ミニマリズム ミニマリズム-生活 人生 人生-考え方

「半労働者・半ブロガー・時々バックパッカー」という「人生の『黄金率』」が僕には一番大事。

何度か同じようなこと書いたきもするけど、また書くw

 

▼この記事の続きにもなるかもしれないけど、、、

『働きたいのに働けない 若年無業のジレンマ』を見て、日本人は『社会』に真面目、『人生』に不真面目だと思った。 - A1理論はミニマリスト

 

日本人って、

100%労働者

な生き方が大好きな変態民族なんじゃないか?

と僕は思ってるw

 

100%労働者

じゃなかったら、それは、

100%失業者

であって、

「そんなのになるくらいなら死んでやる!」

とか思って、本当に死んでしまったりもするw

 

江戸時代の切腹、戦前の特攻隊の頃から、この国はな~んにも、変わってないのねって思う。

 

 

めっちゃ当たり前のこと言うけど、

死んだら終わりだw

 

あと、死なないまでも、病んだら人生楽しくない。

 

テキトーに生きて、好きなことやる人生が僕は一番、尊い人生だと思う。

行儀よく、真面目なんて、クソ喰らえ!!w

 

 

そう考えると、僕の人生は、

「いつも10%くらいは『旅』成分が必要だな~。」

って思った。

 

学生時代は夏休みはずっと、50~60日くらい、海外を旅してた。

それ以外は働いているか、本を読んでいるか、ネット上に駄文を書いているかw

(授業?なんですかそれは?w大学はネットしに行くところでしょ?w)

 

 

そう考えると、1年のうち、

10%はバックパッカー

45%は労働者

45%は、今でいうブロガー

だったように思える。

 

 

で、大学卒業後は仕事もせずに、1年4ヶ月かけてアジア大陸を横断した。

そして、当時、アジアの町に転々と出来始めたネットカフェからメルマガを配信し続けた。 

 

アジア横断 (旅行人ノート)

アジア横断 (旅行人ノート)

 

 

 

でも、

その後は日本に帰って来て、ガムシャラに働いた。

 

「親の借金」と「学費の借金」という『双子の赤字』の解消が僕の人生の至上命題だったから仕方なかったのもあるけど、帰国後は10年ほど、旅らしい旅はしなかった。

 

けど、その10年の間はmixi日記にビンボー日記を書き綴っていた。

 

やっぱり、その期間をトータルすると、

10%はバックパッカー

45%は労働者

45%は、今でいうブロガー

くらいの割合だったと思う。

 

 

で、そこから『はてなブログ』がはじまったこともあり、本格的なブロガーへ。

 

今年夏までは、

働きながら、ブログを書き、月に3日ほど、国内ゲストハウス旅を楽しんでいた。

 

この割合も、やっぱり、

10%はバックパッカー

45%は労働者

45%はブロガー

だったなぁ。

 

 

僕的には、この割合が一番、生き方にしっくりくる『黄金率』な気がする。

 

ずっと、働くのはもちろんイヤだし、

ずっと、ブログ書いてるほど、インドア人間でもない。

かと言って、ずっと、旅をし続けるのも「なんだかなぁ」って思う。

 

 

こういう、人類が、

「自分自身の人生の黄金律」

に則って生きれる時代が、もうそこまで来てるんじゃないかな?

 

 

先日の▼『たまTSUKI』のイベントで、、、

勤労感謝の日に『たまTSUKI』に働きたがらない大人達が大集合!本橋へいすけさんにもお会いしました! - A1理論はミニマリスト

 

髙坂さんが紹介していた▼この本。

ギグ・エコノミー 人生100年時代を幸せに暮らす最強の働き方

ギグ・エコノミー 人生100年時代を幸せに暮らす最強の働き方

 

 

さっき、立ち読みしてきたんだけれど、すごく面白かった!!

 

要約すると、

『ギグ』というミニマムな仕事を積み重ねて生きる生き方へ、アメリカ人の人生はシフトしつつあり、それが新しい『アメリカン・ドリーム』になりつつある

という本だ。

 

Amazonの内容紹介によると、

職(ジョブ)から働き(ワーク)へ
働き方・生き方革命が始まった!

 

・自分なりの成功をイメージする。
・仕事を分散させる。
・所有ではなくアクセスで経済的な負担を減らす。

 

終身雇用ではなく「ギグ(単発の仕事)」を基盤とした新しい働き方「ギグ・エコノミー」。

よりよい仕事を得る、休みを増やす、理想の人生に向けた資金繰りを行うという3つの軸をもとに、思い描いたとおりの成功を収め、充実感に満ちた人生を送るための10の法則を解説。

フリーランスも勤め人も必読。働き方の未来予想図

 

▼『ワーク・シフト』も、『ライフ・シフト』も、パラパラとは読んだものの、僕的にはなんとなく、「ふ~ん」って感じで、読み進められなかった。 

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

 
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

  • 作者: リンダ・グラットン,アンドリュー・スコット
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/10/21
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

おそらく、それは、僕が『優等生』じゃないからなんだろうな。

 

『優等生』の人生が、これから変わる!!

と言われても、

「あ、それ、俺にはカンケ―ないわ。」 

って思ってしまう。

 

 

でも、この『ギグ・エコノミー』って、僕の人生の黄金律にマッチした生き方ができる、夢のような話だ。

 

 

例えば、ブロガーは、よく▼『ブログ飯』を目指したがるが、、、 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

 

「ブログ1本の人生って、そんなにおもしろいか?」 

って思う。

 

カネの問題じゃない、

人生の『黄金律』の問題だ。 

 

 

『ブログ飯』を目指す人って、

結局、雇用形態はどうであれ、『勤め人(バイト・パートも含む)』が出来ない人なんじゃないかな?

って思う。

 

 

 

あと、僕は確かに▼『モバイルボヘミアン』には憧れるけど、、、 

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

 

 

ずーーーっと、旅してたら、僕は、

「働きたい~!」 

って思ってしまう気がするw

 

だって、一応、東京で労働者としてのキャリアは詰んできたし、そこそこの関連資格も取ったからねぇ。

 

 

実際、1年4ヶ月の旅から帰ってきた後、東京でのやりなれた労働が、もうめちゃくちゃ楽しかったw

 

なんか、

「俺は『生きてる!』」

って思えたw

 

 

そう言えば、最近、知り合ったIT系の自営業の人が、

「ITなんて『虚業』で、DIYをしていると『生きている実感』が沸く!」

と言っていたw

 

 

去年、『リビセンお助け隊』に来ていたおカネに困ってなさそうなニートの人は、

「汗水たらして働きたい」

とも言っていた。

 

 

そして、昔、エジプトの砂漠を車で走っていた時、車のタイヤが砂に埋まってしまったんだけども、いつもゲストハウスでだらだらしてる日本人バックパッカーたちが車から飛び出してきて、嬉々として砂をかき分けて働いていたw

(働きたいでござる!!絶対に働きたいでござる!!w)

 

 

おそらく、それはおカネとかじゃなくて、彼らの人生の、

『黄金率』の問題

だったんだろう。 

 

 

 

飢える確率が極めて低い、この時代。

 

大事なのは、

100%勤め人

100%ブログ飯

100%旅人

100%ニート

という、極端な生き方を目指すのではなく、

 

自分自身の『黄金率』に従順に生きること

なんじゃないかな? 

 

それが、結果的に100%を占める働き方のみになるのは別にいいと思う。

それがその人の『黄金率』なんだろう。

『バイト辞める学校』っていう本もあるし。

 

でも、100%だけでは息苦しい。

 

大事なのは、人生において、

100%勇気

じゃなくて、

100%を捨てる勇気

なんじゃないかな?

 

 

番組での蛭子さんのような、

「働かざる者食うべからず」

は半分正しいと僕は思うけど、

でも毎日、粗食なら、100%も働く必要はない。

 

  

 

▼『半農半X』とかでもぜんぜんいいのだ。

半農半Xという生き方【決定版】 (ちくま文庫)

半農半Xという生き方【決定版】 (ちくま文庫)

 

 

 

自分なりの『黄金率』に従って生きるほうが、ストレスなく、人間関係にも悩まされず、自然体で、穏やかに生きていける。

 

つまり、『よりよい人生』を生きていける気がする。

 

 

古今東西、流れる水の如く、「自然体」で生きていくことこそが『上善』な生き方なのだ。

白瀧酒造 上善如水 純米吟醸 瓶 720ml [新潟県]

白瀧酒造 上善如水 純米吟醸 瓶 720ml [新潟県]

 

 

 

なので、僕はこれからも『黄金率』を守り続ける、

『黄金の精神』

を持ちながら、限られた残りの人生を、

『ゴールド・エクスペリエンス』

で埋めていきたいと思いますw

 

 

1度きりの人生、『黄金』を生きない「時間」なんて、無駄無駄無駄無駄無駄ァァァァァァ!!!w 

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリズム論

2022/1/23

ミニマリスト気質な中田敦彦さんとマキシマリスト気質な宮迫博之さんの『牛宮城』問題について僕なりに考えた。

上記画像は 宮迫ですッ!【宮迫博之】チャンネル 【Part④】最終決戦!黒幕登場【WinWinWiiin 宮迫博之編】より 今、YouTube界隈で話題になりまくってるお店があります!宮迫博之さんが2022年3月1日に渋谷の繁華街にオープンさせる焼肉屋さん『牛宮城』問題!もうこれどうなっちゃうのか「ハラハラなエンターテイメント」化しちゃってますね。 そして年末年始にその本質に切り込んだ中田敦彦さんと宮迫博之さんとの一連の動画というか騒動が「ミニマリストとマキシマリストのマインドの対比」という文脈で見ると中 ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活 人生 人生-考え方

2022/1/22

あおぞら銀行BANK支店の預金残高が人生の残りHP(ヒットポイント)!

人生は「1に健康、2におカネ!」がモットーのA1理論です!ここ数ヶ月は失業保険+コロナ特例を利用して仕事を一旦お休みして、「健康」と「おカネ」についていろいろ見直してきました。 「健康」に関しては詳しくはこのブログの他の記事に譲るとして、「おカネ」に関しては今回の記事では、 「『あおぞら銀行BANK支店』に『生活防衛資金』を入れると人生がだいぶ楽になるんじゃないか?」 ということをお伝えしたいと思います!(なお『あおぞら銀行BANK支店』の名称は、最近は『支店』が取れて『あおぞら銀行BANK』と呼ぶらしい ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリスト本 ミニマリズム-生活

2022/1/19

『内臓脂肪ミニマムクエスト』のオプションクエストとして『頭髪マキシマムクエスト』が超オススメ!

昨年、21kgやせて別人になったA1理論です! そのダイエット経験から「男の『内臓脂肪ミニマムクエスト』」として去年の年末に▼この記事にまとめました! 男の『内蔵脂肪ミニマムクエスト』〜男がやせるまでのシンプルな10ステップ〜 上記記事の最後に『内臓脂肪ミニマムクエスト』クリア後のオプションクエストとしていくつかのクエストを書いていますが、実は現在『頭髪マキシマムクエスト』に挑戦中です! 今回はそんな『内臓脂肪ミニマムクエスト』後の『頭髪マキシマムクエスト』がなぜオススメなのかと、僕なりのクエストステップ ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2022/1/15

年始の高田馬場周辺旅!『甘露』『水稲荷神社』『こだわり商店』『橙子猫』『タビビトの木』ダイジェスト版!

2022年の年始を高田馬場で静かに過ごしたA1理論です! 4年間通い、18年ほど住んでいるいつもの街ですがまだまだ知らないところも多く、でも1人ではなんとなく行きづらいカフェなどが多い高田馬場エリアですが、この年始の1月8日にブログ仲間のもーいさんといっしょにいろいろ巡ってきました!(近所に住んでいる学生寮時代からの同室のエスタークはカフェ等には興味なしw) 日記的な記事ですが、高田馬場・早稲田エリアのカフェ選びなどの参考になれば幸いです! 目次1 2022年の年始に人生について考えたこと。2 高田馬場駅 ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事 旅-東京ぶらり旅

2022/1/13

年末の高田馬場周辺旅!『鎧神社』『松本湯』『馬場FLAT』『ミラノ食堂』ダイジェスト版!

年末年始はどこにも行かず、帰省もリモートで、ひたすら高田馬場周辺をうろうろ散歩したA1理論です! 散歩と言っても僕の場合はスマホでGoogleドキュメントでブログを書きながら歩くという特殊なモノですが、そんな日々の中でずっと行きたかった近所の場所にも行けたので記事にまとめました。正直「記事にしなくてもいいかなー。」とも思ったのですが、まぁA1理論はこんな感じで高田馬場周辺で暮らしてますよってことで!高田馬場周辺の穴場スポットを知りたい方などにお役に立てれば幸いです! 目次1 平将門伝説を語り継ぐ北新宿の『 ...

ReadMore

-ミニマリズム, ミニマリズム-生活, 人生, 人生-考え方

© 2022 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5