IT系資格 IT系資格-モバイル資格

IEEE資格『WCET』の講習会までは「84問ノック」と、教科書『WEBOK』の「表層読み」を何度も繰り返せばいいんじゃないかと思った件。

先ほど、先日の説明会でMCPCから頂いた75問の問題と、説明会の時に頂いたHANDBOOKの【AppendixC】にある9問の合計「84問ノック」を終わらせました。そしてそのあと再度『WEBOK』を「表層読み」しました。

f:id:A1riron:20150226181511j:plain

「84問ノック」終わらせた感想は、

●計算問題ほとんどわからんw(途中から計算問題は丸飛ばし)
●MCPC『モバイルシステム技術検定1級』レベルの問題もある
●ドットコムマスター★★やCCNAと被っている問題は即答
●75問の解説を読むと、試験本番では同じ問題ではなく『類似問題』がよく出そうなので、やはり類似問題を200問ほど自作するべき
●でも問題作成は春の情報処理試験終了後でいいかなー。(春受験の場合)
●問題文が英語になっただけで急に難しく感じる(75問は問題文は日本語で選択肢は英語)

という感じです。

これらの対策としては、

■計算問題対策を講習会で徹底ヒアリング!!→それに基づき自分なりの対策を練る
■計算問題以外は講習会でさらに225問の模擬問題(MCPC150問&ComSoc75問)をもらえるので、それらもあわせて完全に暗記する(『千本ノック』の徹底)
■自作問題は模擬問題の補強のような感じで模擬問題周辺部分を元ネタに200問ほど作成
■自作問題は英語で作成

というところでしょうか。

A Guide to the Wireless Engineering Body of Knowledge (WEBOK)

A Guide to the Wireless Engineering Body of Knowledge (WEBOK)

 

『WEBOK』の読み方に関しては少なくとも講習会までは「表層読み」でいいと判断しました。
大事なのは「本読み」ではなく、「84問ノック」→「表層読み」→「84問ノック」→「表層読み」を時間の許す限り繰り返すことだと思いました。

理由はやはり他の資格試験と同様、教科書は「紀伝体」で書かれている為、大事なところと大事でないところにムラがあり、しかも大事なところでも説明が冗長だったりするからです。
そしてWCETに限って言えば、『WEBOK』の【AppendixC】のC.3にも、
「WEBOKはWCETのstudy guideではない!」(超意訳w)
と明記されてあります。

受験するほうも『WEBOK』は『WEBOK』、『WCET』は『WCET』と独立したsomethingとして考えるべきでしょう。

そうなると『WEBOK』は教科書というより辞書、もっと言えば『自作問題を作成するための素材集』と考えるべきでしょう。

もしかしたらWEBOKの「本読み」自体必要ないかもしれません。僕は今までの日本の試験も教科書は基本的に「表層読み」ばっかりですからね。
英語試験であっても資格試験はすべて教科書は「表層読み」でいいのかもしれません。が、それは講習会で先人の知恵を頂こうかなと。

そう考えると全体的なWCET対策で大事なのはWEBOKの「本読み」よりもやはり、
「想定問題の『千本ノック』」
「自作問題の『千本ノック』」
「計算問題の対策策定と『千本ノック』」
かなと今時点では考えています。

しかし、上記3つのうち、自作問題と計算問題対策は講習会で先人の知恵を頂いてから対策を練って方針を策定したほうが効率的だと思います。

そうなると、講習会までにやるべきことは今時点で手元にある想定問題の「84問ノック」→「表層読み」の繰り返しで、なんとなーく、WCETの「ノリ」を感じることかなと思います。で、その際に疑問点があれば講習会で聞く。

あと、講習会で聞くべきなのはfundamentals購入すべきかどうか。

Fundamentals of Wireless Communication Engineering Technologies (Information and Communication Technology Series,)

Fundamentals of Wireless Communication Engineering Technologies (Information and Communication Technology Series,)

 

WEBOKに加えてfundamentalsも読まないといけないとなると時間もお金もきついかな、、、と今は思っています。メンタル弱いので。。。

本日はあと1、2周「84問ノック」と「表層読み」を繰り返して早く寝ようと思います。
できれば明日の講習会の朝も「84問ノック」したいと思っています!!

  

a1riron.com

 

a1riron.com

 

a1riron.com

 

ブログ運営 ブログ運営-コスパのいいブログ運営研究 ミニマリズム

2022/8/17

ブロガーがLINE公式アカウントの補助としてメルマガスタンド『まぐまぐ』で無料メルマガを申請してみた!

(2003年発売のメルマガ本。情報は古いけど大事なことはなにも変わっなかったです!) 2001年からメールマガジン(メーリングリスト)を発行していたA1理論です! 先日、LINE公式アカウントを作成したのですが、いろいろ情報収集していたら「LINE公式アカウントの補助として無料メルマガを発行したほうがいいんじゃないか?」と考え、いろいろ調べた結果、老舗のメルマガスタンド『まぐまぐ』で無料メルマガの申請をしてみました! というわけで、先ほどメルマガ申請のためにサンプル号の文章を書いてみましたが、いやー「メル ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活

2022/8/16

『保険料減免のお知らせ』が家に届いたので電話して申請書を取り寄せたけど結局、適用外だった話!

万年ビンボー人のA1理論です! タイトルどおりですが、8月のある日、役所から上記写真のような「保険料減免のおしらせ」という封筒が届き、申請書類を取り寄せたのですが結局、適用外だったという話です。僕が申請書類を取り寄せる時点でちゃんと案内書類を確認しておかなかったのも悪かったのですが、そもそも適用外の人に書類を送ってくるシステムは微妙だと思いました。なんのためのマイナンバー制度なのか。。。 というわけで今回は記事にしようかどうか迷いましたが、どこかの誰かの役に立つかもと思ったので短い記事にしてみました! 目 ...

ReadMore

ブログ運営 ブログ運営-コスパのいいブログ運営研究 ミニマリズム

2022/8/17

ブロガーが『LINE公式アカウント』(旧LINE@)を作ってみたので注意点をまとめてみました!

ブロガーですが、先ほどLINE公式アカウント(旧LINE@)を作ってみたA1理論です! 最近、マネタイズ系のブロガーと話していて「『LINE公式アカウント』を作ったほうがいいんじゃないかな?」という話題になり、僕もまえから少し気になっていたので先ほど作成してみました!作成時間自体は数分ですが、その後の設定とかを含めると1〜2時間ほど見ておいたほうがいいです。料金は無料で作成デメリットは特にありません。ブロガーの方はもし迷うなら作成したほうがいいと思いました! ブロガーがLINE公式アカウントを作成している ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活

2022/8/6

楽天ポイントが自動でどんどん貯まっていく!『楽天経済圏2年生』の僕が実感した誰もが楽天カードを作るべき12の理由!

2021年5月に▼『楽天経済圏』で生きていくことを決意し、その後すぐに楽天カードを2枚発行してこの夏で無事『楽天経済圏2年生』になったA1理論です! 今回のこの記事では1年以上『楽天経済圏』にどっぷりとハマった僕が、楽天Payや楽天キャッシュなども含めた『楽天経済圏』という視点から誰もが楽天カードを発行するメリットを書いてみました!これから楽天カードを作ろうか迷っている方、『楽天経済圏』に入ろうか悩んでいる方、各種ポイントがいろんな経済圏にバラバラに分散している方などの参考になれば幸いです! 目次1 1. ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-生活

2022/8/15

今後の楽天経済圏のメインは『楽天キャッシュ』になるのでは?楽天証券で残高キープチャージして楽天Payでも使ってみた!

昨年夏から『楽天経済圏』に突入したA1理論です! そして1年間ほど、存在自体がよくわからなかった『楽天キャッシュ』でしたが、この夏(2022年夏)に楽天証券の投信積立が楽天キャッシュでできるようになったので設定し、かつ楽天Payでもメインは楽天キャッシュで払うように習慣を変えました!(今までは楽天Payのメインは楽天カード引き落とし) この記事が、楽天キャッシュについて知りたい方、楽天証券の投信積立を楽天キャッシュに変えようか悩んでいる方、楽天Payで楽天キャッシュ払いにしようか悩んでいる方の参考になれば ...

ReadMore

-IT系資格, IT系資格-モバイル資格

© 2022 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5