次1 中国の『寝そべり族』とは?2 『寝そべり族』は『反出生主義者』の完全上位互換だと思った理由!2.1 僕が反出生主義者がイケてないと思うところ①『快楽』『苦痛』は自分の気の持ちようだけでどうとでもなる2.2 僕が反出生主義者がイ ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 ミニマリズム-生活

2021/6/9

2021年も速攻でがん検診を受けた&5月の健康診断の結果が出た!

健康のためなら死んでもいい43歳のA1理論です! 本日(日付的には2021年6月8日)、地元の高田馬場の病院でがん検診を受けました! また、がん検診から帰宅すると、先日の健康診断の残念な結果も来たのでご報告いたします!w 目次1 僕が40代になってからのがん検診と健康診断の歴史はこちら2 今年のがん検診は去年と同じく近所の高田馬場の病院で受診!3 自分でも自分のレントゲン写真をチェック!たぶん胃がんと肺がんは無し!4 がん検査では民間の『線虫がん検査』も気になってきた。5 先月の健康診断の結果がダメすぎた ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活

2021/6/12

【2021年6月最新/初心者用/画面で解説】楽天証券・つみたてNISA口座・楽天銀行申込方法&注意点!

2021年6月7日夕方ごろ楽天証券と楽天銀行に自宅のパソコンからWEB申し込みしたA1理論です! 目的はつみたてNISAで投資信託をして▼『楽天経済圏』で生きていって早めに人生を『ミニマムFIRE』するためです! 『楽天経済圏』で生きていく!「ミニマムFIRE」まで5~10年働けば到達できる時代に日本は突入!! 生まれて初めての証券口座の申し込みでしたが、事前にかなり情報収集していたおかげで問題なく終わらせることができました。 この記事ではこれから楽天証券や楽天銀行に申し込もうとしている方へ2021年6月 ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリズム論 人生 人生-考え方

2021/6/3

僕は『反出生主義者』だけど、「こんな世界」に生まれてきてしまった人をポジティブにするためにブログを書き続けたい!

最近、『反出生主義』という言葉を知って、自分自身がずっとこの考え方だということを再認識したA1理論です。 また先月、人生数回目の▼派遣切りに遭いまして、今はよりこの考え方に傾倒してしまっているので、今回の記事ではこの『反出生主義』について書いてみたいと思います。 コロナ禍で派遣切り!でもポジティブに新天地を目指します! 「生きること」自体に悩んでいる方の参考になれば幸いです! 目次1 反出生主義とは?2 この反出生主義が出てきたのは人間が賢くなり過ぎたゆえかと。3 A1理論が反出生主義の理由3.1 理由① ...

ReadMore

-バズってどうする!?, バズってどうする!?-心のためになる言葉

© 2021 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5