ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリズム論 人生 人生-考え方

他人の『やりたいことをやる時間』を奪うのは、カネを盗むよりも悪い行為だ。

うーーーーむ、、、

 

昨日の夜、▼こういうつぶやきをしてから寝て、、、

 

▼この本の書評記事を書いてたんだけど、、、 

まちのゲストハウス考

まちのゲストハウス考

  • 作者: 真野洋介,片岡八重子,明石健治,豊田雅子,飯室織絵,加納亮介,蛇谷りえ,井筒もめ,森岡咲子,武田昌大,田中惇敏,西村祐子,Yone(米村知倫)
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

書評記事は時間がかかるんですよねぇ。

特に僕の書評記事はボリュームもあるし、考えながら書くし、今回は書く本自体もボリューミー。。。

 

というわけで、

「でも、なにか、更新したいな。」

と思ったので、昨日の僕のtwitterからミニマムな記事を書いてみようと思いました。

 

というわけで、、、

 

僕の人生観からしてみれば、

時間>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>おカネ

です。

 

理由はシンプルで、

おカネは稼げば戻ってくるけど、時間は戻ってこないから。

しかも、人生、80年くらいしかないし、途中で強制終了もぜんぜんありえる。

 

なので、僕にとっては、

「やりたくないことをやっている時間」

は全く無駄だ。

 

「学校の授業」

と、

「学校で友達と話したこと」

がそのいい例だ。

 

「学校の授業」の内容なんて、僕は小中高大通して、ほとんど記憶にないw

あんなに時間かけたのにwww

 

けど「学校で友達と話したこと」は、今でも鮮明に覚えている。

なんなら、その時の場所、季節、天気、友達の表情、まで鮮明に覚えている。

 

島田紳助の言葉で言うと『心で記憶』しているからだろう。

 

たぶん、『心で記憶』すると、ROMとして、何度も再生が可能なんだろう。

けど、いやいや、頭で記憶すると、RAMとして、さらに優先される事象に書き換えられるんじゃないかな?

理由はおそらく、人間の脳内の記憶を司る『海馬』がミニマムだから。

 

なので、『やりたくないこと』を覚えたところで、RAM記憶なんだから、すぐに、さらなる優先事項に書き換えられてしまう。

 

つまり、ミニマムに言うと、

無駄

なのだ。

無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!! 

 

そんなことより、短い人生、

「やりたいこと」 

だけをさせろ! 

 

人間が「やりたいこと」に向かって突き進むパワーこそが最強なのだ!

POWER OF DREAMS

POWER OF DREAMS

 

 

僕から言わせれば、学校の授業なんて、オール無駄だし、自分が生まれた地域なんて、自分が好きで選んで移住した地域でもなんでもないんだから、そんな地域の人間と関わってもほとんど意味がないと僕は思う。

 

そんなことより、

「旅をさせろよ!!」

って思う。

 

人生短いのに、この地球はやたら広いし、やたら人がいるんだからww

 

その、多くの人から、

「自分と親和性の高い人」 

たちとさえ、出会えれば、そのほかのすべてのことはどーーでもいいのだ!(A1理論!) 

 

上記のゲストハウス本にも、

「人」は最強のコンテンツ

という言葉が出てくる。 

 

これは、

旅にしても、ゲストハウス経営にしても、ブログにしても、オフ会にしても、人生にしても、ありとあらゆることに言えるんじゃないかな?

 

 

この時代、なんでもググったら出てくる。

先日のYADOKARIイベントで出た事例で、とある小屋を作った女性は、

「すべてグーグルとYOUTUBEに教わった。」 

と言っていたらしい。

そうなると、『技術家庭』の授業も要らないわけだ。

facebookとかで知ったワークショップとかに行けば『それをやりたい人』ばっかりが集まってるわけだしねぇ。 

 

なので、僕から言わせれば

『やりたいことだけをやる』人生だけが至高の人生

だ。 

個人的には、10代でアメリカの大学とか編入して、その後は、ずっと旅してたいw 

 

 

 結局、今の日本の教育は、

「自分のやりたいことをする教育」

ではなくて、

「『テトリスの対戦方式』のように他者比較の教育」

なんだろうな。

 

そうやって、どれだけカネを稼いだとしても、『足るを知る』ことができないと、いつまでたっても人間は満足しないんだ。

 

逆に『足るを知』ってしまえば、おカネなんてミニマムでいい。

 

 

大人になってからの『仕事』も、

「本当に好きなことだけしてれば、最低限、死なない。」

というような時代にならんものかな。

 

と、言ってても、仕方ないので、自分でそういう状態に持って行かないといけないな。

 

「働きたくないでござる」の画像検索結果

 

 

というわけで、そのために、今からまた仮眠して、食い扶持を稼ぐだけの仕事に向かうでござる!!w

ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事

2022/5/24

1人暮らしの炊飯器を最新のミニマムタイプにしたら人生が変わった!AONCIA S-RC012-Wレビュー!

東京に出てきて早24年、現在は基本的に自炊生活の1人暮らし男子のA1理論です! この度、2008年より使っていた古い炊飯器の一部が無くなってご飯が炊けなくなったので、楽天市場で『AONCIA S-RC012-W』という炊飯器を購入し、2週間ほど使用してみたので、この『AONCIA S-RC012-W』の良かった点とイマイチな点をありのままに書いてみました! 1人暮らしの炊飯器購入で悩んでいる方、『AONCIA S-RC012-W』を購入しようか悩んでいる方、今より美味しいお米が食べたい方などの参考になれば ...

ReadMore

ミニマリズム 旅-東京ぶらり旅

2022/5/23

5月の新宿アート散歩『シダネルとマルタン展』『スパイスハット』『KEN NAKAHASHI』『篠田桃紅展』ダイジェスト版!

最近、アート付いているA1理論です!今回は(今回も?)ブログ仲間の▼もーいさんとアート巡りをしてきました! アーモンドの花を探しに 場所は新宿周辺!新宿区民の僕は「自分の庭」と思いきや、知らない場所ばかりでびっくりでした!いやはや新宿は広い!!また今年は5月でも少し早い梅雨のような天気が続いていましたが、さすが新宿だけあって地下移動を駆使して雨に濡れる可能性をミニマムにしました! この記事が新宿周辺のアート巡りをしたい方、雨の日でも東京でお出かけを楽しみたい方、新宿の今まで知らなかった側面を知りたい方など ...

ReadMore

ブログ運営 ブログ運営-コスパのいいブログ運営研究 ミニマリズム

2022/5/20

スマホアプリ『アイビスペイントX』でイラストの描き方をマスター!でも結局、昔の写真のアイコンに戻した理由!

(この画像は僕が『アイビスペイントX』で描いた絵をフォロワーの「ふじ」さんに修正いただいたものです!ふじさん、どうもありがとうございます!) 子供の頃から絵を描くのが大好きだったA1理論です! 今回はタイトル通りですが、自分でスマホアプリ『アイビスペイントX』でブログやtwitterで使用するアイコン(自分を表すプロフィール画像)を作ってみようと思いたち、無事に作成が成功したものの、結局、そもそもイラストアイコン自体を使わずに以前、数年間使っていた写真アイコンに戻した話の経緯を書きたいと思います。 ブログ ...

ReadMore

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリスト本 ミニマリズム-生活

2022/5/15

40代からの胃がん対策!X線のバリウム検査をやめて胃カメラへ!鎮静剤利用の内視鏡検査がオススメ!

(僕の今回の胃の内視鏡検査の結果、医療系ブロガーのにゃんすに見せると「この結果だと胃が荒れてるので毎年、内視鏡検査したほうがいい」とのこと) 父親も母親も胃がんになった胃がん家系で、非常に胃がんが怖い44歳男子のA1理論です! 今回は人生初の胃の内視鏡検査(胃カメラ)にチャレンジしたのでそれに至った経緯と感想を書いてみます!胃がんになるのが怖い方、内視鏡検査について知りたい方、内視鏡検査時の鎮静剤について知りたい方などの参考になれば幸いです! また今回の記事は医療系ブロガーのもーいさんとにゃんすに大変お世 ...

ReadMore

ミニマリズム 旅-東京ぶらり旅

2022/5/1

GW初日の雨の東京旅!『根津美術館』『早矢仕ライス』『移住・交流情報ガーデン』『アロマ 珈琲』ダイジェスト版!

昔から東京の散歩旅が大好きで、ここ数年はミニマリスト女子の影響か、アートにも目覚めているA1理論です! 今回は3年ぶりの『緊急事態宣言』のないゴールデンウィーク!その初日の4月29日にブログ仲間のもーいさんと午前中は根津美術館に行き、午後は突発的に日本橋をブラブラしました!あいにくの雨模様でしたが、おでかけ大好きなもーいさんのおかげで雨でも楽しめました!この記事ではその記録を書いてみます! 根津美術館について知りたい方、日本橋周辺のお散歩スポットを知りたい方、雨の東京でも楽しめる場所を知りたい方の参考にな ...

ReadMore

-ミニマリズム, ミニマリズム-ミニマリズム論, 人生, 人生-考え方

© 2022 A1理論はミニマリスト Powered by AFFINGER5